【大神博之 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

大神博之

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年05月20日 10時54分15秒

このページをはてなブックマークに追加

大神博之(おおがみ ひろゆき)

[キャラクター]

[パワポケ4][パワポケ5][パワポケ7][パワポケ8][パワポケ11][パワポケ12][パワポケ13]

 大神博之とは

表サクセス

パワポケ4に登場する,日の出高校の1年後輩で,主人公が3年生の時に日の出高校に転校してくる。オオガミの会長である大神美智男の息子で,家は大金持ち。だが,父親とはめったに会う事はなく,仲も非常に微妙。母親は離婚しており,既に再婚して別の家族と暮らしているようだ。日の出島に来たのもオオガミのリゾート開発事業の一環で来た。長髪で額にほくろがあり,目つきは鋭く,人を寄せ付けない威圧感を持つ。先輩であっても敬語を使わず,厳しい言葉を浴びせる。自分の事を「ぼく」と言うが,山田平吉には「その外見で『ぼく』はないでやんす!『我』とか『拙者』がいいでやんす!」と言われる。ちなみに,両親の事もパパやママと呼ぶ。

元々は超高校級の選手として,テレビに出るほど有名で実力のある選手だったが,ある事件をきっかけに野球を辞めてしまっていた。しかし,日の出高校に来てからは野球部の練習をこっそり見ており,彼らのレベルの低いプレーを見ては歯がゆい思いをしていた。それを見ていた主人公は彼を野球部に誘うが,「甲子園」という言葉を聞くなり激昂。彼の投げるボールのすさまじさを見せつけ,「お前らのレベルで甲子園なんて単語,二度と口にするんじゃないぞ!」と去って行った。詳しく話を聞いてみると,元々彼は日の出高校の前の学校では,彼さえいれば甲子園に行けると過剰な期待をかけられていた。しかし,実は彼は重度のチョコレートアレルギーであり,チョコレートのにおいだけでもダメな体質だった。その事がある日露見し,チョコの粉をまかれる事件があり,アレルギーの症状が出て試合に出る事ができなくなってしまった。その日からチームメイトの態度が変わってしまい,人間不信になってしまった。もし試合で相手チームに悪い奴がいたら…いや相手チームにいなくても,いたずらでそういう事をする奴が球場に来たら…。それで彼は野球を辞める決心をしていたのだった。主人公は,「もし,そういう事が起こっても,ウチのチームにとって君はそもそも予定外だから,休んでいいよ。君は自分が戦力として期待されてるからそういう事がまた起こるのを恐れているんだろう?それに,世の中にそういうイタズラをする奴は多くないと思うよ。そういう奴のせいで,好きな野球を諦めるなんて,ばかばかしいよ!」と彼を説得。彼は日の出高校野球部に入部する事になる。主人公がピッチャーの時は野手に,主人公が野手の時はピッチャーとして超高校級の能力を発揮する。150km/hのストレートに,スライダーフォークHシンカーを投げ,威圧感打球反応○パワーヒッターアベレージヒッター送球○守備職人まで持っている。

入部すると,彼は大神美智男に頼み,野球部の設備を改善。まず用意したのが,打撃練習用のネット,プロ用のバッティングマシーンをメーカー違いで3台,練習用の各種グローブ,グラウンド整備用のトラクターとその運転手,トレーニングコーチを2人と打撃投手を4人。しかし,これでも大神美智男にとってはゴミのような額らしい。とにかく,野球に関する費用は全額オオガミに負担してもらえるようになり,日の出高校のお金の心配は全くなくなった。設備が充実し,レベルの高い選手とレベルの高い練習ができるようになった事で日の出高校野球部はにわかに活性化した。彼が来るまで日の出島一番の金持ちだった島岡武雄は快く思っていなかったが,殴り合いのケンカをした後に和解。2人ともパワーアップする。人間不信だった彼も日の出高校チームメイトには心を許すようになり,「ぼくはこのチームで甲子園に行きたい。心から,そう思うよ。」とまで言うようになる。

主人公たちが卒業した後は,廃部になると思われた野球部を存続させ,プロを目指す学生たちが日の出島にやってくるようになった。日の出高校を卒業後も日の出高校で監督をやると言い出しており,大神美智男を慌てさせている。

パワポケ5では,主人公の後輩として再登場。主人公が入れ替わって2年目に大神モグラーズにドラフト1位で入団してくる。パワポケ4時代からそうだったように,選手としての実力はズバ抜けているにも関わらずどことも競合せず単独ドラフト1位だったのは,元々大神美智男が「息子を最高の環境で野球をさせたい」という思いでモグラーズを買ったらしいというウワサだったため,大神美智男の意向に逆らって大神博之を指名する度胸のある球団がなかったためと考えられる。

入団してからのマスコミ対応に対し

マスコミに野球に関係ない事ばかりインタビューされてちょっと嫌になっているんだろ?

プロに入って不安なところにそういう雑音ばかり入ってきたらやめてくれ!って気にもなるよな。

うん,俺もそうだったよ。アレは単にネタがないからだよ。試合に出たら,活躍しようとしまいと野球の話になるって。

スランプに対して

スランプと言えるほどまだ試合に出てないじゃないか。

高校野球とはバットもボールも環境も違うんだ。最初から調子いい訳ないだろ。

それにお前は注目選手だから相手チームに研究されてるしな。

もっとも,俺の場合はその事に気が付いてからいっそう闘志が燃えてきたけどな。

など,プロ生活にいろいろ悩む大神主人公が自身の経験からアドバイスを送る。もっとも,他人から見ればクビ寸前の万年2軍に過ぎない選手が何を言っているんだという感じで,凡田たちからも「妄想が酷い」とまで言われるが,大神主人公に対して経験者のような不思議なものを感じ,真摯にアドバイスを受け取るのだった。

裏サクセス

パワポケ4 RPG風ファンタジー編では,騎士オオガミとして登場。修行の一環として町中でも重武装しており,武士のような言葉遣いをしている。1人で修行の旅をしており,強者を求めてキャッスル城まで来たがどこにも強そうな者がおらず困っている。仲間に誘う事ができるが,仲間にしなかった場合は140日目に勇者として名高い主人公のウワサを聞きつけ,勝負を挑んでくる。選択肢によってはファイトマネーとしてパーツやお金を要求する事もできる。勝負は1対1であり,戦闘前に秘剣誘爆斬で主人公爆弾をすべて破壊し,持っている爆弾と同じ数だけパーツも破壊されてしまう。仲間としては,攻撃力が高く,痛い一撃致命的な一撃をよく放つ頼もしい騎士。ちなみに,暗黒の城で彼を魔王に献上する事もできる。その場合は,「暗黒の城は高名な剣士も何人かおり,騎士殿が技を磨くには最適の職場」と魔王に誘われる。魔王に彼を献上すると,走塁○尻上がりパーツが手に入る。エンディングでは,強さだけを求め,さらに修行を続ける。

パワポケ5忍者戦国編では,忍者大神として登場。ギヤマンの壺入手の任務を受けて動いている。百番村石田ギヤマンの壺の売買でもめており,大神ギヤマンの壺を売らせるか、自身が壷を買って貸してやると、後のイベントで仲間にする事ができる(貸した壺も「これをエサに任務を遂げる事ができた」と言って返してくれる)。手裏剣で攻撃する。おみつが好きで,小角たかゆき彼女を巡ってよくもめている。

 実力もプライドも高い選手

パワポケ4では3年目に日の出高校に転校してくる。主人公が野手の時は投手として、主人公が投手の時は野手として活躍した。実力はかなりのもので彼のおかげで夏の大会は1回戦勝利後、決勝戦まで勝ち進んだ。しかし実力が高いせいか、プライドも高く、島岡武雄と喧嘩になる事もしばしばで、部員からも評判はよくないが、彼にはいい面もあり、島岡と仲直りする事もある。彼の家は金持ちで、大神グループとしてその名を世界に轟かせている。彼には暗い過去があり、前の高校で試合中にチョコの粉を撒かれて、彼の持病であるチョコアレルギーが発生して、チームメイトから冷たい目で見られるという事があった。父親大神美智男とは仲が悪く、喧嘩する事が多かった。パワポケ5では彼の大神グループドリルモグラーズを買い取り、大神モグラーズに改名され2年目にドラフト1位で大神モグラーズに入団した。


posted by ギャランシー

 パワポケ界屈指のプレイヤー

パワポケ4に初登場。プライドが高く、先輩でも平気でタメ口をきくなど態度がでかいが、実力はハンパじゃなく強くて、最高で球速151 スタミナ175 コントロール220 スライダー4 Sスライダー2 フォーク6 Hシンカー4まで伸びるほどメチャクチャ強い選手。しかしチョコアレルギーのせいで苦い経験をした事も。パワポケ5では異常なまでは能力は伸びなくなったが、それでもかなりの強さ。パワポケ8で三度チームメイトに。新人王を獲得して文句なしの成績で周りを納得させている球界のエースまで成長したが、文句が無さすぎてマスコミに根も葉もないスキャンダルを書かれることも少なくないのでマスコミとは非常に仲が悪い。父親大神美智男に後継者になれと言われて迷惑している一面もある。オマケ編でもかなり頼りになる存在。ちなみにパワポケ4で最高まで能力をあげると野球マスクレベルまで強くなりますが彼はあくまでも人間です(笑)

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他