ジョイナスは権藤を解任+岩瀬に引退勧告すべき


巨人さん日本シリーズ出場決定おめでとうございます。ドラゴンズも巨人と10.5ゲーム差もつけられたにもかかわらず,最終戦までもつれてのクライマックスシリーズ,最後まで野球を楽しませていただいてありがとうございました。

…なんて書く訳ねえだろうが!!もうホント昨日今日の負け方に怒り狂ってかなり荒れていました。

大抵怒りや不満がないとなかなか野球の事を書く時間がなく,去年までのクソ采配に比べればはるかに快適でストレスフリーな1年だったのでなかなか書く機会がありませんでした。細かいところではいろいろあるんですけどね。しかしこのクライマックスシリーズ最後の2試合のふがいなさに怒りが爆発したので今年のドラゴンズのクライマックスシリーズとシーズンの総括について,2回に分けて書こうと思います。今日はクライマックスシリーズの話です。ほとんどは最近のtwitterの怒りのtweetをまとめた感じになると思いますけどね。

吉見,中田賢,ソトと先発を3人もケガで失ったにもかかわらず,最初3連勝したのはよかったんです。これだけ満身創痍でたいしたもんだ,すばらしいの一言に尽きる,と思っていました。4試合目の最初の1敗目もまあよしとしましょう。この試合はやるべき事はやって負けたので,しょうがないです。

しかし5試合目。ブランコのホームランで同点に追いついたものの,その後拮抗し,9回表終了時で2-2の同点。9回の攻撃でピッチャーに代打を出したので,この回からまた新しいピッチャーを送ります。それまでに5人のピッチャーをつぎ込んだものの,前日登板機会がなく,休養バッチリの浅尾,山井を残している中日ブルペン。この時点で中日が勝つためには延長戦に入る事が確実で,9回にピッチャーの打順が回ってきたばかりなので,もし中日が点を取れなければある程度ロングリリーフが予想された訳です。したがって,延長戦のセオリーとして,強いピッチャー,信頼性の高いピッチャーからつぎ込んでいくのが当たり前なんです。にもかかわらず,9回裏の登板はなんと岩瀬。あの時ブルペンに残っていたのは浅尾,山井,ソーサ,岩瀬の4人だったと思いますが,信頼度で言えば私見ですが,浅尾と山井の信頼度は同程度で,次にソーサ,他の3人と比べて格段に劣る岩瀬ですよ。浅尾≧山井>ソーサ>>>>>(超えられない壁)>>>>>岩瀬みたいなイメージです。これはもう間違いない。いやそうじゃないという人は間違いなく10年くらい野球を観てないんでしょう。もしかしたら人によっては浅尾,山井,ソーサあたりの順位の入れ替えがあるかもしれませんが,岩瀬が最下位なのは間違いなく共通認識だと思います。

いくら9回の巨人の攻撃が左のボウカーから始まるとは言え,右の代打を残している巨人は当然代打を使ってきますから,右左にこだわる意味は全くない。右でも左でも強いピッチャーから使うべきです。当然巨人はボウカーに代打で矢野を出してきました。そして岩瀬の初球を難なくヒット。そしてあれよあれよとあっという間に満塁ですよ。満塁になって巨人の代打の切り札・石井というところで,ようやく山井を登板させ,石井の当たりは完全に討ち取った打球であったものの,野手の間にポトリと落ちてサヨナラとなりました。

これには本当に頭に来ました。なぜ先頭から浅尾じゃないのか?浅尾と山井を温存してどうするのか?この試合を含めても多くてあと2試合しかないのに?そしてこの試合に負ければ数字上は五分ですが相手の勢いも考えるとCS敗退に等しい負けですよ。

今季のドラゴンズの投手起用は権藤投手コーチに一任されていますが,高木監督も全く私と同意見だったようで,怒りを爆発させ2人の老人が大喧嘩する様子もTVに写りました。もう何年も前から何度も書いていますが,今の岩瀬に往年の力は全くありません。これまでのドラゴンズでの功労者である事は間違いありませんが,今の岩瀬に抑えなんてとても任せられないし,少なくとも3点差はないと怖くて登板させられません。この試合も下位打線ですらマトモに抑えられないんですから,中継ぎ陣豊富な今のドラゴンズでは使いどころのない,前から私も何度も日記で早く数々の実績に傷がつかないうちに引導を渡せと言っている過去の名選手です。

岩瀬が出てきた瞬間,ファンはもちろん,チームも「なんで?」ってなったのは間違いないし,それでやっぱり負けるんだからチームの士気がガタ落ちするだけでなく,わざわざ東京まで応援しに行ってるファンもバカにした継投ではないでしょうか。ニュースや今日の中継でも何度も山井が打たれる場面ばかりが放送され,誰がこの場面を作り出し,誰がこの場面で山井を出したのかは全く出ない。この場面しか見ていない人に山井に対しての誤ったイメージがついてしまうし,山井のモチベーションも下がってしまい本当に気の毒です。

やれることはやるけど勝つか負けるかは試合だから。9回は岩瀬でいくつもりだった」などと権藤コーチはのたまわれましたが,これで納得できるドラゴンズファンはいるのでしょうか。どこがやれる事はやったのか?9回は岩瀬で行くつもりだったってこのじいさんは10年前の感覚なのか?この権藤コーチはシーズン中から落合のような岩瀬偏重主義が見られ,落合時代に幾度となく見せられた「岩瀬登板→勝ち越されて負けor追いつかれて負けに等しい引き分け」というのをこの短期決戦でまで見せ付けられました。

そして,今日の最終戦。もう勝っても負けても今日が最後ですから,当然総力戦です。2回,先発の伊藤準規はコントロールが定まらず,高橋,村田,古城と3連打されて満塁。甘くなったストレートばかりを連打された事からも,中3日でコントロールだけでなく球威もない事は一目瞭然。案の定,寺内のような下位の打者にも痛打され,4連打。2-0。当然ここで準規を交代させるのかと思いきや,ベンチは何も動かない。次の打者はピッチャーのホールトンだったので,ホールトンだけ抑えて交代させるのかと思いきや,ホールトン送りバントで次の打者長野でも全くベンチが動かない。あの権藤のジジイは何を考えているのか?今日が最終日だと分かっているのか?ボケが始まっているのか?立ってるだけなら今すぐ辞めろ!!と,私も中継見ながら怒り爆発でしたよ。結果は,長野の試合を決定付ける3点目のタイムリー。バントを挟んで5連打。

どんな選手にも好不調があるのは仕方ありません。岩瀬のように明らかに衰えて毎回同じ結果を出す選手はともかく,今日はこの選手の調子が悪いなと思ったらベンチには手を打つ義務があります。それがベンチの仕事なんですから。その調子の悪かった若い準規をあの権藤のジジイはみすみす見殺しにしました。伊藤準規のコメントは,「失投を逃してはくれませんでした。僕の技術不足です。(中3日は)関係ないです。疲れはありませんでした

もちろん選手はそう言うしかないでしょうし,責任も非常に感じていると思います。21歳の若い選手にこんな事を言わせる70過ぎのジジイは何なのか。この若い選手の今後に何か影響があったらジジイはどう責任を取るのか。あまりに気の毒です。バカな上司を持つ部下は本当に気の毒です。これも去年までの落合時代に何度となく見た不愉快な光景でした。

ちなみに,その後代わった武藤は打者2人で切って取り,後続を断ちました。昨日に引き続き,あまりに遅きに失した継投でした。あのじいさんは継投タイミングがホントに分かっていません。シーズン中もこういう選手もファンもシラケさせる引っ張りすぎ継投が多々ありました。もう今は投手コーチとしての技量もどうなのか,吉見たちのケガもこの人の責任なんじゃないかと思い始めています。

結局試合は負け,ドラゴンズは3連勝で日本シリーズまであと一歩だったところから3連敗し,日本シリーズ出場を逃しました。最初から3連敗して終わったとかだったらここまで怒りませんが,もう手がかかっていたところからの信じられない3連敗ですからね。さらに全力で戦って敗れたのであれば仕方ありませんが,こんなクソ采配で勝てる試合を落としてのV逸で,怒らないファンがいるのでしょうか。短期決戦でこんな負け方をしたチームってあるのか私は知りませんが,もうかなりの歴史的敗北だと思います。高木ドラゴンズの歴史的敗北といえば10・8がありますが,ここまで追い詰めての敗北は歴史的恥さらしですよ。10・8は全力で戦って負けたんだから全く恥ではありませんが,このシリーズの落合みたいなクソ継投による負けは赤っ恥のコキッ恥以外の何物でもありませんね。

今年の高木ドラゴンズの一番のスローガンは「ジョイナス。ファンと共に」だったと思います。確かに去年までのうんこ采配と比べれば,何もかもストレスフリー,若手の起用法から何から何までずっとよくなりましたし,「ジョイナス」はある程度はできていると思います。しかし,比較対象がうんこではいけません。もっと上を目指して欲しい。そしてその上を目指すチームの中で,これほどチームの士気を下げ,ファンをないがしろにする権藤投手コーチと岩瀬をこれ以上使い続けるのは許されません。私が東京まで応援に行ってるファンだったら,間違いなく途中で席を立ってるし,チケット代も交通費も全額返しやがれとブチ切れます。クライマックスシリーズのファーストステージのナゴヤドームも空席が目立ちましたが,その理由は10.5ゲーム差での2位という事,ただでさえ球界屈指の値段の高さを誇るチケットをさらに値上げした事がほとんどの理由だと思いますが,ナゴヤドームに来てもこんなクソ試合を見せられる今のままでは,お客さんなんて帰ってこないですよ。

権藤の解任と岩瀬への引退勧告。「ジョイナス」「ファンと共に」をスローガンに掲げるのであれば必須の仕事です。このスローガンに反するものは徹底的に排除していただきたい。といったところでクライマックスシリーズを総括とさせていただきます。シーズン中のドラゴンズについてはまた今度。

関連するエントリー

Posted in: Baseball

2 comments

  1. すぷた says:


    やっとコメント入れれるようになったかな?
    相変わらずの酷評に吹きました。

    • B.Tadano says:


      (‘-‘*)オヒサ♪
      今は多少冷静になって,ちょっとボロクソ書きすぎたかなと反省しています。
      考えは変わりませんが,一晩置いてから書いた方が
      もう少し落ち着いた文章になったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。