記録(Lore) - ルミナスの記録(Luminoth Lore) - メトロイドプライム2 ダークエコーズ ログブック集

ネオ維新志士の集い

記録(Lore) - ルミナスの記録(Luminoth Lore) - メトロイドプライム2 ダークエコーズ ログブック集

検索 RSS ログイン

最終更新時間:2011年09月30日 10時41分59秒

このページをはてなブックマークに追加

ルミナスの記録(Luminoth Lore)

 歴史(History)

黄金の時代(Golden Age)

日本語版English Version
ルミナスの記録1
流浪の民
ルミナスの起源は,エーテルにあ
らず。いずこかの星より生まれた
とされるが,定かではない。
永の年月,幾千の星の光を浴びな
がら,大いなる無を彷徨った。
そして,何時しか我らも故郷を持
つべきと考えるに至った。
OriginsIt is told that the Luminoth were
not born of Aether, but of the
stars. In the early days, we
roamed the greatness of the
void, bathing in the glorious light
of a thousand stars. We met a
vast number of enlightened
minds... the N'kren, the Ylla, and
the Chozo among them. Each of
them, we found, had claimed a
homeworld and formed a deep
bond with it. In time, we decided
to do the same.
ルミナスの記録2
美しき星
我らの新たな故郷を求める旅は,
未来永劫続くかとも思われた。
絶望が我らの間に広がり始めた時
一つの星が見つかった。
その星エーテルを初めて眺めた時
のあまりの美しさ故に,我らルミ
ナスは,エーテルの住人となるこ
とを心に決めたのだ。
Our HeritageOur search for a home took us
through the cosmos. For many a
great cycle we roamed, yet a
place to call our own eluded us.
In time, we began to despair,
feeling the search was in vain.
We considered remaining among
the stars until a scout returned
with news of a world unlike any
other. When we beheld Aether
for the first time, so great was
her beauty that we forsook the
stars forever to live upon her
surface. From that day forth, the
Luminoth were of Aether, our
blessed paradise.
ルミナスの記録3
楽園エーテル
エーテルは豊かな平原と大地とを
備えた円熟した世界であった。
最初に我らは山地に集落を築き居
を構えることとした。
時を経て,我らは緑に満ちたトー
バスと肥沃なアーゴンへとその住
まいを広げ,これら三つの大地の
間に大聖堂を築き上げた。
大聖堂は平穏と繁栄の象徴であり
この時こそ正に我らの調和の時代
であった。
ParadiseAether was a fertile, aged world
with bountiful fields and oceans.
The native creatures were
gentle compared to other worlds
we had encountered. We settled
in a mountain region at first, in
cliffside dwellings. In time, we
established settlements in the
green forest of Torvus and the
fertile plains of Agon. A Great
Temple was built between our
three domains, a place of peace
and a monument to our
accomplishments. It was a time
of harmony for our people.
ルミナスの記録4
楽園の救済
なんと言うことか!美しいその姿
とは裏腹にエーテルの星としての
寿命は,今にも尽きようとしてい
たのだ。
惑星のコアが留めるエネルギーは
枯渇の危機に瀕しており,放置す
れば,遠からず世界は終焉を迎え
ることになるであろう。
しかし,我らは残る惑星エネルギ
ーを延命し,制御する手法を見出
した・・・それがエネルギー制御
装置である。
Saving AetherAether's planetary energy
supply reached a critical stage.
if left unchecked, the energy
would expire, bringing an end to
the world. Our greatest minds
devised a way to preserve and
regulate the remaining planetary
energy - the Energy Controllers.
ルミナスの記録5
エーテルの光
中心となるエネルギー制御装置が
ルミナス大聖堂に建造され,アー
ゴン,トーバス,ホレイトの三聖
堂の制御装置とつなげられた。
制御装置は星のエネルギーを一旦
取り出して集め,無駄なく必要な
もの全てに必要なだけ投射するこ
とで,飛躍的に時を伸ばした。
我らは,この貴重なエネルギーを
「エーテルの光」と呼び,再び平
和と繁栄の時が戻ってきたことを
皆,喜び合った。
Light of AetherThe main Energy Controller was
built in the Great Temple: three
sub-controllers were built in the
temples of Torvus, Agon, and
Sanctuary. They collected the
energy of Aether, then radiated
it over the world to all who
needed it. In time we came to call
this precious energy the

不安の時代(Dark Age)

日本語版English Version
ルミナスの記録6
災いの落下
ある時,彼方より一つの隕石が,
エーテルに向かいつつあることに
我らは気付いた。
しかし,それは遅すぎたのだ。
隕石の軌道を変える術が見つから
ぬまま,時は来た。
我らは身を守れる場所へと集まり
ただその時を待つしかなかった。
The Stellar ObjectBy the time we detected the
stellar object as it streaked
toward our world, it was too late
to stop it. We fired numerous
weapons at it in a vain attempt
to alter its trajectory. Nothing
worked. Our efforts placed a
great strain on the Energy
Controllers, and weakened
Aether. All we could do as the
object drew closer was take
shelter and wait. We gathered
stores of food and water,
reinforced the shielding on our
dwellings, and spent the last
hours in peace.
ルミナスの記録7
楽園の消失
その時の凄まじい衝撃に,我らは
エーテルの崩壊をも覚悟した。
アーゴンの緑は焼き尽くされトー
バスの森は大海に飲み込まれた。
空は幾日も燃え,大地に影を落と
した。それは,まるでこの世の終
わりかと思われるほどだった。
CataclysmThe starborne terror burnt
through the heavens and struck
Aether with an untold might. We
all expected the world to
shatter... but Aether held. There
was great devastation, however.
The green plains of Agon were
scorched forever, and the forest
of Torvus was engulfed and
wracked by the sea. The skies
burned for days, casting
darkness over the land.
ルミナスの記録8
不安の時代
時を経て,傷ついた星の嘆きも和
らいだ。大気に穢れは残っていた
が,呼吸もできる。しかし,生き
延びた喜びもつかの間であった。
エネルギー制御装置が蓄えていた
星のエネルギーの半分が失われて
いたのだ。しかし,我らの故郷を
打ち据えた隕石は消失していた。
Age of AnxietyIn time, the roar of a wounded
planet subsided. The air, though
fouled, was breathable. Light
made its way through the dark
veil over our world. Slowly, we
ventured out from the shelters
of our homes to see what
remained of our paradise. What
little comfort we gained by
surviving was soon shattered,
for when we looked outward, all
we saw was devastation. Half of
the planet's energy had vanished
from the Energy Controllers.
Aether became violently unstable
as a result. Of the stellar object
which struck our home, there
was no sign.
ルミナスの記録9
空間のほころび
混乱の中,我らは奇妙なことに気
がついた。エーテルの各地に空間
の歪が生じ,多くの物体が次元に
溶け込み原子を分裂させていた。
しかし,破壊されたエーテルの復
興と半分になったエネルギーの問
題を抱えた我らには,それについ
て調べている余裕は無かった。
The World WarpedAmidst this turmoil, we
discovered many disturbing
anomalies. Spatial disturbances
appeared across the land.
Objects went into a state of
dimensional flux, their atoms
divided between Aether
and... somewhere else. There
was little time to ponder these
strange happenings, for we had
to deal with the devastation of
our lands.
ルミナスの記録10
イング襲来
やつらは,唐突にやって来た。
その日,空が引き裂かれ,別の次
元と我らの次元をつなぐ真暗な穴
が口を開いた。
裂け目からは,恐ろしき暗闇の群
れが黒い血のように湧き出し,辺
りの生き物を次々と飲み込んでい
ったのだ。
生き物は,おぞましき姿と変わり
果て,我らに襲い掛かった。
「イング」と名付けたこの闇の生
命体との戦いの幕開けであった。
The Ing AttackThe day came when space was
torn asunder, revealing
dimensional rifts to a dark
place. Horrible dark swarms
streaked forth from these rifts,
engulfing nearby creatures and
transforming them into what we
would come to call darklings. The
dark creatures became our
enemies, and peace came to an
end on Aether.
ルミナスの記録11
ダークエーテル
イングは次元を引き裂き我らの世
界に現れる。我らもイングの世界
に攻め込む為には,次元の扉を開
く術が必要であった。
我らは,ある装置を作り上げ,次
元の隙間をこじ開け踏み込んだ。
なんとそこには,瘴気にまみれた
もう一つのエーテルが存在した。
我らは,この世界がエネルギーの
半分を奪ったのだと理解した。
しかし,瘴気の中に留まることは
死を意味する。我らは引き上げた。
Dark AetherIn time, we created machines to
open rifts to our enemy's world.
Volunteer scouts went through
the rifts and found a twisted
world, harsh and poisonous... a
Dark Aether. They discovered
that this world held the missing
half of our planet's energy. They
also saw the true face of the
enemy, a race we came to call
"Ing," meaning terror. Our
scouts could not survive long on
the surface of Dark Aether, so
venomous was its air. Still, we
vowed to return. We prepared
for war.

 イングとの闘争(Conflict)

一次大戦(First Phase)

日本語版English Version
ルミナスの記録12
反撃の第一歩
我らは,ダークエーテルにエーテ
ルの光を持ち込むクリスタルを生
み出した。その光が覆うところ瘴
気を払い,イングをも遠ざける。
しかし,それだけではイングを滅
ぼすことは叶わなかった。
より強い武器と硬い鎧が手に入る
まで,ダークエーテルから退いた。
Our War BeginsWe developed Crystals that
brought the Light of Aether to
the dark world. Using these
Crystals allowed our warriors to
explore the enemy lands, to
bring war to the Ing. Sadly, the
Crystals were not enough. We
needed stronger weapons,
better armor. We withdrew from
Dark Aether while our greatest
minds devised new engines of
war.
ルミナスの記録13
エネルギー奪還
我らは,徐々に追い詰められた。
イングは獰猛で強力だった。
劣勢を挽回しようと,我らはある
策を考え付いた。
それは,ダークエーテルに二分さ
れた星のエネルギーを奪還するこ
とで,イングもろともダークエー
テルを消滅させるというものだ。
そこで,われらはエネルギーを回
収保管し,移送を可能にする装置
を造り始めたのだ。
Recovering EnergyWe were not prepared to fight a
long war. The forces of the
enemy outnumbered ours vastly.
We sought a way to end the war
quickly, without extended
combat. We decided to build a
device to recover our lost
planetary energy from Dark
Aether. Without this energy, the
dark world would cease to be,
and our world would be restored
to stability.
ルミナスの記録14
イングの恐怖
生き物に取り憑いて,その体を己
が物とするイングの能力の前には
ルミナスとて抗えず,友や家族が
敵と化すこともあった。
絶望の中,我らはイングの侵入を
阻む鎧を造り上げ身にまとったが
これとて,鎧を傷つけられれば,
そこから付け込まれた。
よって我らルミナスは,イングの
道具と成り果てる前に,己が意識
のあるうちに自害を選ぶ心構えを
持つようにとなった。
The New TerrorIn time, the Ing began to possess
Luminoth as well as creatures.
Friends and family members
became the enemy, spilling
Luminoth blood across the land.
Desperate, we devised shielding
to prevent Ing possession. It
was effective, but not perfect.
Should the shielding fail, all
Luminoth were prepared to
self-terminate rather than
become a weapon or the Ing.
ルミナスの記録15
ルミナスの武器
我らは,圧倒的なイングの力の源
を突き止め,そのダークエネルギ
ーを模した武器なら対抗できるだ
ろうと考えた。
だが,それは誤りで芳しい効果は
得られなかった。次に我らは,エ
ーテルの光を模した武器を作り始
めることにした。
イングが,ライトエーテルでは他
の生き物に取り憑かねば,日の光
に焼き尽くされてしまうことをも
突き止めたからである。
New WeaponsOur studies of the Ing revealed
the source of their attacks as
dark energy. We built weapons
to use this energy, thinking it
could overload enemy targets
and eliminate them. We soon
learned our error, as the Dark
Beam was not of great effect on
the Ing. We then began to
develop a weapon that used light
energy. This weapon would
dispatch the Ing with terrible
efficiency.
ルミナスの記録16
暗黒の大空聖堂
エネルギー奪還へ向けての数回の
偵察によって,イングの王たる者
が,この大聖堂のダークエーテル
側の同じ位置に居ると分かった。
宙に浮く暗黒の大空聖堂の中には
やはり半分のエネルギーが安置さ
れ,その入り口は十の鍵によって
塞がれ,守られていると言う。
この大空聖堂への侵入を阻むため
ダークエーテルの各地にばら撒き
隠された十の鍵を見つけ出さねば
エネルギー奪還は果たせない。
The Sky TempleWe learned that the ruler of the
Ing dwelled in a place dubbed the
"Sky Temple" by our forces. This
place held the planetary energy
of Dark Aether as well. It was
heavily guarded, and entry was
barred by a great gate requiring
ten keys to unlock. These keys
were hidden throughout Dark
Aether by the Ing. A mission was
planned, one that would find the
hidden keys and recover our
missing energy from the Sky
Temple.
ルミナスの記録17
最後の攻勢
我らの軍勢が,必死の防戦を繰り
広げる中,ついにエネルギー転送
モジュールが完成した。
同時に精鋭部隊も結成された。
最高の戦士たちが,最高の武具を
備え,エネルギー奪還のためにダ
ークエーテルへと突入した。
我らの最後の望みと共に・・・。
The Final CrusadeWhile our forces on Dark Aether
fought desperate battles against
superior numbers, our best
minds completed their work. The
Energy Transfer Module, a
device designed to recover our
lost planetary energy, was
ready at last. A force of our
greatest warriors was
assembled, each equipped with
the best armor and weaponry
available. We sent this brave
cadre of fighters to invade the
Sky Temple and seize the missing
energy lying within.

二次大戦(Second Phase)

日本語版English Version
ルミナスの記録18
砕かれた希望
ダークエーテルへと送り出された
戦士は,誰一人として戻って来な
かった。それは,我らの最後の望
みが潰えたことを意味していた。
絶望的な気持ちの中,それでも我
らは第二のモジュールを作るため
もう一度その作業に取り組んだ。
残された時間は,僅かだろう。
Shattered HopeNone of the warriors sent to the
Sky Temple returned. Our forces
searched Dark Aether for them,
in vain. Of the Energy Transfer
Module, there was no sign.
Though saddened, we set out to
prepare another mission, to
build another module, to try once
more to save our dying world.
ルミナスの記録19
アーゴンの陥落
ほどなくして,アーゴンの地にイ
ングの総攻撃がかけられた。
聖堂は,救援の望み無く包囲され
雄々しい戦士たちも皆倒された。
アーゴンはイングの手に落ちた。
しかし,聖堂からエネルギーが奪
われたことを知った時,我らの血
は凍りついてしまった。
エネルギー転送モジュールが,や
つらの手に渡り,ライトエーテル
が消滅の危機を迎えたと言うこと
を我らは,認めるしかなかった。
Agon FallsA massive Ing attack came to the
land of Agon. Soon, the Temple of
Agon was surrounded by the
Horde, with no hope of salvation.
Our gallant warriors there were
slain, and Agon fell to the enemy.
Our blood chilled when we
learned that the energy within
that temple was drained. The Ing
had found the Energy Transfer
Module, and were using it as a
weapon against us.
ルミナスの記録20
トーバスの陥落
次にイングが狙いを定めたのは,
トーバスの湿地であった。
数尽きることなく迫り来るイング
の前に,生き残る者は無かった。
その日,トーバスのエネルギーは
奪われダークエーテルへと持ち去
られた。
Torvus FallsThe Ing turned their forces on the
Torvus Bog next, sending a vast
force to lay siege to the temple
there. Thousands upon
thousands of Ing were destroyed
by our warriors, yet they kept
coming until there was no
Luminoth alive to offer
resistance in Torvus. On that
day, the energy of Torvus was
taken to Dark Aether, and our
hopes for survival grew dim.
ルミナスの記録21
ホレイトの陥落
我らの軍勢は,最強にして最後の
砦である浮遊要塞ホレイトに集結
し,確実に来るであろうイングの
襲撃に備えた。
さほど待つことも無く,我ら最強
の砦に対するイングの総攻撃が始
まった。砦の誇る機械兵はイング
に取り憑かれ我らの敵と化した。
そして,全ては失われた。
ホレイトのエネルギーはイングに
奪われ,ライトエーテルに残され
たエネルギーは唯一つとなった。
Sancturary FallsOur battered forces gathered in
the Sanctuary Fortress to
prepare for the inevitable siege
there. They didn't wait long.
Wave after wave of Ing assaulted
the greatest of our fortresses,
with one goal in mind: to seize
the energy there. The Ing turned
the machines of Sanctuary
against our warriors, and soon
all was lost. The energy of
Sanctuary was taken by the Ing.
Only one Energy Controller
remained on Aether.
ルミナスの記録22
消え行く光
僅かに残ったルミナスは皆,ルミ
ナセウスの地に集められ,最後の
長である「U-Mos」と僅かな衛兵
を残しコールドスリープに入る。
ここで我らは,イング壊滅の奇跡
を待つか永遠に眠ることとなる。
我らルミナスの歴史は,恐らくこ
こで終わることとなるであろう。
「U-Mos」は,イング最後の侵攻
の時まで,静かな聖堂の中で祈り
続けるであろう。
TwilightWhat few remained gathered in
the Great Temple. There, all but
U-Mos, the last Sentinel of
Aether, entered into
life-preserving stasis. There
they would remain, to be
released once the Ing were
destroyed... or to sleep forever.
His people safe, U-Mos prepared
for the last, terrible assault. In
the silence of the Great Temple,
he prayed for salvation, for
deliverance from the terror of
the Ing.

 精鋭部隊の記録(Keybearer Lore)

第1部隊(Cadre 1)

日本語版English Version
A-Kulの遺言我が名は「A-Kul」。もうすぐ永い
眠りに就くことになる。
私の見つけ出した鍵は,何とか柱
に納めることができた。
ここまでたどり着けたのは私一人
だけだ。だが,精神リンクを通じ
他の仲間がどこで最期を迎えたか
は,把握していた。
残された力の全てをもって,その
位置を柱に書き記した。
後に続く者たちの導きとなるよう
祈りながら。
ああ,時が近い。最後の言葉だ。
我が戦士たちは,ルミナスの全て
を救わんと命を賭して戦いそして
敗れた。責を問うことなかれ・・・
A-Kul's TestamentSoon I shall pass to final rest.
My key is in place. Through my
spiritual link to the others, I
know where their bodies lie. I
shall leave this knowledge, that
their last location in the dark
world can be known. May this
knowledge lead our warriors to
the Sky Temple Keys.
The time draws near. Hear the
words of A-Kul, she they call
Champion of Aether. Know that
my warriors fought and died
with uncommon valor. Do not
look unkindly upon their failure,
for they died to save us all.
B-Stlの遺言私は「B-Stl」。これで,倒れた友
「J-Stl」と同じ眠りにつける。
全力を尽くしての戦いは誇れるが
鍵を得られずは,家名の恥。
我が兄弟たちが,大空聖堂への道
を開き,この汚名を晴らしてくれ
ることを祈っている。
B-Stl's TestamentI can go no further. Here in this
reactor, I go to join my fallen
mate, J-Stl, in final rest. Though
I die with honor, a shame falls
on my house until the key I seek
reaches its destination. May my
brothers find my burden, that
the way to the Sky Temple will be
opened at last.
G-Schの遺言なんと卑怯で残酷なやつらだ!
囲まれて戦い続ける中,やつらが
仲間の死骸を食らうのを見た。
弱い者を盾に使うのを見た。
それでも真正面から来る者もいて
そいつとは正々堂々と戦えた。
やつは,この「G-Sch」の最後の
相手として相応しい敵だった。
G-Sch's TestamentWhat craven savages are the
Ing! Trapped in the catacombs
with no charge of rescue, I
fought them to the last. I
watched them feed upon their
dead. I heard them pressing the
lesser of their number into the
front ranks, that my blasts
would take them. At least their
leader stood against me in battle.
He was a foe worthy of a
Luminoth warrior.
J-Stlの遺言私,「J-Stl」の戦いは,ここで終
わる。狡猾なやつらの待ち伏せに,
まるで訓練所を出たての新兵の
ごとく引っかかってしまった。
100匹ほどは,あの世に送って
やったが・・・徒労だ・・・。
私の命の灯も消える。
J-Stl's TestamentMy journey comes to an end. The
thrice-cursed Ing prepared an
ambush of singular cunning in the
mining station. They caught me in
it like a neophyte fresh from the
training halls. I have sent five
score of their number to
whatever foul pit they call
afterlife, but in vain. My life is
extinguished.
S-Dlyの遺言忍び寄るやつらに気付かず,強烈
な先制の一撃を浴びてしまった。
何もできぬまま,この命が尽きて
ゆくのを待つのが悔しい。
他の仲間たちが私の鍵をみつけ,
仇を取ってくれることを望む。
それで,ようやく私「S-Dly」の
眠りは平穏なものとなる。
S-Dly's TestamentThey came to the lagoon in the
night, delivering true deathblows
before I could detect them. As
my life faded, I sent a call to the
cadre to warn of this surprise
attack. May they find my key,
and dispatch the Ing who killed
me. Only then will my final rest
be peaceful.

第2部隊(Cadre 2)

日本語版English Version
C-Rchの遺言これが「C-Rch」の遺言になるだ
ろう。弾薬はとうに尽きた。
もはやこの拳で戦う以外に,道は
残されていない。
来るなら来るがいい!
憎むべき敵よ,雄叫びを上げた時
最後の報いに恐怖するがいい!
そして,終わりにするがいい!
C-Rch's TestamentLet this be the final testament of
warrior C-Rch. I have no more
shells for my weapons. For the
enemy, I have naught but the
blade and fist. Let them come.
They wait in the works, hissing
and slithering like beasts. Let
them. When my war cry comes,
there will be a dread, final
reckoning. Come forth, hated
enemy. Let there be an end!
D-Islの遺言「D-Isl」の最終報告。
やつらの軍勢は,拡大する。
獣や機械が加わりルミナスに嬉々
として死をもたらす。
イングどもは,この新入りと戦士
であるこの「D-Isl」を戦わせ,
高みの見物と洒落込んだ。
このおろかな臆病者どもが!
我が死を前に,心残りはやつらの
滅びを見届けられぬことだけだ。
その日が訪れんことを!
D-Isl's TestamentIt is inside me. I feel it
spreading, clawing at my will,
tearing at my thoughts. It moves
me against my will, to this
cavern. Here it will end. I do not
wish this, do not want my body
to become a weapon for the Ing
within me. It hates. It demands
obedience. I will fight to the end.
I shall self-terminate before I
will be a pawn of a filthy Ing.
J-Fmeの遺言中に居るそれが広がり,私の意志
に爪を突き立て,思考を切り裂く
のを感じる。動けない・・・。
イングの道具には成りたくない。
「J-Fme」は,決して屈しない。
最期まで抵抗して,穢れたイング
どもの手中に落ちるその前に,も
ろとも自ら命を絶ってくれる。
J-Fme's TestamentFinal entry, Warrior J-Fme.
Their army swells. Beasts and
rogue machines join the ranks of
the Horde, all eager to bring
death to the Luminoth. The Ing
sent these new additions to the
industrial site to do battle with
me, while they watched from
safety. Cowardly mongrels! My
only regret in death is that I did
not live to see the day of their
defeat. May it come soon!
M-Dheの遺言最後の一撃で鎧を破られた。
毒が回る。鍵を手にしたというの
に,命の方がもたないとは・・・
じきに,やつらが来るだろう。
願わくば,せめてその時に,私
「M-Dhe」に戦う力が残っている
よう,エーテルの光の御加護が,
この身にあらんことを!
M-Dhe's TestamentThat last hit breached my armor.
The poison spreads. Though I
have found the key, it is too late
for me. Soon my light will fail.
They know I am here. They will
come to this site to plunder the
key. My last stand shall be at
the edge of the temple grounds. I
only hope I have the strength to
fight when they arrive.
S-Jrsの遺言両部隊は攻撃を受け壊滅した。
「A-Kul」は,救援の望みを私,
「S-Jrs」に託してエーテルへと
戻るように伝えてきた。
獣の皮を被ったイングどもに追い
つかれ,必死で戦ったが敗れた。
仲間に合わせる顔がない。
来世で名誉挽回できるよう願う。
S-Jrs's TestamentA-Kul tried to send me back to
Aether, that I might get
reinforcements. Both cadres
have been attacked, devastated.
The Ing followed me. They came,
wearing the skin of beasts. I
gave them a good fight, yet, I
have failed. May I redeem my
honor in the next life. Here, at
the fortress entrance, I breathe
my last.

 A-Kulの刻みし言葉(A-Kul's Clues)

第1部隊の碑文(Cadre 1 Clues)

日本語版English Version
B-Stlの碑文華麗なる「B-Stl」よ。

荒廃した砂漠の要塞の奥深く,隠
されし小部屋で,静かに眠る。
B-Stl's KeyGallant B-Stl.
She lies deep in a fortress of
dry land.
G-Schの碑文温厚なる「G-Sch」よ。

トーバスポッドに寄り添いて,水
中の神殿に眠る。
G-Sch's KeyGentle G-Sch.
With a Bearerpod he sleeps in a
flooded temple.
J-Stlの碑文崇高なる「J-Stl」よ。

荒廃した砂漠にそびえ立つ要塞の
門前にて力尽く。
J-Stl's KeyNoble J-Stl.
Lost his soul before a fortress
in the scorched land.
S-Dlyの碑文勇敢なる「S-Dly」よ。

雨に打たれし大地の水辺にて,永
遠の眠りにつきぬ。
S-Dly's KeyBrave S-Dly.
Beside the marsh of a raining
land she laid her body forever.

第2部隊の碑文(Cadre 2 Clues)

日本語版English Version
C-Rchの碑文思慮深き「C-Rch」よ。

高くそびえ立つ要塞の奥深く,狭
き廊下にて,横たわる。
C-Rch's KeyJudicious C-Rch.
In a small corridor within the
depths of a high fortress, he lies
silently.
D-Islの碑文不動の「D-Isl」よ。

大聖堂が見下ろす岩の間,白糸が
囲いし汝の眠りを妨げるは誰ぞ?
D-Isl's KeySteadfast D-Isl.
Who shall disturb you among the
trees of holy ground?
J-Fmeの碑文偉大なる「J-Fme」よ。

最期に汝は見たのか?
我らの門が閉ざされるところを。
J-Fme's KeyMighty J-Fme.
In the last, what did you see?
Was it one of our gates closing,
sealing the scorched land from
our holy ground?
M-Dheの碑文恐れを知らぬ「M-Dhe」よ。

審判の門の柱が動く時,汝の魂の
ぬけがらが姿を現すであろう。
M-Dhe's KeyFearless M-Dhe.
The one who shall move the
pillar of holy ground will see
your soulless body.
S-Jrsの碑文忠実なる「S-Jrs」よ。

息もせず,ただ聖なる要塞の橋を
見下ろす。
S-Jrs's KeyLoyal S-Jrs.
He no longer breathes, looking
down at the great bridge of a
holy fortress.

メトロイドプライム2 ダークエコーズ ログブック集 トップへ

Amazonで探す

Amazon

メトロイドプライム2 ログブック集の他のページを見る