【チェンジアップ - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

チェンジアップ

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2017年12月20日 15時53分32秒

このページをはてなブックマークに追加

チェンジアップ

[特殊能力]

 チェンジアップとは

特殊変化球の1つ。スローボールのような球速で,わずかに沈む。リリース○を持ってなくてもストレートと同じフォームで投げる事ができ,失投もしにくい。メジャーのピッチャーがよく投げる球種で,実際にはフォークよりも簡単に投げる事ができるのだが,かつてのパワプロではフォークよりも高い経験点を必要としていた。現在ではフォークよりも習得に必要な経験点は低い。また,かつてのパワプロでは現在のパワプロでいうスローボールチェンジアップとしていた。

 ゲーム上ではストレートと同じフォームで緩く落ちる球

また、SFCシリーズでは、スローボールのかわりにチェンジアップだった。阪神・井川選手のサークルチェンジは有名である。しかし、実際その定義域は広く様々であり、球種の一種という人もいるが、正式には「チェンジ・オブ・ペース」といい、緩急をつけた球を投げることそのものをいう。すなわち、スローボールサークルチェンジパームボールはすべてチェンジアップといえる。実際の野球(ゲームでもいえるが)でストレート待ちのバッターにこれを投げると面白いように空振りが取れることが多い。


posted by Mr.XY

 アメリカではフォークよりメジャーな球

ファストボールと同じ腕の振りでなるべく回転をかけずに投げる球。パワメジャシリーズのシーズンモードやメジャーライフではアメリカや中南米出身の新人投手がチェンジアップ,日本出身の新人投手がフォークを投げるようになっている。

パワメジャ2以降は「フォーシームのようだがわずかに遅い回転」で下に沈むボールになっている。そのためフォーシームと投げ分けると対人戦でも幻惑することが出来るが、当たると飛びやすいのが欠点。

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2022/1/15

2021/12/23

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他