【古葉良己 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

古葉良己

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2011年08月25日 12時07分53秒

このページをはてなブックマークに追加

古葉良己(こば よしき)

[キャラクター]

[パワプロ10][パワプロ14][パワメジャ1]

 古葉良己とは

橋森重矢神下怜斗とともに活躍していた頑張パワフルズ黄金時代からのベテランで,現在はもう40歳を過ぎているが,まだ現役を続けている。さすがに現在は衰えが目立っており,何回もコンバートされたのか,サードもショートも守れるが,現在はファースト。しかし40としては高い能力を持っている。かつては非常に優れたアベレージヒッターとして活躍し,猛打賞を197回も取っているという球史に名を残すレベルの選手。古葉直という息子がいる。

 プロ入り23年目の頑張パワフルズのベテラン選手

スイッチヒッターである。サブポジションを見るに、ショート→サード→ファーストという順にコンバートされていったと推測できる。背番号36といい、三振が多い特徴といい、池山(元ヤクルト)にそっくりだ。おそらく、全盛期は池山と野村(広島)を足して2で割ったような選手だったのだろう。それにしても40歳であの能力は高い。まだまだ一線級でやれる。45歳でオールFの内野五郎パワプロ7)の立場は・・・一人息子がいるが、その子の名前は「直」と書いて「すなお」と読む。今どきと言うかなんと言うか・・・


posted by 大波KONAMI

 実は名球界選手ではないのか?

ゲーム中では衰えだけが目立っているが、猛打賞を197回も取っているらしい。セ・リーグの通算猛打賞トップが長島茂雄の186回であることを考えると2000本安打も軽くクリアしているはず。


posted by 尾崎先輩

 現実に当てはめると

張本勲氏の241回に次ぐ歴代2位。「打撃の神様」川上哲治氏の194回を上回る。


posted by 573さん

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2020/11/17

2020/10/7

2020/10/3

2020/10/2

2020/9/30