【天才型無限増殖 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

天才型無限増殖

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年10月08日 21時13分04秒

このページをはてなブックマークに追加

天才型無限増殖(てんさいがたむげんぞうしょく)

[スタイル]

[パワプロ14][パワプロ15]

 史上最強のバランスブレイカー

天才型を必ず出現させるようにする裏技。転じて、そのように仕込んだメモリーカードを「天才型メモカ」という。

仕込み概要

  • パワプロ14パワプロ15では途中で「あきらめる」を選択すると、システムデータのセーブ如何に関わらず、天才型の出現率が上昇する(出現率を1/Xで表現した場合の、Xの値が減る)。この出現率は一度天才型が出現したら、あきらめようがクリアしようが元の数値に戻る。また、サクセスクリア時のクリア記録のセーブと選手登録のタイミングは若干異なる。この裏技は上記の特性を逆手に取ったものである。
  • 「あきらめる」を連発し、天才型の出現率を1/1にしたメモリーカードを用意する。その後のプレイでは、クリア時にはメモリーカードを外しておく(クリア記録はセーブされないため、クリア人数は増加しない)。そして、選手登録のタイミングにメモリーカードを接続する。こうすることで、天才型の出現率を1/1にキープした上で、クリアした選手は登録することができる。

デメリット

  • メモリーカードを頻繁に抜き差しするので、メモリーカードの寿命が縮まる。
  • 特殊変化球を決め球にする投手を作り辛くなる。(デフォルトで基本変化球を2種持っているため)
  • メモリーカードの仕様を突いた裏技のためWiiでは不可能。

posted by Jack-R

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他