TOEIC やっと…

TOEICを受け始めて約1年になりますが,先月受けた結果が返ってきて,やっと履歴書に書いても恥ずかしくない最低限の点(と一般に言われている点)は取れました。

この1年ほど特にReadingの点がなかなか伸びず(まあそもそも勉強していないから当たり前なのですが),ListeningとReadingの点差が結構あり,これまではどうがんばってもReadingの最後の大問1つ分くらい時間が足りなかったりしていたのですが,今回初めてReadingで考える時間を残して全問解く事ができ,見直す事ができたため,試験後の手ごたえは感じていたのですが,やっとReadingのスコアが400overとなりました。実際に成果が上がっていて非常にうれしいです。TOEICの勉強らしい勉強はしておらず,やっている事といえばサイトの英語セリフ集をいくつか作る時に分からない単語を辞書で調べていた(と言ってもゲームに出てくるような単語なんてほとんど分からないからほとんど調べていたのですが)とか,こういったサイト(リンク切れ)を参考にして時間配分を研究するといった,とても勉強とは言えない小手先のテクニックのみでスコアを伸ばす事ができました。時間配分は理論では理解していてもなかなかその通り実行できていなかったのですが,今回はやっとうまくハマりました。それでもテスト中問題を解いているとやっぱり全盛期だった高2とか高3だったらこの単語の意味知ってたのに!とかもっと早く読めたのに!とかは非常に感じます。高校を卒業すると英語だけを純粋に勉強するという時間がなくなったので,非常に衰えたなと感じます。まあ,衰えなかったら900点取れるのかと言うと,たぶん取れないでしょうが…。

実際に今回のスコアを取ってみて,よく言われる「TOEIC 900でもやっと必要最低限のスタート地点に立ったというレベルに過ぎない」とか「TOEICはどれだけ英語ができるかでなくどれだけ英語ができないかを測る試験」だとかいった言葉が,やっと「言葉」でなく「心」で理解できました。もちろん私は900なんてまだ一度として取った事はないのですが,Listeningだって言ってる事が半分も分かっていない,聞き取れていない今の私の状態でも400取れますし,Readingも分からない単語が無数にある今の私の状態でも400取れてしまうようなテストですからね。900といえば私のようなレベルの低い人や受けた事のない人からするとかなり英語ができるように思えますが,今回の点数から考えるととても900取ったところで英語がペラペラになるなんて到底思えません(もちろん今の私のレベルと900点の人とでは甲子園優勝チームとバットを持った事もない茶道部か何かくらいのレベル差が存在する事は理解していますが,それでも)。TOEIC officialのproficiency scaleによれば,今の私のランクであるレベルB(730-855)は,

どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。
通常会話は完全に理解でき,応答もはやい。話題が特定分野にわたっても,対応できる力を持っている。業務上も大きな支障はない。正確さと流暢さに個人差があり,文法・構文上の誤りが見受けられる場合もあるが,意思疎通を妨げるほどではない。

との事らしいですが,それは全くのデタラメで,ちゃんちゃらおかしいと思います。あまりに誇張しすぎ,現実と乖離しすぎと思わざるを得ません。せいぜい「読み書きは小中学生レベルにはできるかも。話したりコミュニケーションはできない人がほとんど」といったところではないでしょうか。

とはいえ,別にTOEICを受ける事が無駄だったとかは全く思っていません。話す事以外のレベルチェックには使えますし,それにTOEICを受けた事がない,もしくは全くスコアも取れていないくせに「TOEICなんか無意味」みたいな事を言っているというのはイタすぎますしね。英語を本当に使える人との隔たりが実感として理解できただけでも意味はありました。

よく英語なんてどうでもいいやとか俺には関係ねえよという人がいますが,私は英語の記事や文章がストレスなく読めたらとか,英語がスラスラとしゃべれたら,と思わない日はないです。仕事でもプライベートでも英語に接しなければならない事は少なくありません。仕事で仕様書が英語版しかない事も多いというかほとんどだし,TVを見ていてもゲームで遊んでいてもたくさん英語は耳に入ってきます。私自身英語が好きで,ゲームの英語セリフ集を作っているのも字幕で出ているものと実際英語でしゃべったりしているものとどうニュアンスが違うのかとかに非常に興味があり,私と同じような人もきっといるだろうと考えているからです。

ウチの会社も含め,日本の会社では係長格,課長格の昇格要件でも500~600程度しか要求されない企業が多いですが(一方で,自分たちが取れてもいないくせに新卒には700とか800とか要求する企業もありますが),上に書いたように500~600程度では私は英語が苦手です,英語でコミュニケーションなんてとてもじゃないけどできませんと言っているだけのように思います。ウチの会社でもそのハードルすらクリアできない人は非常に多い一方で,できる人はホントにできますし,900以上も非常に少数ではあるもののちゃんと存在しており,極端にできる人と極端にできない人の二極化となっています。しかしやはり極端にできる人が海外赴任の仕事にアサインされているように思います。私は海外で一度は仕事がしてみたい(ずっとは嫌だけど2~3年とか期限を区切ってであればね)と考えているので,一応スコアは取っておいていつお声がかかってもいいようにしておきたく,そのためにもこの程度で満足する事なくこれからも常に上を見続けて行きたいですね。

英語のセリフ集を作成するなどという遊びみたいな事でまだ伸びるのであれば良いのですが,私の能力ではこれ以上はもうちゃんと勉強しないと厳しいかなと感じています。まあでも作成予定の英語セリフ集が全部完成するまではひとまずそっちを片付けてToDoを全て完了させたいです。


TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
Educational Testing Service

4906033431
国際ビジネスコミュニケーション協会 2012-06
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大