伊坂幸太郎 チルドレン(2004) ★★★★

もうとっくに書いたと思っていた作品ですが,抜けていました。破天荒な人物「陣内」を中心とした周囲の人物からの観点で書かれた5つの短編集です。短編集ですが,1話1話がリンクしているといういつもの伊坂作品です。

メチャクチャで周りを巻き込む迷惑男「陣内」が非常に魅力的に書かれていて,相変わらず読みやすいのでサラサラ読めます。この人の作品の特徴は,サラサラ過ぎてしばらくするとほとんど内容を覚えていないという事です。このエントリーを書くために読み直したんですが,読み直してもあまり書く事がありません。やっぱり,正直この人の書く本は暇つぶし用だなあ,と読む度に思います。別に私がこの人を特に嫌っている訳でもなく,結構よく読んでる方だと思うし,ファンの人で気を悪くされる方がいたら申し訳ないのですが,いつも読む度にホントにそう思います。


チルドレン (講談社文庫)
伊坂 幸太郎

4062757249
講談社 2007-05-15
売り上げランキング : 14573

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Posted in: Book

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。