【高坂茜 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

高坂茜

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2011年05月01日 16時07分57秒

このページをはてなブックマークに追加

高坂茜(こうさか あかね)

[キャラクター]

[パワポケ8][パワポケ11]

 家出少女で彼女(妹)候補

公園にアカネハウスを建てて、住んでいる16才の少女。偶然主人公と出会い。主人公の妹になり(戸籍上ではないが)、最終的には、恋人同士になり結婚した。性格は、まさに理想(?)の妹みたいな性格である。

 天才的頭脳と引き換えに失ったもの

その見た目と性格では、想像出来ないが、高校の入試試験は500満点中498点、テストは96点を切った事が無い(体育は苦手)、全国模試1位(3年間)。まさに天才である。しかし、それと引き換えに、人として大切な涙(泣く事)を失ってしまった。その原因しては、茜の父親(高坂章正)の家庭内暴力によるものである。

 幸せしか見ない人形になった茜(バッドエンド)

後味の悪さは、パワポケシリーズトップクラス。茜は父親の暴力より、人に迷惑を掛けるのはタブーと言う結論に達した。その方法として「心を折る」と言う行動をとっていた。つまり自分からは何も感じない、望まないと言う事。感情を表に出さない(泣かない)。しかし、主人公に兄以上の思い(恋心)を持ってしまい、それが主人公と姉として認め合った主人公が好きなリンに迷惑が掛かると思い。また心を折ろうとしたが、恋という大きな感情を抑える事が出来ず、感情がパンクしていまい心が壊れて、感情を完全に失い、何も感じない、幸せしか見ない人形になったのである。

 涙を取り戻した茜(ハッピーエンド)

一瞬心が壊れた茜だったが、主人公との思い出や共に歩んで来た過去(ラブパワー)によって、大切な物(涙)を取り戻したのである。

 光輝く世界

3年目の誕生日で茜を救っていると、筋力と技術、すばやさポイントが大幅にアップ+超特殊能力が身に付く。投手は剛球、野手は奪力

エンディングでは、主人公と結婚して2人の子供が生まれ、失踪したリンを迎えにいき再会する。


posted by ゼクス

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他