【合同トライアウト - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

合同トライアウト

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年09月11日 11時16分40秒

このページをはてなブックマークに追加

合同トライアウト(ごうどうとらいあうと)

[イベント]

[パワプロ12][パワメジャ1]

 パワプロ史上最低難易度の実技試験

  • プロテスト編の最後に受ける試験。スカウト評価がMAXでも必ず受けることになる。
  • 投手はタイマン勝負、野手は打撃テスト(ミット移動あり)か守備テスト(ノック)のどちらかを選ぶ。
  • スカウト評価により合格点数が変わる。
  • トライアウトだけあって相手選手の能力も並なので、びっくりするほど難易度が低い。特に野手は初期能力で打撃テストを選んでも十分クリア可能。最低合格点数は1点、ボール球を見極めても加点されるため、スカウト評価がMAXならコントローラーをほったらかしにしていても合格可能(笑)

posted by Jack-R

 トライアウト(パワメジャ1

スカウト評価が低いときに受ける、最後のチャンス。投球的当てテストか一対一の打撃テストでルーキーのお守りは無効である。
こちらはこちらで、お守りありならいつの間にかスカウト条件を満たすくらい活躍することが多く、わざと試合に出ないでヌスットの解禁を目指すついでで受けることが多いだろう。全くスカウト評価を上げない場合は20点必要となるため油断は出来ない。

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2020/11/17

2020/10/7

2020/10/3

2020/10/2

2020/9/30