【腕試し - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

腕試し

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2014年08月08日 11時56分57秒

このページをはてなブックマークに追加

腕試し(うでだめし)

[イベント]

[パワプロ2013]

 何かにつけて勝負したがる人々…

  • ワールド高校編では、練習コツ伝授イベントの代わりに、デッキの選手キャラと腕試しをするイベントが発生。
  • 投手は球速コントロールスタミナ変化球の総変化量、野手はミートパワー走力肩力守備力エラー回避の中から1項目を選び、デッキキャラの能力と勝負する。
  • 勝敗は選択した項目の高低によって決まるが、相手より能力が低くても低確率で勝利できる。
  • 勝つと選択した項目+3(球速は+1、変化球は習得済みの変化球がランダムで+1)。敗北の場合はコツイベントで習得できる経験点の半分を入手。何度でも同じ項目で再挑戦できるが、一度勝利した項目は再挑戦不可能。
  • 投手は3勝、野手は2勝すると、そのデッキキャラに応じた投手能力を入手できる。入手後は通常のコツイベントに戻る。
  • 特に変化球での恩恵が凄まじく、多球種習得済みの場合は数百ポイントの変化球経験点を得られることになる。一方で変化球未修得の場合でも勝利してしまうこともあるため、終盤まで敢えて勝負せず取っておくのも手。
  • このシステムにより、選手能力の低いキャラはある程度優遇されるようになった。また、カードのレアリティが影響されにくいため、Rのキャラもデッキに入れやすくなった。

posted by Jack-R

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他