オープニング/プレリュード 家族の死 - エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集

ネオ維新志士の集い

オープニング/プレリュード 家族の死 - エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集

検索 RSS ログイン

最終更新時間:2011年07月21日 10時52分22秒

このページをはてなブックマークに追加

オープニング - Introduction

日本語版English Version
エドワード人の骨と皮膚……

不気味なものでできた妖しい書。
その昔,この本から全てが始まった。
はるか昔……
人間がまだ存在しない時に……。
私はエドワード・ロイヴァス。
精神科医だったが……
すでに,この世には居ない。
今から話す物語は
私や私の家族の話ではない。
全人類の物語である。
好むか好まざるか……
信じるか否かは,あなた次第。
しかし,どうあがいても
現実は変わらない。
人類はこの2000年の間……
絶滅の危機にあった。
何と無知で
何と未熟だった事か。
ガーディアンが迫る……
その時がまた来た。
運命なのだろう……
私の一族が
その恐怖に巻き込まれた。
そして,今度は孫娘が……。
人類の未来は
彼女にかかっている……。
EdwardFlesh.
Bone.
Bound together with the oddest magickal incantation.
This wretched book is where it all began so long ago.
Before time,
before humanity.
I am Doctor Edward Roivas.
I am a clinical psychologist.
I am also dead.
This is not my story,
nor even the story of the Roivas family.
It is the story of humanity.
Like it or not,
believe it or not as you will.
Your perceptions will not change reality,
but simply color it.
Humanity has been on the edge of extinction
for two millenia.
Ignorant of so much,
and dependent on so few.
The Guardians grow restless.
Their time once again near.
Whether by fate or misfortune,
my family has crossed their path,
and they didn't take kindly to it.
Their attention turns to my granddaughter,
for she is the last of my line,
and the last hope for humanity.

プレリュード - Prelude

 家族の死 - A Death in the Family

日本語版English Version
マックスネズミの餌にでもなっちまえ!
闇が襲ってくる!
Max"May the rats eat your eyes!"
"The darkness comes."
エドワードわかるかい?アレックス……EdwardRemember me, Alex?
(アレックス夢から覚める)
アレックスもしもし……?AlexUh, hello?
レグラースアレキサンドラ・ロイヴァスさんですか?LegrasseMiss Alexandra Roivas?
アレックス……ん……そうです……。どなた?Alex...Uh, yeah. Who is this?
レグラースロードアイランド州警察のレグラース警部です。
こんな時間にすみません。
実は,困った事が起きまして……。
あなたのおじいさまが……。
LegrasseThis is Inspector Legrasse of the Rhode Island Police.
I'm sorry to disturb you, but there's been an accident
with your grandfather.
アレックスすぐそちらに向かいます。AlexI'll be on the next flight out.
ロードアイランド州,ロイヴァス邸The Roivas Family Estate, Rhode Island
レグラースロイヴァスさんですね?
遠いところ申し訳ありません。
LegrasseAhh, Miss Roivas?
I'm pleased to meet you.
I trust you had a pleasant trip?
アレックスええ……まあ……。AlexUm, yes, I suppose so, considering...
レグラースお気の毒です。
何と言って良いか……判りません。
LegrasseYes, my condolences. This is most unpleasant.
It's a shame we couldn't meet under
brighter circumstances.
アレックスええ……。
ところで祖父は?
AlexYes, it is.
Can we get this over with, please?
レグラースこちらへ……。
現場は凄惨な状態です。
気を確かに持って下さい。
LegrasseOf course, this way...
But I must warn you...
It's not a pleasant sight.
I'm afraid there's not much to see.
(レグラースが死体を見せる)
レグラースロイヴァスさん?
おじいさんのエドワードさんですね?
LegrasseMiss Roivas,
is that your grandfather, Edward?
アレックス……そうです。
祖父の指輪だわ。
……でも,どうして私が確認を!?
他にも方法はあったはずよ?
見たくなかったわ!!
AlexYes, it's him -
- he's wearing our family ring.
I don't understand. Why are you showing me this?!
Can't you check dental records or something?
What is wrong with you?!
レグラース本当に……
申し訳ありません。
お身内はあなただけなんです。
確認が難航していて…………頭が……
ないもので……。
どうにも困りました。
誰も侵入した形跡がないのに
こんなひどい有様になっていて
遺体しか見つからないなんて……
とても考えられません。
何の手がかりもないなんて……
どういう事なのか……
見当もつきません。
LegrasseI'm...
I'm sorry...
It's my job, lady. You're the only living relative
and no, we can't check dental records...
...there's no head.
Ah, none of this makes sense.
There's no sign of intrusion,
and there was certainly a lot of force used here.
I have never seen anything like this
in my twenty years on the force.
We have no evidence except for the body...
...and what's left doesn't say much.
We don't have a single clue.
アレックスとにかく,犯人を見つけて下さい。
それまでは,ここを離れません。
いったい何があったの?
この家を調べれば判るはずよ。
真実を知りたいの!
AlexWell, you'd better find out who did this...
I'm not leaving Rhode Island until you do.
There must be some clue in this old mansion
revealing what happened!
I want answers.
レグラース私もです。
何か見つかれば,いいんですがね。
LegrasseSo do I...
I wish I had some.
2週間後……Two weeks later...
祖父の謎の死にショックを受けたのも束の間
遅々として進展しない地元警察の捜査に
業を煮やしたアレックスは
自ら屋敷の調査に乗り出す決心をする。
もし祖父の過去や,彼が殺された事件の痕跡が
あるとすれば,この屋敷をおいて他にない……。
Shocked by her grandfather's mysterious death and
frustrated at the incompetence of the local police. Alex
vows to uncover the truth. She decides to search the
mansion - the place where Edward conducted his research.
If there was a tie to his past, and possibly a tie to his
murderer, it would be here...
(ホールの置時計を調べた場合)
美しい置時計……。動いているようだが
針は3時33分で止まってしまっている。
ネジを巻くカギのようだが……?
カギを取りますか?
いいえ:B はい:A
A beautiful carriage clock. The hands appear to be stuck,
yet the clock continues to tick, with the time permanently
set to three thirty-three. There is a key in the back of the
clock, presumably for winding it.
Should Alex look at the key?
No:B Yes:A
(カギを取った場合)
置時計の後ろに付いていたカギは
ネジを巻くためのカギではなかった。
これはローチェストのカギだ!

アレックスはローチェストのカギを見つけた!
Alex picks up the desk clock, and pulls the key from it.
However, there is something odd about the key - it isn't for
winding it at all! It looks like a Dresser Key!

Alex has found a Dresser Key!
(カギを取った後に置時計を調べた場合)
美しい置時計……。動いているようだが
針は3時33分で止まってしまっている。
A beautiful carriage clock. The hands appear to be stuck,
yet the clock continues to tick, with the time permanently
set to three thirty-three.
(肖像画を調べた場合)
ロイヴァス家の先祖の肖像画が壁に飾ってある。
その表情は暗く陰うつだ。
見る者まで暗い気持ちにさせる……。
Portraits of the ancestral Roivas line the foyer walls. Their
faces reveal a dark, brooding edge. There is something
about each one that gives the viewer an unsettling feeling.
(屋敷から出ようとした場合)
まるでこの屋敷がアレックスに
「行くんじゃない…」と,語りかけているかのようだ。
やはり祖父の事件の秘密を知るまでは
ここから去る事はできない。
The call of the mansion beckons to Alex, drawing her back
to uncover the family secrets it hides. Alex will not leave till
she has learned what happened to her grandfather.
(ホールの窓を調べた場合)
夕暮れの日差しが闇とせめぎ合っている。
ここ数週間のアレックスの気持ちのようだ。
この夕陽が沈んだ時,ただでさえ孤独な彼女を
例えようのない不安が襲う事だろう……。
The last weak rays of sunlight fight the shroud of darkness.
It lends an eerie feel to the last few week's events. As the
sun sets, Alex will be alone in this house, with nothing but
the spirits of old for company.
(2階の扉を開けようとした場合)
この扉には鍵が掛かっている。This door is locked...
(二階のカギを使った場合)
二階のカギは折れてしまった!
直す事ができるのだろうか?

アレックスは壊れた二階のカギを手にした。
The key comes apart in the lock! The Key to the Second
Floor is broken! Perhaps there is a way of repairing it?

Alex has picked up the Broken Second Floor Key!
(カギを壊した後に扉を開けようとした場合)
二階の扉には鍵が掛けられているが
その扉のカギは壊れてしまっている。
扉を開けるには,何とかしてこのカギを
直さなければならない。
The Upstairs Door is locked, and Alex has broken the key!
The key must be repaired somehow before the door can be
unlocked with it.
(書斎の暖炉の絵を調べた場合)
ロウソクの火に照らされ,家系を示す樹の絵が
浮かび上がっている。そこには主立った
ロイヴァス家の人物名が記されている。
In the warm glow of candlelight, the Roivas family tree
hangs from the wall - shadows flitter across its surface,
obscuring the detail. If one looks closely, the family's
secrets are revealed.
(書斎の本棚を調べた場合)
ロイヴァス家の歴史にまつわる本が並んでいる。
家系,出生や死亡記録,不動産証書や令状……。
ロイヴァス家の歴史は苦難に満ちていた。
地中海からの移民であった初期ロイヴァス家は
他の定住者たちから疎んじられていた。
魔術を使うのではないかと疑われ
魔女狩りの際に有罪判決を受け
身を隠さざるを得なかった時もあった。
これらの記憶が世の中から消え
ロイヴァス家はようやく,平穏な生活を
取り戻す事ができたのだ。
These books contain the history of the Roivas family -
genealogy, birth and death records, deeds and writs. The
Roivas history is a troubled one: As Mediterranean
immigrants, the early Roivas were shunned by other settlers
in North America. Suspected of witchcraft, the Roivas were
convicted during the witch-hunts, forcing them into hiding.
As memories faded the Roivas rebuilt their lives.
(書斎の本棚を調べた場合)
他とは雰囲気の異なる一冊の本を見つけた。
その表紙の内側を見ると震えたような筆跡で
「3:33」と書いてある。
アレックスは不思議に思いながらも
その本を元の場所に戻した。
Sorting through the books, Alex sees one that seems to be
placed differently than all the others, as if drawing
attention to itself. Curious, she examines it. Upon the inside
cover, shaky handwriting shapes the numbers "3:33". She
replaces the book.
(書斎の角のソファを調べた場合)
この辺りにあるのは超自然現象に
関連した文献ばかりだ。
怪奇小説や暗黒神話など
幻想的なものが並んでいる。
これらも祖父エドワードの趣味だったのだろうか?
The books in this corner seem to focus on the
supernatural. The writings of Poe, Lovecraft, the poetry of
Blake, the art of Bosch... Everything with a tie to ethereal
horror or fantasy. It is all here, a reference library to the
arcane. Was this Alex's grandfather's secret hobby?
(書斎の奥の本棚を調べた場合)
わずかな隙間風が本棚の下の方から
感じられる。まるで通風孔か何かが
この裏側にあるかのようだ。
A slight draft can be felt issuing from beneath the
bookshelf. Almost as though a vent or empty space is
behind it.
(書斎の奥の古時計を調べた場合)
大きな古時計が
何かを語りかけるようにたたずんでいる……。
←や→を使って針を調整できそうだ。

針を回しますか?
いいえ:B はい:A
This looming grand father clock seems to stand ominously
in the corner, gazing on this empty room with an almost
patriarchal air. Use <- and -> to adjust the clock hands.

Should Alex adjust the clock hands?
No:B Yes:A
(書斎の奥の古時計を3時33分に調整した後に調べた場合)
大きな古時計が
何かを語りかけるようにたたずんでいる……。
This looming grand father clock seems to stand ominously
in the corner, gazing on this empty room with an almost
patriarchal air.
(隠し部屋の壁に掛けられた額に入ったページを調べた場合)
壁に掛けられた額の中には古い書物のページが
収められている。何か書き込まれているが
アレックスには読めない。
An aged page set inside a glass frame hangs on the wall.
An insane scribbling covers the page, incomprehensible to
Alex. Perhaps, if Alex had some kind of Tome it could be
deciphered.
(隠し部屋に掛けられた大聖堂の絵を調べた場合)
ゴシック様式の大聖堂がそびえ立つ
邪悪な空気を漂わせている。
まるで闇を導くために建てられたかのようだ。
This gothic cathedral silhouetted against a stark light.
The image is vicious and devoid of subtlety. Every brush
stroke echoes the spikes of the architecture, imbuing a
violent feeling, as though the building itself is a harsh
imposition on reality. A grim picture, indeed.
(隠し部屋に置かれた謎の仮面を調べた場合)
これは何かの仮面のようだ。表情は穏やかで
かすかだが笑みさえ感じる事ができる。
目は閉じられ何かを深く考えているようだ。
This looks like some kind of mask. The face is serene in
composure, with a faint hint of a smile tugging at the
corners of the mouth and eyes closed in deep meditation.
(隠し部屋の壁に掛けられた寺院の絵を調べた場合)
熱帯のジャングルにひっそりと立つ寺院の絵だ。
恐らくアジア……タイかカンボジア辺りでは
ないだろうか?
A painting of a jungle-shrouded building. It seems to be a
temple in Asia, perhaps from Thailand or Cambodia.
(隠し部屋の壁に掛けられた遺跡の絵を調べた場合)
石でできた遺跡の絵。妙な霧に覆われている。
その細部までもが写実的に描き込まれており
暮らしていた人たちの息吹きが聞こえるようだ。
This is a bizarre drawing of a cyclopean city, its immense
architecture bathed in an unnatural fog. The detail is
incredible - as Alex studies it, she can almost imagine the
city's inhabitants.
(隠し部屋の壁に飾ってあるグラディウスを調べた場合)
古代ローマの武器,グラディウスが飾ってある。
数あるエドワードのコレクションの
一つなのだろうか?
An ancient Roman weapon, a Gladius, is on display above
the fireplace mantle. Another token of eclectic junk.
(グラディウスを取った場合)
アレックスはグラディウスを手に入れた!Alex has acquired a Gladius!
(隠し部屋の壁に掛けられた柱の絵を調べた場合)
おびただしい数の人間がセメントで
固められている。何とも酷い絵だ。
しかし人間一人ひとりの骨格の細部までもが
見事に描き込まれており
確かにおぞましい絵には違いないのだが
目を見張るものがある。
A diabolic drawing of a stack of human bodies, each one
cemented into place! What twisted psyche could have
executed this drawing? Though disturbing, it is meticulously
rendered down to the subtlest detail: the precise anatomy
of fractured bones and the convolutions of spines and ribs
entwine into a mesmerizing sight.
(隠し部屋の祭壇を調べた場合)
ロウソクを備えた小さな祭壇がある。
ロウソクは台の絵に合わせて置かれている。
A small "shrine" of candles. Their placement appears to be
very deliberate, matching the etchings on the table and the
wall's illustration. The candles are unlit.
(隠し部屋の中心の机を調べた場合)
革の表紙に覆われた古い本が置いてある。

本を読みますか?
いいえ:B はい:A
A large leather-bound antique book rests upon the
cluttered desk.

Should Alex read the book?
No:B yes:A
(本を読んだ場合)
パイアス未来に起こる事など知り得ない。
知る必要もない。
しかし,それができるようになり
私は変わった。
お前も変わるだろう。
この書を読めば私と同じように
恐怖を知る事になる。
未来の知識を手に入れるか?
破滅するか?
どちらかだ。
PiousI had no knowledge of what was to come,
nor did I care.
How the knowledge changed me,
it will also change you.

As you read this,
you will come to learn fear as I have.
You, too, will come to understand
or you will perish.
(1章へ…)
前のページへ次のページへ

エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集 トップへ

Amazonで探す

Amazon

エターナルダークネス 全セリフ集の他のページを見る