チャプター10 エドワード - エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集

ネオ維新志士の集い

チャプター10 エドワード - エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集

検索 RSS ログイン

最終更新時間:2011年07月21日 11時31分36秒

このページをはてなブックマークに追加

チャプター10 エドワード - Chapter 10

 Act1 闇のしもべ - Dark Servants

日本語版English Version
チャターガルートRed Path
(ガーディアンに命じるパイアス)
パイアスいいか,私の言う事を良く聞け。
簡単な仕事をしてもらおう。
この屋敷の主人を見つけ出し,殺すのだ。
あとは好きにしてかまわん。
ただし……失敗は許さぬぞ!
PiousYou are not free to leave this plane
until you complete a task for me.
You are to hunt and kill the master of this house.
Do this one thing and you will be free,
else fear the wrath of Chattur'gha.
(謁見の間)
パイアス復活の準備が整いました,マスター。
「星々が列をなす時」を待つばかりです。
それも遠い未来ではありません。
また次のロイヴァス家の者が現れましたが
今度は情け容赦なく始末します。
PiousEverything is complete for your arrival, Master.
Now we must wait for the planets to align,
and that is not too many years from now.
Another Roivas has crossed our path.
This time we will not be so merciful.
チャターガこの世界に情けなどない……。Chattur'ghaMercy has no place in this world.
パイアスそのロイヴァス家の男は
悲惨な死を迎え
一族の血が途絶えるでしょう……。
PiousHe will meet such a horrible death
that the rest of the line
will never set foot in his house again...
チャターガそうなるよう祈るのだ。Chattur'ghaPray to me that they don't.
ウーリアスルートBlue Path
(ガーディアンに命じるパイアス)
パイアスいいか,私の言う事を良く聞け。
簡単な仕事をしてもらおう。
この屋敷の主人を見つけ出し,殺すのだ。
あとは好きにしてかまわん。
ただし……失敗は許さぬぞ!
PiousYou are not free to leave this plane
until you complete a task for me.
You are to hunt and kill the master of this house.
Do this one thing and you will be free,
else fear the wrath of Ulyaoth.
(謁見の間)
パイアス復活の準備が整いました,マスター。
「星々が列をなす時」を待つばかりです。
それも遠い未来ではありません。
また次のロイヴァス家の者が現れましたが
今度は情け容赦なく始末します。
PiousEverything is complete for your arrival, Master.
Now we must wait for the planets to align,
and that is not too many years from now.
Another Roivas has crossed our path.
This time we will not be so merciful.
ウーリアスここは慈悲のない世界。UlyaothMercy has no place in this world.
パイアスそのロイヴァス家の男は
悲惨な死を迎え
一族の血が途絶えるでしょう……。
PiousHe will meet such a horrible death
that the rest of the line
will never set foot in his house again...
ウーリアスそうなるよう祈るがいい。UlyaothPray to me that they don't.
ゼロタースルートGreen Path
(ガーディアンに命じるパイアス)
パイアスいいか,私の言う事を良く聞け。
簡単な仕事をしてもらおう。
この屋敷の主人を見つけ出し,殺すのだ。
あとは好きにしてかまわん。
ただし……失敗は許さぬぞ!
PiousYou are not free to leave this plane
until you complete a task for me.
You are to hunt and kill the master of this house.
Do this one thing and you will be free,
else fear the wrath of Xel'lotath.
(謁見の間)
パイアス復活の準備が整いました,マスター。
「星々が列をなす時」を待つばかりです。
それも遠い未来ではありません。
また次のロイヴァス家の者が現れましたが
今度は情け容赦なく始末します。
PiousEverything is complete for your arrival, Master.
Now we must wait for the planets to align,
and that is not too many years from now.
Another Roivas has crossed our path.
This time we will not be so merciful.
ゼロタース当たり前です。
容赦など必要ありません。
Xel'lotathMercy has no place in this world.
It has only a place for me.
パイアスそのロイヴァス家の男は
悲惨な死を迎え
一族の血が途絶えるでしょう……。
PiousHe will meet such a horrible death
that the rest of the line
will never set foot in his house again...
ゼロタース祈りなさい。
私のために,祈るのです。
Xel'lotathPray to me that they don't.
Pray to me anyway...
(ムービーを見た後またアレックスパートに戻る)
(2階の薬棚をもう一度調べた場合)
棚の上段には錠剤,水薬,軟膏など
各種薬品が納められていた。
自分が世界の命運を握っていると
信じていたエドワードは
自らの健康を大切にしていたようだ。
Inside, an array of unctions, potions, pills and ointments to
cure all ails, including hypochondria. Edward was quite
nervous about his health, as if whole world depended
upon it.
(アレックスがチャプター・ページを読むと,チャプタースタート)

 Act2 闇の遺産 - A Legacy of Darkness

日本語版English Version
1952年 ロードアイランド州,ロイヴァス邸Roivas Family Estate, Rhode Island, 1952 A.D.
エドワード私の知的好奇心は掻き立てられた。
フロイトが唱えた潜在意識論は
チャターガを知る事で影響を受けたのだろうか?
スキナーは,彼の行動主義心理学に
どうやってゼロタースを組み入れるのか?
ユングは,あの集合意識論と
ウーリアスを結びつける事ができたのか?
私は,先祖のマクシミリアンのように……
自分の家系に興味があった。
精神科医として……
我が一族の過去を説明できるのは
心理学理論しかないと信じていた。
私は,胸を躍らせて調査を始めた。
ロイヴァス家の歴史は,実に多彩な
先祖たちで彩られている
魔女裁判で処刑された者たちや
発狂して投獄された者たち……
それぞれが波乱に満ちた運命を辿った。
私は更に,調査を続けようと思う……。
EdwardMy education in psychiatry did not prepare me.
I would love to see how Freud's view of his mother
would change with the knowledge of Chattur'gha.
How Skinner would incorporate Xel'lotath
into his behaviorist theories.
How Jung would accommodate Ulyaoth
into his theory of the collective unconscious.
Like my ancestor Maximillian,
I, too had an interest in my family tree.
As a psychiatrist,
I believed that science could provide answers
into my family's sordid, bizarre past.
It was with great excitement that I began my search.
The mansion's history was filled
with my colorful predecessors -
everything from convicted and hung witches,
to committed madmen,
each laying their own peculiar mark on its character.
I intended to find their secrets...
(書斎の中心の机とソファを調べた場合)
ここは来客をもてなすための部屋だ。
シンプルだが洗練されたレイアウトで
ゆったりとお茶を飲んだり,会話を
楽しんだりする事ができる。
This part of the library is reserved for the entertaining of
the house's more scholarly guests. A simple, yet elegant
layout affords quiet drink and conversation.
(書斎にいるメイドに話しかけた場合)
「何かご用はございませんか?」
礼儀正しく尋ねている。が,特に用はない。
Politely, she asks Edward if there is anything
she can do for him.
(書斎の暖炉を調べた場合)
ロイヴァス家の歴史を記した本が置いてある。A journal of family history rests on the mantle as if used
recently.
(本を取った場合)
エドワードは歴史書を見つけた!Edward has found a Historical Journal!
(本を取った後に書斎の暖炉を調べた場合)
ロウソクの火の中に家系を示す樹の絵が
浮かび上がっている。そこには主立った
ロイヴァス家の人物名が記されている。
Above the warm glow of a kindled fire, the Roivas family
tree hangs from the wall - shadows flitter across its
surface, obscuring the detail. If one looks closely, the
family's secrets are revealed.
(歴史書に挟まっていた物を取った場合)
エドワードは時計の長針を見つけた!Edward has found the Minute Hand of a clock!
(書斎の本棚を調べた場合)
ロイヴァス家の歴史にまつわる本が並んでいる。
家系,出生や死亡記録,不動産証書や令状……。
ロイヴァス家の歴史は苦難に満ちていた。
地中海からの移民であった初期ロイヴァス家は
他の定住者たちから疎んじられていた。
魔術を使うのではないかと疑われ
魔女狩りの際に有罪判決を受け
身を隠さざるを得なかった時もあった。
これらの記憶が世の中から消え,ロイヴァス家は
ようやく生活を取り戻す事ができたのだ。
These books contain the history of the Roivas family -
genealogy, birth and death records, deeds and writs. The
Roivas history is a troubled one: As Mediterranean
immigrants, the early Roivas were shunned by other settlers
in North America. Suspected of witchcraft, the Roivas were
convicted during the witch-hunts, forcing them into hiding.
As memories faded the Roivas rebuilt their lives.

 Act3 使命 - Echo of the Past

日本語版English Version
(書斎の奥まで行くと,どこからか声が聞こえる…)
謎の声エドワード……。VoiceEdward...
(背後からマックスの幽霊が現れる…)
マックスエドワード……。
私を知っているな?エドワード……。
懸命に信じまいとしているようだが

お前の先祖である
マクシミリアン・ロイヴァスだ。

私は幽閉されて死んだ。
世界に警告しようとして……。
その無念さ……そして,怒りと苦しみが
私をこのような姿にしたのだ。
やはり,このまま放ってはおけない……。
闇の世界を消滅させねば……
……さもないと人類は滅びてしまうのだ。
時計の針を3時33分に……。
MaxEdward...!
You know who I am, Edward,
although you are doing your best
not to believe it.
I am, or was,
Maximillian Roivas -
- your ancestor.
I died in an asylum,
after trying to warn the world.
The pain and anguish I felt in that cell
has empowered me to linger after my death.
I must complete what I started, Edward -
- the Darkness must be stopped,
or all of humanity may end.
Set the clock to the thirty-third minute
of the third hour...
(マックスの幽霊,消える…)
(書斎の奥の机を調べた場合)
椅子の上に古い巻物が置かれている。Ancient scroll of paper sits on the chair.
(巻物を取った場合)
エドワードは「マジック・プール」の
スペル・スクロールを見つけた!
Edward has found the "Magick Pool" Spell Scroll!
(ホールの肖像画を調べた場合)
ロイヴァス家の先祖の肖像画が壁に飾ってある。
その表情は暗く陰うつだ。
見る者まで暗い気持ちにさせる……。
Portraits of the ancestral Roivas line the foyer walls. Their
faces reveal a dark, brooding edge. There is something
about each one that gives the viewer an unsettling feeling.
(ホールの窓を調べた場合)
ガラスに分厚く積もったホコリのせいで
この窓から庭を見渡す事ができない。
使用人たちの懸命の手入れにも関らず
屋敷はさびれる一方だ。
A thick layer of grime on the window prevents Edward from
looking out into the garden. Despite the efforts of the
servants Edward hires, the mansion continues to sink into
decay.
(屋敷から出ようとした場合)
エドワードの好奇心が頭をもたげてきた。
この屋敷とロイヴァス家の秘密を解明せずに
ここから去る事はできない。
Edward's curiosity can't leave the mystery alone! He drives
himself to uncover the truth behind the mansion and his
ancestors!
(ホールの置時計を調べた場合)
美しい置時計……動いているようだが
針は3時33分で止まってしまっている。
A large carriage clock, sitting on the foyer table. Beautifully
crafted, but it appears to be stuck - with the hands set
permanently to three thirty-three.
(ホールにいるメイドに話しかけた場合)
エドワードが話し掛けると
「夏至になる前に天気は良くなりますかね?」
などと尋ねてきた。
おかしな質問をしてくるものだ。
As Edward nears, the servant stops mumbling to
herself and asks him if he thinks the weather will
clear up before the Solstice. Edward finds the
reference to the "Solstice" rather odd and ponders
its significance.
(ホールにいる使用人に話しかけた場合)
使用人がエドワードに気付き
「雨の日の思い出」を話し始めたが
エドワードには興味がなかった。
The servant notices Edward's presence
and comments on the weather. Idle chitchat.
(台所の暖炉を調べた場合)
エドワードは.38リボルバーの弾を手に入れた!Edward has found some .38 Revolver Ammunition.
(リボルバーの弾を取ってから台所の暖炉を調べた場合)
この台所には大きな暖炉が備え付けられている。
近代的な設備であるにも関らず
長い間使われていない。
A grandiose kitchen fireplace. With all the amenities of
modern life, it hasn't been used in quite some time.
(台所にいる使用人に話しかけた場合)
使用人がエドワードに気付き
「雨の日の思い出」を話し始めたが
エドワードには興味がなかった。
The servant notices Edward's presence
and comments on the weather. Idle chitchat.
(食堂のピアノを調べた場合)
エドワードはピアノを習った事はないが
時折,鍵盤を叩いてみたくなる。
それだけでも心の安らぎになっていたので
いつかはレッスンを受けたいと思っている。
Edward has never learned the piano, but that has not
stopped him from hammering away at the keys now and
again. It is very therapeutic. Perhaps one day he would
learn it properly.
(食堂にいる使用人に話しかけた場合)
「さあ,旦那様の御望みの通りに
テーブルをセットさせて頂きました。」
と,この使用人は言った。
Puttering around with the crockery, the servant
informs Edward that the table has been set for
him just as he likes it.
(食堂の壁のセイバーを調べた場合)
古ぼけた騎兵隊のセイバーが
壁際の台に飾られている。
An antique cavalry Sabre, mounted on a display stand,
gleams in the moonlight.
(セイバーを取った場合)
エドワードはセイバーを手に入れた!Edward has acquired a Sabre!
(食堂の暖炉を調べた場合)
風変わりな絵が暖炉の上に飾ってある。
何か特別な意味があるのだろうか?
A bizarre decorated mantle frames the fireplace. Adorned
with odd sigils, arranged in a circular fashion, it is unlike
most of the art in the house. Perhaps this has some
special significance?
(2階廊下の風景画を調べた場合)
見る者の心に響く美しい風景画だ。
18世紀の植民地開拓時代に描かれたもので
今では値をつけられないほどの宝物である。
エドワードのお気に入りの一枚だ。
A lustrous landscape reflecting the spirit of the American
colonists. This painting pre-dates the 18th century. A
priceless treasure, Edward has taken care of it by brushing
off dirt with rubbing alcohol.
(2階廊下にいるメイドに話しかけた場合)
神妙な面持ちでエドワードに話しかけてきた。
「天気は悪くなって行く一方なのでしょうか?
こんなにも悪い天気が続くだなんて
今まで一度も聞いた事がありません。」
She informs Edward that she believes the
weather will worsen, and that she hasn't heard
it being this bad for many decades.
(2階廊下のステンド・グラスを調べた場合)
この廊下には場違いなステンド・グラスだ。
屋敷の設計者は,かなり変わった感性の
持ち主だったのだろう……。
An exorbitant and out-of-place stained glass window ends
the hallway. Whoever put it here had eclectic taste, and
confirms Edward's belief that the mansion is more "folly"
than a real house.
(2階寝室の絵を調べた場合)
憂うつな絵が飾られている。
寝室にしては異様な装飾が施された部屋だ。
全てが毒々しく,とても健全な精神の
持ち主の手によるものとは思えない。
Brooding, melancholic paintings adorn the walls. Strange
choices of decoration for a bedroom. Each one seethes
with a virulence that could only have been wrought by an
unsound mind.
(2階寝室の暖炉を調べた場合)
エドワードは.38リボルバーの弾を手に入れた!Edward has found some .38 Revolver Ammunition.
(リボルバーの弾を取ってから2階寝室の暖炉を調べた場合)
大きな暖炉がベッドの向かいに
備え付けられている。
ここで薪をくべれば
快適に暖を取れるだろう。
An expansive fireplace inset on the wall, faces the bed. No
doubt if it were lit, it would make the room quite cozy.
(2階寝室にいる使用人に話しかけた場合)
エドワードの体調を気遣いながら
この使用人は礼儀正しく声を掛けてきた。
Courteously, the servant asks if Edward
is in good health.
(2階寝室のローチェストを調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(2階バスルームのバスタブを調べた場合)
エドワード専用のバスルーム。
地味で簡素だが実用性に秀でており
十分満足できる造りだ。
The master bathroom is woefully spartan and only barely
contemporary. It appears to satisfy the most practical of
tastes, or perhaps someone who has their mind set on
other things.
(2階ガン・キャビネットのある部屋のベッドを調べた場合)
植民地時代のデザインと思われる
シンプルなベッド。
長い間使われていないが
清潔に保たれている。
A spartan bed, vaguely fashioned after colonial trends,
offers small comfort to the weary. It hasn't been slept in
for a long time, and that in itself is testament to its
luxury.
(2階ガン・キャビネットのある部屋の絵を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(2階ガンキャビネットのある部屋の絵を調べた場合)
エドワードはエレファントガンの弾を
手に入れた!
Edward has found some Elephant Gun Ammunition!
(ショットガンの弾とエレファントガンの弾を取ってから2階ガン・キャビネットのある部屋の絵を調べた場合)
ナポレオンのような服装をした男の絵だが
明らかにプロポーションが不自然である。
An oddly proportioned painting of a man in somewhat
Napoleonic garb. Obviously an intentional exaggeration, it
gives the painting an oddly quirky feel.
(2階ガン・キャビネットのある部屋にいる使用人に話しかけた場合)
エドワードの体調を気遣いながら
この使用人は礼儀正しく声を掛けてきた。
Courteously, the servant asks if Edward
is in good health.
(2階のガン・キャビネットのある部屋の長椅子を調べた場合)
長椅子の上にロイヴァス家の歴史書が置かれている。A journal of family history rests on the bench.
(歴史書を取った場合)
エドワードは歴史書を手に入れた!Edward has found a Historical Journal!
(歴史書に挟まっていた物を取った場合)
エドワードは時計の短針を見つけた!Edward has found the Hour Hand of a clock!
(2階使用人のバスルームのバスタブを調べた場合)
このバスルームは昔,使用人たちが
住み込みで働き始めた頃に造られた物だ。
使用人たちが寝泊りしていた部屋も
あったそうだが既に取り壊されたらしい。
This room is a holdover from the days when the servants
were all residential help, living in the mansion. Rumor has it
that the old servants' quarters were demolished long ago.
(2階使用人のバスルームにいるメイドに話しかけた場合)
エドワードに気付かず不平を洩らしている。
「なぜこの屋敷はいくら掃除しても
きれいにならないのかしら……?」
Muttering to herself as she works, the servant
comments on how the mansion is never really
clean.
(書斎の奥の古時計を調べた場合)
大きな古時計が
何かを語りかけるようにたたずんでいる……。
確かにマックスは時計を合わせるように言った。
しかし,時計には針が見当たらない。
どこかで針を見つけなければ……。
A looming grandfather clock stands ominously in the
corner, gazing on the empty room with an almost
patriarchal air of its own. The ghost asked Edward to set
the clock, but there are no hands on it. Edward must find
the clock hands so he can set it properly.
(書斎の奥の古時計に針を1つつけてから調べた場合)
確かにマックスは時計を合わせるように言った。
しかし時計には針が一本しかない。
もう一本の針を見つけなければ……。
The ghost asked Edward to set the clock, but there is only
one hand on it. Edward must find the other clock hand so
he can set it properly.
(書斎の奥の古時計に針を2つつけてから調べた場合)
針がそろったので時計を合わせる事ができる。

針を回しますか?
いいえ:B はい:A
The ghost asked Edward to set the clock and now, with
two hands on the clock face, it can be adjusted.

Should Edward adjust the clock?
No:B Yes:A

 Act4 マックスの想い - The Legacy Unveiled

日本語版English Version
(時計の仕掛けを解いて隠し部屋に入ると,またマックスの幽霊が現れる…)
マックスどれでも使って構わない……

我々に残された希望の品々だ。
奴らを滅ぼして……
私の死を無駄にしないでくれ……。
MaxTake them,
and use them.
They are humanity's only hope.
Destroy the Guardians, Edward,
and avenge my wasted death...
(マックスの幽霊,消える…)
(隠し部屋の額に入ったリボルバーを調べた場合)
弾の入ったリボルバーが
壁に設置された額の中に飾られている。
A loaded Revolver is mounted on the wall by means of a
display plaque.
(リボルバーを取った場合)
エドワードはリボルバーを手に入れた!Edward has acquired a Revolver!
(隠し部屋に掛けられた大聖堂の絵を調べた場合)
ゴシック様式の大聖堂がそびえ立つ
邪悪な空気を漂わせている。
まるで闇を導くために建てられたかのようだ。
This gothic cathedral silhouetted against a stark light.
The image is vicious and devoid of subtlety. Every brush
stroke echoes the spikes of the architecture, imbuing a
violent feeling, as though the building itself is a harsh
imposition on reality. A grim picture, indeed.
(隠し部屋の壁に掛けられた寺院の絵を調べた場合)
エドワードはエレファントガンの弾を
手に入れた!
Edward has found some Elephant Gun Ammunition!
(エレファントガンの弾を取ってから隠し部屋の壁に掛けられた寺院の絵を調べた場合)
熱帯のジャングルにひっそりと建つ寺院の絵だ。
おそらくアジア……タイかカンボジア辺りでは
ないだろうか?
A painting of a jungle-shrouded building. It seems to be a
temple in Asia, perhaps from Thailand or Cambodia.
(隠し部屋の壁に掛けられた都市の絵を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(ショットガンの弾を取ってから隠し部屋の壁に掛けられた都市の絵を調べた場合)
現実離れした都市の絵だが
細部まで描き込まれている。
昔の人が未来都市を想像して
描いたものだろうか?
じっと絵を見つめていると
都市の住人が,影の中からこちらを
見返しているようにさえ感じる。
A detailed drawing of a surreal city, reminiscent of old ideas
for futuristic cities. Its draftsman was very talented, for as
he stares, he believes tiny inhabitants peer at him from the
shadows.
(隠し部屋の壁に掛けられた柱の絵を調べた場合)
エドワードは.38リボルバーの弾を手に入れた!Edward has found some .38 Revolver Ammunition.
(リボルバーの弾を取ってから隠し部屋の壁に掛けられた柱の絵を調べた場合)
おびただしい数の人間がセメントで
固められている。何とも酷い絵だ。
しかし人間一人ひとりの骨格の細部までもが
見事に描き込まれており
確かにおぞましい絵には違いないのだが
目を見張るものがある。
A diabolic drawing of a stack of human bodies, each one
cemented into place! What twisted psyche could have
executed this drawing? Though disturbing, it is meticulously
rendered down to the subtlest detail: the precise anatomy
of fractured bones and the convolutions of spines and ribs
entwine into a mesmerizing sight.
(隠し部屋の隅の台を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(隠し部屋の中心の机の上の本を調べた場合)
見た事もない革の表紙で装丁された本が
他の本や書類の間に置いてある。

本を取りますか?
いいえ:B はい:A
A strange leather-bound tome sits closed amidst piles of
books and papers.

Should Edward pick up the tome?
No:B Yes:A
(本を取った場合)
エドワードはエターナルダークネスの書を
手に入れた!
Edward has acquired the Tome of Eternal Darkness!
(エターナルダークネスの書を取ってから隠し部屋の中心の机を調べた場合)
机の上には古びた書面が置かれている。
これは狂気に駆られたマックスの
単なる殴り書きに過ぎないのか?
それとも人類の救世主として,暗闇との
戦い方を書き残してくれたのだろうか?
Upon the desk was the work of a madman - frantic
scribbling on torn notepaper that had somehow weathered
the years. Were these Maximillian's ravings, laid out in
choppy scrawls of ink? Or the testament of Humanity's
savior, waiting to fuel the battle against the Guardians?
(書斎の奥の古時計を調べた場合)
大きな古時計が
何かを語りかけるようにたたずんでいる……。
A looming grandfather clock stands ominously in the
corner, gazing on the empty room with an almost
patriarchal air of its own.
(エターナルダークネスの書を取ってから書斎に戻ると,ヴァンパイアが出現し,メイドや使用人を襲い始める!)
(書斎でヴァンパイアが逃げた際に割った花瓶を調べた場合)
割れた花瓶の中から
折れたカギの半分が出てきた。
床の上で妖しく輝いている。
Half a key tumbles out from the vase that has been
toppled and smashed. it glints on the floor.
(折れたカギを取った場合)
エドワードは地下室のカギ(下半分)を
拾った!
Edward has found the Bottom Half of the Basement
Key!
(メイドや使用人がヴァンパイアに襲われている最中に話しかけた場合)
恐怖で動く事も話す事もできない。The servant is too frightened to move
or speak!
(2階寝室でヴァンパイアに襲われている使用人を助けてから話しかけた場合)
死の恐怖から救い出してもらい
エドワードに深く感謝している。
「まだ化け物が近くにいるかもしれません。
是非,もっと強力な武器をお持ち下さい。」
と言いながら,ポケットからカギを取り出し
手渡してくれた。

エドワードはガン・キャビネットのカギを
もらった!
Shaken by his brush with death, the servant gives
his thanks. He warns that the creature might still
be around, and extra firepower would be handy.
Reminded by his own words, he fishes a key from
his pocket and gives it to Edward.

Edward has been given the Gun Cabinet Key!
(2階ガン・キャビネットのある部屋でヴァンパイアに襲われている使用人を助けてから話しかけた場合)
使用人は,化け物から救ってくれたエドワードに
そっとお礼の品を手渡した。

エドワードはエレファントガンの弾を
手に入れた!
Grateful for having their life spared from
the monster, the servant offers a token
of thanks.

Edward has found some Elephant Gun Ammunition!
(2階のガン・キャビネットを調べた場合)
この年代物のガン・キャビネットは
今ではもう手に入らない貴重な物だ。
銃を取り出すためにガラスを割るのは忍びない。
カギはどこにあるのだろう?
Edward is reassured at the sight of the family gun cabinet,
itself a priceless antique. He would rather not have to
smash the windows to get inside. But where did he leave
the key?
(ガン・キャビネットを開けてから調べた場合)
中にはエレファントガンがある。The Gun Cabinet is now unlocked...
(エレファントガンを取った場合)
エドワードはエレファントガンを
手に入れた!
Edward has acquired an Elephant Gun!
(ホールでヴァンパイアに襲われている使用人を助けてから話しかけた場合)
使用人は,化け物から救ってくれたエドワードに
そっとお礼の品を手渡した。

エドワードはショットガンの弾を手に入れた!
Grateful for having their life spared from
the monster, the servant offers a token
of thanks.

Edward has found some Shotgun Shells!
(食堂でヴァンパイアに襲われている使用人を助けてから話しかけた場合)
使用人は,化け物から救ってくれたエドワードに
そっとお礼の品を手渡した。

エドワードはショットガンの弾を手に入れた!
Grateful for having their life spared from
the monster, the servant offers a token
of thanks.

Edward has found some Shotgun Shells!
(2階廊下でヴァンパイアに襲われているメイドを助けてから話しかけた場合)
怪物の魔の手から逃れ,死の恐怖から開放された
使用人はエドワードに深く感謝している。
Free from the claws of the monsters and the
clutches of certain death, the servant profusely
thanks Edward for saving her life.
(ヴァンパイアを3回撃退した場合)
走り去る間際に,ヴァンパイアは
カギの破片を落として行った。

エドワードは地下室のカギ(上半分)を
拾った!
In its desperation to escape from Edward, the vampire
creature drops the top half of a key onto the floor.

Edward has picked up the Top Half of the Basement
Key!
(地下室のカギを半分ずつ組み合わせた場合)
エドワードは壊れた地下室のカギを
手に入れた!
Edward has assembled the Broken Basement Key!
(壊れた地下室のカギにエンチャント・アイテムを使用した場合)
元に戻った!This item has been repaired!
(地下室の扉を開けようとした場合)
この扉には鍵が掛かっている。This door is locked...
(地下室の石碑を調べた場合)
見た事もない石碑が建っており
その表面にはルーンが刻まれている。
A simple obelisk made from an alien stone sits atop the
well. A runic design is carved into one side, proclaiming its
allegiance.
(地下室の井戸のそばの樽を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(地下室の棚を調べた場合)
古びた巻物が,ホコリをかぶった
棚の上に置かれている。
A tattered scroll lies on the dusty shelf.
(巻物を取った場合)
エドワードは「サモン・ホラー」の
スペル・スクロールを見つけた!
Edward has found the "Summon Horror" Spell Scroll!
(地下室の台を調べた場合)
エドワードはエレファントガンの弾を
手に入れた!
Edward has found some Elephant Gun Ammunition!
(地下室の壁に掛けられたショットガンを調べた場合)
年代物のダブル・ショットガンが
壁に掛けてある。
Hidden in the shadowy corner of the basement, an antique
Double Shotgun is displayed on the wall.
(ショットガンを取った場合)
エドワードはダブル・ショットガンを
手に入れた!
Edward has acquired a Double Shotgun!
(地下室の木箱を調べた場合)
エドワードは.38リボルバーの弾を手に入れた!Edward has found some .38 Revolver Ammunition.
(地下室の木箱を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(地下室の台を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(地下室の台を調べた場合)
エドワードはショットガンの弾を手に入れた!Edward has found some Shotgun Shells!
(地下室の台を調べた場合)
エドワードは.38リボルバーの弾を手に入れた!Edward has found some .38 Revolver Ammunition.
(地下室の台を調べた場合)
エドワードはエレファントガンの弾を
手に入れた!
Edward has found some Elephant Gun Ammunition!
(地下室の樽を調べた場合)
年代物のワイン樽が置いてある。
どんなに人生に行き詰った時でも
この深紅の一杯さえあれば,立ち向かう
勇気が沸き起こるというものだ。
A couple of barrels of vintage port. No matter how bad life
gets, one can always look to the brighter side of things
with the old scarlet rush!
(ヴァンパイアを倒してから地下室の井戸を調べた場合)
井戸の中には闇に続く梯子が
遥か下方へと伸びている。

梯子を降りますか?
いいえ:B はい:A
Inside the well, a crumbling ladder leads down into the
cloying darkness.

Should Edward venture down the ladder?
No:B Yes:A
(地下2階の窓からエンガの遺跡を見た場合)
チャターガルートRed Path
マックスは嘘などついていなかった。
その遺跡は実在したのだ!
闇の中,まばゆい光を放ちながら
遺跡はその姿を浮かび上がらせている……。
しかしチャターガのガーディアンたちが
その中で待ち構えているかと思うと
エドワードは震え上がらずには
いられなかった……。
遺跡の周囲を九つの塔が取り囲んでいる。
恐らく,そこから膨大なエネルギーが
供給されているに違いない。
Maximillian had not lied. The city is miraculous! It glows in
the darkness like an incredible jewel. But the thought of
what lies inside, the Guardians of Chattur'gha, makes
Edward shiver with fear. Nine great towers dwarf the
surrounding city. Perhaps the towers serve as a focus,
channeling great tides of energy into the city itself?
ウーリアスルートBlue Path
マックスは嘘などついていなかった。
その遺跡は実在したのだ!
闇の中,まばゆい光を放ちながら
遺跡はその姿を浮かび上がらせている……。
しかしウーリアスのガーディアンたちが
その中で待ち構えているかと思うと
エドワードは震え上がらずには
いられなかった……。
遺跡の周囲を九つの塔が取り囲んでいる。
恐らく,そこから膨大なエネルギーが
供給されているに違いない。
Maximillian had not lied. The city is miraculous! It glows in
the darkness like an incredible jewel. But the thought of
what lies inside, the Guardians of Ulyaoth, makes Edward
shiver with fear. Nine great towers dwarf the surrounding
city. Perhaps the towers serve as a focus, channeling great
tides of energy into the city itself?
ゼロタースルートGreen Path
マックスは嘘などついていなかった。
その遺跡は実在したのだ!
闇の中,まばゆい光を放ちながら
遺跡はその姿を浮かび上がらせている……。
しかしゼロタースのガーディアンたちが
その中で待ち構えているかと思うと
エドワードは震え上がらずには
いられなかった……。
遺跡の周囲を九つの塔が取り囲んでいる。
恐らく,そこから膨大なエネルギーが
供給されているに違いない。
Maximillian had not lied. The city is miraculous! It glows in
the darkness like an incredible jewel. But the thought of
what lies inside, the Guardians of Xel'lotath, makes Edward
shiver with fear. Nine great towers dwarf the surrounding
city. Perhaps the towers serve as a focus, channeling great
tides of energy into the city itself?
(地下4階の遺跡を調べた場合)
マックスが書き残した通りエンガの遺跡は
ガーディアンたちに支配されていた。
もともと暮らしていた住民たちは全て虐殺され
魔物の食料と化し,その文明はついえた。
忘れ去られた過去の繁栄はその痕跡さえも消え
化け物どもの声だけがこだましていた。
As Maximillian had mentioned, the Ruins of the ancient city
of Ehn'gha were parasitized by the Guardians. They had
slaughtered the original inhabitants and fed upon them,
laying waste to their civilization. The ghosts of the glorious
past lie forgotten, and the chitterings of the parasites echo
amongst the remnants of their legacy.
(地下5階遺跡最深部の装置の手前の台座を調べた場合)
パイアスが禁断の迷宮で
見たのと同じ台座だ。
その時は上にエンシャントの秘宝が
置かれていたが,今は何もない。
These plinths look like the ones Pious had encountered in
the Forbidden City - where he found the Essences of the
Ancients. Edward briefly wonders what their purpose could
be.
(地下5階遺跡最深部の装置を調べた場合)
パネルらしき物がついた複数の柱が
中央にある装置を取り囲んでいる。
まるで大きなパワー・サークルのようだ。
この装置を使ってスペルを唱えれば
エンガの遺跡を救えるのかもしれない。
何とかしてこの遺跡から邪悪な呪いを
取り除かなければ……。
It would seem as though the array itself serves as a
massive Circle of Power. Each switch around the perimeter
of this room corresponds to a focusing tower where a
Rune may be scribed. Once a spell has been scribed it is
magnified by the array. Could this be the Guardian City's
weakness? If one could somehow remove the magick from
this area...
(地下5階遺跡最深部の装置の周りの石柱を調べた場合)
石柱からエネルギーの波動が伝わってくる。

手を触れてみますか?
いいえ:B はい:A
A pulsating field of energy emanates from the stone.

Should Edward touch the field?
No:B Yes:A
(遺跡の各塔の頂上から周りを調べた場合)
ここにある塔は,周りから魔法のエネルギーを
集めているように思われる。
恐らくルーンを先端にセットする事によって
エネルギーと交流できるのだろう。
塔自身がパワー・サークルを形成している
と言う事なのだろうか?
These spires appear to be focusing magickal energy from a
nearby source. Perhaps, if a Rune is marked on the spire it
will affect the flow of magick... Could the spires themselves
serve as a Circle of Power?
(地下3階北側真ん中の部屋のレバーを調べた場合)
レバーが備え付けられている。

レバーを下ろしますか?
いいえ:B はい:A
A lever is situated nearby.

Should Edward pull the lever?
No:B Yes:A
(地下3階南西の部屋の巨大な石のブロックを調べた場合)
巨大な石のブロックが部屋の中央に据えられている。
これは芸術作品か?或いは何かの石碑なのか?
それとも,かつてここに住んでいた人たちの
墓石なのだろうか?だとしたら邪悪な支配者が
住民たちをこの下に押し込めたのだろうか……?
A huge stone block, marked with bizarre etchings dominated
the room. Is it art? A memorial? A tomb of the original
inhabitants, or bastardized interment of its loathsome
conquerors?
(地下5階遺跡最深部の装置の周りのすべての石柱のスペルを正しくセットし正しいスペルが完成した場合)
全てのルーンをセットしたために巨大な
エネルギーを持ったスペルが発動した!
ここにいては危険だ……。
遺跡から脱出しなければならない!
Edward's meddling with the arrays has conjured incredible
energies that are now building up inside the city and can't
be contained for long! Edward needs to escape the city!

 Act5 運命 - Death comes to us all

日本語版English Version
(地下2階まで戻ると遺跡の装置のスペルが発動し,遺跡の魔物たちを一掃する)
48年後……48 years later...
(屋敷で読書するエドワードの背後にガーディアンが忍び寄り,エドワードを殺害する…)
章 終了Chapter Complete

 Act6 勝利のビジョン - A Vision of Victory

日本語版English Version
チャターガルートRed Path
パイアスマスター,悪い知らせです。
エンガの遺跡にいた
手下どもが全滅しました。
もう駄目かもしれません……。
PiousMaster, I bring thee grave news.
A colony of Guardians
in the Ruins of Ehn'Gha has been decimated.
Without them, I fear we are lost.
チャターガ心配するな。
取るに足らん!
俺には輝ける未来が見えているのだ。
教えてやろう……
俺がこの爪でゼロタースの奴を……
……奴の体を,バラバラになるまで
引き裂いているのだ。

俺は見た。
必ずそうなるのだ。
Chattur'ghaYour fears are unfounded, servant.
This news is irrelevant!
I have seen the future that will come to pass...
In this vision,
I see myself crushing Xel'lotath,
as I was destined to do.
My many mouths consume its body from all sides,
gnawing at it, until nothing remains.
This I have seen.
This is what will be.
パイアスその未来を信じるのですね?PiousYou would place all our faith in a vision?
チャターガそうだ,俺が貴様を信じてきたように,な。Chattur'ghaYes, just as I have placed all my faith in you...
ウーリアスルートBlue Path
パイアスエンガの遺跡にいた手下どもが全滅しました。
ご報告するのは大変心苦しいのですが……。
PiousMaster, I am saddened to report the destruction
of the Guardian colony at the Ruin of Ehn'Gha.
ウーリアス私が知らないとでも思っていたのか?
全て判っている。
私にとっては些細な事。
より大きな目的の手段でしかない。

戦争で犠牲が出るのと同じ事だ。
UlyaothI am not without eyes, servant -
I knew of their loss as it happened.
It is not a concern of mine.
The Guardians were merely tools
to forward the greater cause.
Think of them as casualties of war.
パイアスしかし,この全滅で力のバランスが崩れています。PiousBut the balance of power has shifted with their loss.
ウーリアスふざけた事を!
バランスだと?
バランスなど始めから存在しない。
そんな事,気にする必要もない。
予定通りに我々の計画は進む。
すでに未来は見えている。
チャターガと私は
激しい戦いを繰り広げるのだ。
その戦いの末,あの者は屈し
無力な存在となる。
UlyaothNonsense!
Balance?
There has never been balance!
If anything, we shall remove all balance.
Our plan continues as predicted.
I have seen the future, Pious,
and it portends a great battle
between myself and the great being of matter.
Chattur'gha will fall to my superiority.
The power of Chattur'gha is useless against me.
パイアスもちろん,そうなるのでしょう。
門の準備も整っております。
PiousOf course, as it was meant to be.
The gates will be readied, just the same.
ウーリアス勝利を我等に。
根気よく……しもべよ……慎重に……。
UlyaothWe shall overcome.
Be patient, my servant, be patient...
ゼロタースルートGreen Path
ゼロタース悪い知らせですね?
良くない事が起こった……
ここに来たのは,それ以外にありません。
Xel'lotathDo you bring news of disaster, Augustus?
And if not, we wonder why not...
since disaster has struck...!
パイアス……はい。
エンガの遺跡にいた手下どもが全滅いたしました。
強力な魔法が使われたようです。
一匹残らず,やられました……。
PiousYes, your colony of Guardians
in the Ruins of Ehn'Gha has been eradicated.
A great magick wrought massive destruction there.
Not a single Guardian escaped.
ゼロタース仕方がないでしょう……。
ほんの一部を失ったに過ぎません。
手下はまだ,いくらでもいます。
知らせはそれだけ?
Xel'lotathYour concern is touching, but out of place.
There are other Guardian colonies.
The loss of one is meaningless.
That is the only disaster you report?
パイアスはい,マスター。それだけです。PiousYes, my magnificence.
There are no others.
ゼロタース嘘つき……何を企んでいます?Xel'lotathAnd what of your treachery to us?
パイアス何の事でしょう?PiousTreachery?
ゼロタース私を裏切ろうとしても無駄。
あなたの力では,どうする事もできない。
あなたは無力なのです。
力の違いを知るべきです。
無駄なあがきはやめなさい。
未来は既に決まっているのです。
私には見えます。
はっきりとした未来の姿が……。
無限の時空を支配するウーリアスを……
私が倒している姿が見えます。
時空を操る魔法など
私の精神を支配する力の前では
無力に砕け散るだけなのです。
Xel'lotathAll in good time.
It matters not that you bear us ill will, Augustus.
It will come to no end.
You lack the power to destroy me -
Or even elevate yourself to our level...
The future has unfolded before me,
through a vision.
One of my many visions...
A vision of my conquering the Absent Horror -
- Ulyaoth, master of the planes.
The magick of the planes is no match
for the power of the mind,
and thus, it will be destroyed.
パイアス門の準備をいたします。
マスター,あなたの輝かしい復活に栄光あれ!
PiousThen the gates shall be opened,
and you shall once again grace the Earth
with your presence.
(10章 終了まで読む事ができた場合)
アレックスは本の間にまぎれていた
紙の切れはしを見つけた。
エドワードの秘密のメモのようだ。
Alex finds a scrap of paper tucked between the pages of
the tome. It appears to be a Note from Edward.
(地下室のワイン樽を調べた場合)
ワイン樽の間に何かある。

取りますか?
いいえ:B はい:A
There is something stashed between the barrels of port.

Should Alex pull it out?
No:B Yes:A
(取った場合)
アレックスはツルハシを手に入れた!Alex has found a Pickax!
(2階廊下のマックスの幽霊が入っていった辺りの壁を調べた場合)
ここの壁紙だけが他の部分と違う。
何か秘密が隠されているのだろうか?
This wallpaper in this section of the hallway is oddly
marred, as though the wall it sits on is not even with the
rest of the room.
(ツルハシを使って壁に穴を開けると,11章Act1のムービーへ…)
前のページへ次のページへ

エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集 トップへ

Amazonで探す

Amazon

エターナルダークネス 全セリフ集の他のページを見る