マックスの解剖書 - エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集

ネオ維新志士の集い

マックスの解剖書 - エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集

検索 RSS ログイン

最終更新時間:2011年07月21日 11時53分49秒

このページをはてなブックマークに追加

マックスの解剖書

 マントロク・ゾンビの分析結果 - Analysis of "Mantorok Zombie"

日本語版English Version
動き回る人間の死体
特別な特徴や
弱点はない

乾いた筋肉や
皮膚で構成される
特に脅威に
なるほどではない
A living human
corpse, it has
no special
attributes
or
weaknesses.

It is very weak
- composed of
dried sinew
and skin.
マックス死体だ!
ふらふらと歩く腐っている死体だ!
どのようにして,この化け物が
生み出されたのか?!?!
人間の仕業ではない……??
悪魔の儀式?
なぜ……なぜ死んだものが
このように生きているのか?!?!
そしていつも飢えているのか。
奴等は肉を……
人間の肉を欲している。
そして人間の臓器全てが
奴等の餌となるのだ。
MaxCorpses!
Lumbering, rotting cadavers!
What contrivance could have wrought this...
this...this abomination?!?!
Diseased science..??
Blasphemous occult rituals?
How can something so...so dead,
yet be so alive?!?!
And hungry...!
They lust for flesh...
Human flesh...
and feast upon all the sweetbreads
a man has to offer!!

 チャターガ・ゾンビの分析結果 - Analysis of "Chattur'gha Zombie"

日本語版English Version
強靭な筋肉組織は驚異的な
回復力を有する
他のゾンビに比べ,
倒すには大きな
攻撃力が必要

再生能力を持って
いるために完全に
とどめを刺さねば
ならない
Firm musculature
means a resilient
organism. These things
can take more damage
than others.

Limbs regrow unless
the creature itself
is destroyed.
マックス醜い姿の生き物だ。
全身の皮がはがれている!
さまよい歩き……
血を撒き散らし……
人間の肉を喰らう事しか頭にない……
魂のない抜け殻だ。
たとえ頭が無くなろうとも
人間への憎悪は増すばかり。
狂気に満ちた血が欲しているのだ。
近付くもの全てを殺せと!
MaxThese wretched creatures,
these flayed corpses!
Wandering,
decrepit soulless vessels,
content only to gnaw on human meat,
to spill human blood...
Even...even headless,
their hate for the living grew in propensity...
flailing maniacally in their blood lust...
killing anything close!

 ゼロタース・ゾンビの分析結果 - Analysis of "Xel'lotath Zombie"

日本語版English Version
手足や首を切断した後も
「幻覚」のようになって
存在し,見ているものを
惑わす

身にまとっている
包帯は簡単に
火がつく
Limbs regrow as
"phantom entities"
when severed,
causing deep rooted
insanity in the
observers.

The wrappings of the
mummy are highly
combustible, and catch
fire easily.
マックス死体処理用に巻かれた包帯でも
死の空虚ささえも
狂気は抑える事ができない。
その力の源はゼロタース。
永遠の叫び声という
騒音によって強制的に
実存に追いやられ
これらの死体は生きかえった。
奴等は無理やり生かされているのだ。
ゆっくりと……
うめきながら……
叫びながら!
MaxNeither the embalming salve of their wrappings,
nor the numbness of death,
could override the dominating madness
that is Xel'lotath.
Controlled...
prodded into an existence by an incessant
cacophony of voices,
penetrating every level of their psyches,
these corpses are coerced into life...
Ambling...
Moaning...
SHRIEKING!

 ウーリアス・ゾンビの分析結果 - Analysis of "Ulyaoth Zombie"

日本語版English Version
首をはねれば
戦うのをやめる

腹部に溜まった
腐敗ガスが脅威だ
爆発には要注意!
Severing the head
will prevent it from
singing

Accumulation
of gas in the
abdomen
resulting from
decomposition
is a serious threat.
Watch out for
explosions!
マックス内側から腐り……
飢えた魚によって肉体を食いちぎられ
水没した墓の中で異臭を放つ。
そして,このようなゾンビが現れたのだ。
朽ち果てた内臓があふれ……
歩きながら腐った肉汁を垂れ流している。
それを塗りつけようとでもするかの如く
一歩ずつ近づいてくる。
MaxRotted from within.
Worried apart by the ravening fish
and parasitic foetor of their sunken graves...
these drowned zombies emerged,
spilling their festering entrails
and slopping fluids with each pain ridden step...
Each step hoping to bring an end
to their pain by spreading it to others.

 トラッパーの分析結果 - Analysis of "Trapper"

日本語版English Version
この尾が何らかの
エネルギーと
通じている様だ
Cyst-like
structures
on the tail
channel energy.
マックスこの世界を超越した世界が存在する
見る事のできない世界……
決して……。
我々の目は完全ではない。
見てみよう……。
目を開けて……。
だが,十分に目を見開いた所で
決して見る事はできないだろう。
絶対に……。
現実を超えたところに存在する世界……
真実の裏側……
そこは我々を守ってくれる。
奴等から……。
エンシャントや
深い闇……そう……
我々には理解できない。
理解すべきでない事。
おお,無知とはすばらしい!!
理解したらきっと
まともではいられないだろう!!
MaxThere are worlds beyond this one,
worlds as we've never seen...
nor can we...
Our eyes do not open far enough...
Try it...
try holding your eyes open...
you can try holding them open as much as you want,
but you'll never see...
never ever see...
The world beyond the veil...
The Veil of Reality...
It's there to protect us,
from them:
the Ancients...
the Darkness...that...which...
we...CANNOT... understand.
Nor should we...
Welcome the oblivion of ignorance!!
For to have knowledge...
is to be DAMNED!!

 チャターガ・ボーンシーフの分析結果 - Analysis of Chattur'gha "Bonethief"

日本語版English Version
人体を乗っ取り
身を守っている

頭を切り落とせば
即死する
The creature
wears the skins
of people to
protect itself

Severing its neck
kills the creature
instantly
マックス奴等は我々の闇に密かに存在している。
後ろにいるかもしれない。
私は奴等のやり方を知っている。
卑劣極まりない!
我々が服を着るように人間の皮をまとう。
我々の目から姿を隠すために!
知らないうちに
紛れ込み……
操り……
我々を支配している。
我々には見えない!!!
奴等が見えないのだ!!!
しかし,私は知っている。
そうだ私は知っているんだ!
私は奴等がそこにいる事を知っている。
あのドアの後ろで息を潜めているんだ!
一つは注意深くなる事……
もう一つは頭を切り落とす事。
そして……
強い光も有効だ。
この地上から奴等を抹殺するために……。
泣き叫ぶ奴等を
遥か彼方に送り返してやる!!!
MaxThey ARE amongst us!
I knew they would come after me...
Knew their devices...
Their depraved methods!
Creatures wearing human skins as we wear clothes -
- to cover their hideousness from our eyes!
So they might consort insidiously with our species,
infiltrating,
manipulating,
playing us against each other.
DAMN OUR EYES!!!
WE ARE BLIND TO THEM!!!
But I knew...
Oh yes... I knew!
I knew they were there -
- plotting behind that door!
One has to be careful...
One must separate their heads from their bodies.
And yes!
Fire is the key...
to purge their souls from this earth...
sending them whimpering to their masters
in the Beyond!!!!

 ゼロタース・ボーンシーフの分析結果 - Analysis of Xel'lotath "Bonethief"

日本語版English Version
人体を乗っ取り
身を守っている
The creature
wears the skins
of people to
protect itself
マックス使用人の中にいる悪魔が私を
殺そうとしている!
奴等は我々にはわからない所で
人間を全て滅ぼそうと企んでいる!
私は私の周りの奴等を始末した。
奴等の計画を阻止するために。
何者かが潜んでいる。
私は確信している。
奴等は我々を操っている。
頭の中に隠れた狂気が潜んでいる。
奴等によって我々の魂が
押し込められている間も
自分の手は自分で動かしていると思うだろう。
しかしそれは我々の意思ではないのだ!
なんと恐ろしい……恐ろしい事だ。
奴等を追い出さねばならない!!
奴等を皆殺しに!!
奴等を切れ!奴等を燃やせ!!!
それが私の知っている……
唯一の方法なのだ。
私はそれを実行した。
成功したぞ……。
MaxThe devils inside the servant's skulls
were trying to kill me!
They plotted behind doors locked and barred
and planned the downfall of the human race!
I took care of the ones around me...
Stopped their plans.
There are others, I'm sure...
Out there...
Manipulating us...
Secreting madness inside our very heads,
while our souls are pushed into
the corner's of our skulls...
watching as our hands do tasks that
we have no control over!
Oh horrible...horrible...things...
WE MUST PURGE THEM FROM OUR MIDST!!
Kill them all!!
CUT THEM! BURN THEM!!!
It's the only way...
I know...
I've done it...
It...works...

 ウーリアス・ボーンシーフの分析結果 - Analysis of Ulyaoth "Bonethief"

日本語版English Version
人体を乗っ取り
身を守っている

頭を切り落とせば
即死する
The creature
wears the skins
of people to
protect itself

Severing its neck
kills the creature
instantly
マックス奴等は私のすぐ側にいる。
においが判るほどのすぐ側に!
あなたも悪臭に気付くだろう!!!
バニラと腐った肉のにおいだ!
その生き物は我々の身体の中に
住みつき人間の精神を
消滅させる,そして……
奴等の腐った精神が支配するのだ。
しかし私はだまされない。
絶対に。
私には奴等のにおいが判るからだ。
奴等は私の周りにいた……。
おお,神よ!周り全てにです!
私は,なすべき事を知っていた。
奴等は消えるべきなのだ。
武器は何でもいい……私がやらねばならないのだ!
わからないのか?!!
おお……神よ,私がやらねばならなかった。
やらねば……そうですよね?神よ……。
そうですよね?
MaxThey are so close their stench fills the air!
You can smell them, I tell you!!
Somewhere between the spice of vanilla
and the bitter sweetness of pustulent rot!
Those creatures inhabit the bodies of
men and women...
exorcising the human soul
and replacing it with their own putrid spirits.
But they couldn't fool me...
no...not at all...
I could smell them, you see...
They were all around me...
Dear god! All around!
I knew what I had to do...
they had to go...
By blade and bullet I had to get rid of them!
DON'T YOU UNDERSTAND?!!
Dear god, I had to do it...had to...
You believe me, don't you?
Don't you?

 チャターガ・ホラーの分析結果 - Analysis of "Chattur'gha Horror"

日本語版English Version
3つの頭が弱点

分厚い皮膚と
硬い筋肉で
身を守る
The necks of the
Horror are its
weakest point

Thick chitinous
armour plates &
sturdy muscles
protect this
creature
マックスおお,ホラー!
ホラー!!
憎悪に満ちた化け物である!
どんな生き物なのか?
その1トンの肉体は筋肉の塊だ。
その筋肉から突き出した恐ろしい爪は……
鉄を切り裂き岩をも打ち砕く能力がある。
破壊,切断……
奴等の歩みで地響きがおこる。
恐怖!
憎悪……
生理的に考えられない存在である。
内臓が一切存在しないのだ。
動くはずがない,しかし動いている!!
そしてその口も
鎌のような鋭い牙が生えている。
喰うためだけに存在しているのだ!!
喰いつき噛みつき,むさぼり喰うためだけに!
MaxOh, the Horror!
The HORROR!!
A behemoth of hatred incarnate!
What manner of creature is that?
A ton of flesh and sinew wielding muscles thick
as ropes strung onto claws that could crush stone
and sever metal as though it were threshed wheat.
Crushing, cutting..
The walls shook with each step it took!
Oh, the HORROR!!
An abomination...
Its physiology remarkably abstract...
no real organs or anything...
It shouldn't work, but it did!!
And the mouths...
those gnashing scythes of teeth -
- I tell you, it existed ONLY to EAT!!
To consume! To gnaw! To bite! To DEVOUR!!

 ゼロタース・ホラーの分析結果 - Analysis of "Xel'lotath Horror"

日本語版English Version
弱点は目

聴覚より視覚が
発達している
Its eyes are
its weakness

The creature
is highly
dependant on
sight, rather
than sound
マックス目だ!
腐った目だ!
奴等の目はまるでガラス越しに見るように
あなたの精神を透かし見ている。
そしてそのまぶたは
鋭い牙に取り囲まれている。
そして瞬きをしている。
信じられない。
こんな生き物は存在しないはずだ。
だが存在する!
自然発生した?
なぜ?
なんと不自然な化け物!
生かしてはおけない。
この世界を守るために!!
殺せ!
こいつを殺せ!
MaxEyes!
Rot their eyes...!
Their staring sees through your soul like
looking through a window...
And the lids...
festooned with tiny, hook-like teeth...
that gape and gnash...
It doesn't make sense...
no anatomy would form like that...
but it has!!
Was it natural?
How could it be?
Oh unholy beast,
thou must be killed,
lest you corrupt my world!!
Have at thee!!
HAVE AT THEE...

 ウーリアス・ホラーの分析結果 - Analysis of "Ulyaoth Horror"

日本語版English Version
目は存在しないが
視覚らしき感覚を
持っている

接近するものに
対し放電攻撃を
加える
Although the
creature
has no eyes, it
is far from
blind

The Horror's latent
energy causes an
electrical discharge
if it comes close
マックス奴等には目がない!
しかし見えている事を忘れてはならない!!
目はない,どこにも見当たらない。
だが,あなたは視線を感じるだろう!!
身体の隅々まで。
まるで身体を貫通するかのように。
そしてあなたは感じるのです。
奴等の視線があなたの内部を掻き乱すのを!
奴の狂気の振動は遠くからでも
あなたを直撃する!
なんという恐ろしい事だ。
MaxThey have no eyes...!
But they CAN see, I tell you!!
No eyes...no! No eyes at all...
but you can feel it LOOKING at you!!
It stares through you...
like looking through empty air,
and you can feel it...
raking your innards with their "touch"...!
The shiver of their senses combing your bowels
through empty space...!
Oh horribleness!

 チャターガ・ガーディアンの分析結果 - Analysis of "Guardian of Chattur'gha"

日本語版English Version
身体の大半を
占める大きな口

あらゆる攻撃をも
跳ね返す硬い殻

弱点が
見当たらない
Massive jaws
on underside
of body

Armored shell
prevents
physical
damage

No obvious vulnerability
マックス闇からやってきた奴等は……
クモのような姿をして……
エンガの遺跡に,はびこっている!!!
エンガ!!!
奴等は街の住民たちを殺し
食べ物,奴隷,遊び道具にしたのだ。
街の最期は,闇に覆い尽くされ
血塗られた絶望の日々が
繰り広げられた。
誇り高き人間も
横たわる血だらけの
肉の塊と化した……。
遥かな時が流れた。
だがガーディアンたちは
まだ,そこに巣食っている。
死の街で……
人間を喰らいながら……。
何も知らずに暮らしている我々,人間をだ!!
何て事……よく聞け!!
我々は奴等の餌なんだ!!
闇……闇が近づいてくる!!
奴等は我々全てを喰らい尽くすだろう!!
我々は……奴等と……戦わねばならない!!
でないと,絶滅してしまう……。
MaxThey came from the darkness...
Chittering spider-like parasites!
Infesting the city EHN'GHA!!
EHN'GHA!!!
They killed the city's inhabitants,
using them for food, for slaves, for play...
In the city's last, dark, doomed days
blood filled the waterways,
drained upon the streets...
a proud, mighty race,
now nothing but bloody gobbets of meat
in the gutters...
...so it has been for eons.
The Guardians -
- those eternal parasites still swarm
in that necropolis,
feeding on those...
Those that live in ignorance many miles above...US!!
Damn you, listen to me!!
They feed on US!!
The Darkness... The Darkness comes!!
It WILL consume us all!!
We...must...fight them!!
Or all is lost.

 ゼロタース・ガーディアンの分析結果 - Analysis of "Guardian of Xel'lotath"

日本語版English Version
臓器を持たない
ため一撃で倒す
事が出来ない

弱点が見当たらない
A
curious lack
of internal
organs means
no way of
inflicting
critical
damage

No obvious
vulnerability
マックスゼロタースの身体の分身であり
その肉から生み出された化け物だ!!
どんなグロテスクなものも
足元に及ばない!!
奴等の身体は身体ではない
頭も内臓もないのだ。
何もない空っぽの入れ物なのだ。
だが,それは歩き……声を発する。
叫ぶのだ!!!
肉体も精神も表面だけなのだ!
現実だけでは考えられない神への冒涜!!!
そのベールが暴かれた!!
我々はそこを越えてはいけない!!
足を踏み入れてはならない。
決して……絶対にな!!
おお,我々に無知の喜びと
忘却の幸せを与えよ……。
足を踏み入れてしまうと
決して元に戻れない!
MaxOh...oh gibbering insanity wrought in flesh
as though an artist had sculpted it!
Created from nothing by their mistress Xel'lotath,
a canvas as grotesque as any!!
Their bodies made no sense -
- no heads, no organs -
- an empty husk devoid of the trappings of nature...
But it walked...it sang...
it shrieked!!!
A mockery of reason, both natural and mental!!
A blasphemy from beyond the Veil!!
The veil has opened!!
And we should not see beyond!!
We...we weren't meant to...
never...ever...meant to!!
Oh, give us the blessing of ignorance,
the happiness of oblivion...
Innocence can only be tainted,
never returned!

 ウーリアス・ガーディアンの分析結果 - Analysis of "Guardian of Ulyaoth"

日本語版English Version
過去に知られて
いるどの生物群
にも属さない

弱点が見当たらない
This creature
bears no relation
to anything in my
experience

No obvious
vulnerability
マックス古代の洞窟の奥深くにある
偉大な都市が失われた。
地上に人類が現れるよりずっと昔……
遥か昔……
誇り高きエンガの街……
人々は純真で信心深かった……。
それが彼等の弱みでもあった……。
闇が近づき……
ガーディアンたちが人々を惨殺した。
彼等の死の叫びが……
その事を示していた。
叫び声が,彼等の家や……
墓から聞こえた……。
もしあなたが,そばに行く事があれば……
そのときは静かに……静かに……
人々の泣き叫ぶ声が聞こえるだろう。
ガーディアンの爪で
引き裂かれる人々の声を。
その声は,いまだにこだましている。
彼等の魂が叫んでいるかのように……。
MaxDeep in those ancient caverns,
a great city was lost...
Long before we Humans...
Long, long before...
The proud city of Ehn'gha -
- decadent and trusting...
and it was their downfall...
When the Darkness came...
and the Guardian's slaughtered them...
Their existence was but a dying echo,
shrieking from violated mouths...
Resounding within their homes...
Their tombs...
If you stand alone, in one of those halls,
quietly...ever so quietly...
you can hear the cries of the
people of Ehn'gha...
rent apart by the unseen claws of the Guardians...
Their echoes still linger...
as do their souls...

エターナルダークネス 招かれた13人 全セリフ集 トップへ

Amazonで探す

Amazon

エターナルダークネス 全セリフ集の他のページを見る