【オーナー - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

オーナー

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2017年12月04日 13時27分02秒

このページをはてなブックマークに追加

オーナー

[キャラクター]

 オーナーとは

球団の所有者でありチーム関係者にとっては一番偉い人。球団の経営に直に関わる役職としては球団社長が該当する。ちなみに球団から監督などチームスタッフの任免、選手契約等を一任されているのがゼネラルマネージャー(GM)である。

パワプロ10

京栄南キャットハンズオーナー猪狩茂金沢が該当。茂に至っては猪狩コンツェルン社長も兼ねている。

パワメジャ1

GMのギルバート・メリットが威張り散らしているが、ワイルド・ゴーレムズイベントを見る限りオーナーもいるらしい。フレディ(ギルバートの父親)かどうかは不明。ゴージャス・ブラックジャックスではゼニー・ドルエンが該当し、GMはクイーン

パワメジャ3パワメジャ2009

ゴールドマンが該当。一応GMを置いているが予算の権限は完全に握っており、偽の慈善団体を利用して選手の給与をピンハネする、反抗的な者の契約をオーナー権限で切るなど悪徳きわまりない。

マイライフ

球団重役をはさむのであまり姿は見せないが、存在する。

パワプロ10では借金生活に陥ったり、デート現場をマスコミに押さえられたりすると印象が悪くなり、放出されやすくなってしまう。借金はともかくスクープはランダムのためリセット以外に防ぎようがない。

パワプロ11以降は7月か8月の本拠地3連戦で観戦しに来るイベントが起こり、3タテを決めればお金をくれる。オーナーのグラフィックはなく、動向を伝えるのは監督であるため、この期間は監督が1試合ごとに喜んだり沈んだりする。

パワプロ12以降は開幕15戦で勝ち越せばボーナスをくれる「馬の鼻にニンジン」をやって、色々チームを発奮させようとしているらしい。

パワメジャ2009オーナーはフットワークが軽いのか抜き打ち(ランダムイベント)で観戦しに来る。勝てばごほうびだが負けると年俸査定が心配だと監督がボヤく。

パワプロ2012以降のマイライフではオーナー自らが年俸交渉に出てきて、プレイヤーに様々なミッション(課題)を課して来る。年俸の査定がいい加減である上にこちらからの交渉は出来ず、さらに課題も成績に関するものならともかく「趣味のレベルを上げろ」など私生活にまで介入するとあって嫌われている。

パワプロ2013からはこちらの交渉も受け付けるようになった。

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他