【ケガ - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

ケガ

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年10月25日 07時56分55秒

このページをはてなブックマークに追加

ケガ

[特殊能力]

 アクシデント

  • 練習には故障率が設定されており、体力の少ない状態で練習すると故障率に応じて発生。
  • 故障率が高い状態でのケガほど重症な場合が多い。
  • 軽症だとやる気ダウン程度で済むが、重症になってくると入院・経験点ダウン、さらに重症だと能力ダウンも発生。
  • 重症度は たんこぶ<突き指<ねんざ<脱臼<骨折<アキレス腱断裂<複雑骨折 ※シリーズによっては存在しないケガもある
  • ケガで入院してしまった場合,入院期間中の主人公不在中に大会等試合があった場合は必ずチームは敗北してしまう。また,実力系シナリオ(あかつき、帝王大学神楽坂グループ等)では入院=自己管理できないとされ降格される事がほとんど。そのためどのサクセスにおいてもケガをしないような育成管理が必須とされる。しかし良い選手を育成するためには時には無理を押して練習しなければならない事もある。そのさじ加減の難しさも,パワプロサクセスにおいて長年多くのパワプラーを悩ませ続けている要素の1つである。
  • パワメジャ2以降は軽いケガならそのまま練習に参加できるが,痛みで経験点が下がり,ケガが悪化する危険もある。通院すると大抵は治るが,検査の結果入院させられることもあり,通院しなくても勝手に治ることもある。

故障率について

  • ケガする確率だが、実際は数字以上の確率で発生する。
  • パワプロ12以前は体力が十分高い状態である「故障率1%」では絶対に発生しなかったが、近年のパワプロでは1%という確率通り、稀にケガをすることがある。
  • シリーズによってはサクセス開始直後の最初の4週は故障率表示に関わらず100%ケガしないものもある。

posted by Jack-R

 試合中のケガ

対戦モードやペナントマイライフの試合中でもケガをすることがある。

  • 守備側と走塁側が交錯する
  • スライディングする
  • ファウルボールが自分に当たる
  • 死球を受ける

などの状況でケガをし、治療困難と判断された場合は強制的に選手交代となってしまう。

 ペナントマイライフでのケガ

試合中に危険なプレーが起こらなかった場合も、試合後にケガが判明することがある。治療が必要なケガを負った場合は、完治するまで試合に出ることが出来なくなる。また試合に出られるが全力を発揮できない「体を痛めた」状態もあり、完治させるには二軍でリハビリが必要。

マイライフでは、2週間以上かかるケガの場合は監督から二軍落ちを告げられる。またケガが治るまで外出(ゴルフ、ラジコン、釣り、野球仲間と飲みに行く、女の子とデートなど)や自主練習が出来ず寮や自宅で療養することになる。読書やゲームは可能。ケガから復帰したときに仲の良い先輩がいるとトレーナーを紹介してもらえる。特に11の矢田頼子のように彼女候補が増える場合もある。ケガした時点で増える彼女候補もいる。

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2017/2/18

2017/2/7

2017/2/5

2017/1/30

2017/1/22