【安達美咲 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

安達美咲

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年05月28日 21時24分53秒

このページをはてなブックマークに追加

安達美咲(あだち みさき)

[キャラクター]

[パワポケ5][パワポケ7][パワポケ9]

 安達美咲とは

表サクセス

パワポケ5に登場する,彼女候補の1人。オレンジのクセのかかったロングヘア。大学に通うためにモグラーズ寮の近くに引っ越してきた,一人暮らしの女子大生。よくお弁当を作ってきてくれたり,家庭的で優しい性格。実家は旅館を経営しており,よく実家に帰って手伝いをしている。一人暮らしも,旅館が忙しい時期は戻って手伝う事を条件に許可された。ボーリングが得意で,かなり重くてフラフラしたフォームで主人公を打ち負かすほど。また,買い物も好きで,よく荷物がいっぱいになるほど買っている。結構苦手なものが多く,ホラー映画やカラオケで歌う事も苦手。ゲームセンターも音がうるさくて耳が痛くなるという理由で苦手。野球にはあまり興味がなく,プロ野球選手の事とかも全然知らない。時間は守るタイプで,約束の時間よりも必ず前に来て,1時間前には来ている事もある。好感度を上げると,特に告白とかもなく自然に彼女になる珍しいタイプ。

特に彼女は死んだりとかはしないが,彼女とは普通に付き合うルートと,斎藤勇から寝取ったり寝取られたりするルートがある。いずれのルートもパワポケ特有の黒いエンディングにはならず,割とさわやかに終わる。

普通に付き合うルートでは,彼女の母親と出会い,荷物を持ってあげたかどうかでルートが分岐する。荷物を持ってあげたルートでは,安達母が病気で倒れ,入院してしまい,美咲といろいろ心配するが,手術は成功し,みんな仲良く暮らしました。めでたしめでたし,で超特殊能力もゲットできる。安達母を放っておいたルートでは,特に何も怒らず美咲と幸せに暮らす。超特殊能力はゲットできない。

勇ルートでは,偶然出会った安達美咲を友達として,斎藤勇に紹介する。しばらくすると勇と美咲は付き合うようになり,勇は登録名を「イサム」に変え,パワーアップする。そのまま放っておくと,勇と美咲が結婚するエンディングへ。勇はプロ野球を辞め,美咲の実家の旅館を継ぐ事になる。超特殊能力はゲットできない。

勇から寝取るルートでは,時間にルーズな勇が美咲との映画の約束に遅れているところを,代わりに一緒に映画を見る事で,彼女の気持ちをこちらに傾かせる事ができる。その後は,デートを重ねていると,やっぱり自然と主人公彼女になる。主人公「勇,ごめん!」と(心の中で)は言うものの,特に美咲が罪悪感を抱いているようなシーンはない。その後はもう,ドキドキなイベントばかり。

勇:はぁ…。ふぅ…。

主人公:ん?勇,どうしたんだい?

勇:あ,主人公さん。

主人公:スランプ?

勇:いえ…そういう訳じゃないんですけど…実は…最近美咲ちゃんとうまくいってないんですよ。

主人公:え,あんなに仲良かったのに?

勇:はい。デートに誘ってもよく断られますし,もしかしたら…

主人公:旅館の仕事が忙しいだけじゃない?

勇:俺も始めはそう思ったんですけど…どうも違うみたいで…あ…すみませんこんな話して…

主人公:いや…別に構わないけどね。

勇:じゃあ,ちょっと気分転換にトレーニングしてきます。

主人公:うん。(うーん,いつまでも黙ってる訳にはいかないよなぁ)

そして,ついにどう見てもホテルにしか見えない建物の前で鉢合わせしてしまう。

勇:あれ,主人公さん?

主人公:う,やあ…勇。

勇:こんなところで何…あれ…?美咲ちゃん?今日は,都合が悪いって…え?

美咲:あの…これは…えと…

勇:……隠してたんですか?

主人公:いや,勇落ち着いて。

勇:俺は落ち着いてますよ。

主人公:あー,だからその…

勇:そういう事になってるなら何も隠さなくてもいいじゃないですか!それとも,2人して俺の事笑ってたんですか?

主人公:いや,違うんだ。

勇:何が違うんです?

主人公:それは…その…

勇:もう,いいですよ。俺は,行きます。じゃあ。

主人公:あ,ああ。(はぁ…まいったな…)

全く言い訳できない主人公たち。その後はもう針のむしろである。

(コンコン)

勇:はいはい,ちょっと待ってくださいね。

ガチャ

勇:ああ,主人公さんですか。忙しいので一人にしてくれませんか。

主人公:あ,ああ。ごめん。

勇:じゃあ。

(バタン)

主人公:ふぅ……

しかし,勇は素晴らしく人間のできた人だった。

(コンコン)

主人公:勇,開けてくれないか。

(コンコン)

主人公:勇,いるんだろう?ふぅ……

勇:あれ?主人公さん。

主人公:え?あれ?勇でかけてたのか。

勇:はぁ,そうですけど。

主人公:てっきり…あ,いや…

勇:てっきり主人公さんの事避けてるんだと思いました?

主人公:あ,ああ,いや…

勇:あの事なら,もう吹っ切れましたから気にしなくてもいいですよ。

主人公:え?

勇:……ただし!美咲ちゃんを泣かせるようになるようならその時は許しません。

主人公:ああ,わかってるよ。

勇:……さて。それじゃあ,久しぶりに一緒にトレーニングでもしますか。

主人公:ああ。

すべてを許した勇とトレーニングし,主人公超特殊能力を身に付ける。そして,恋に破れた勇は渡米し,メジャーでその才能を開花するのだった…。というエンディングとなる。

そんなフラフラしやすい彼女ではあるが,特に腹黒いシーンもなければ,罪悪感を感じているシーンもない。もしかしたら,天然でそういう小悪魔な感じの女性をやっているのかもしれない。でも彼女効果も高いし,まっいっか!?

裏サクセス

パワポケ5忍者戦国編では,うこん岳の薬師美咲として登場する。あわび村によく薬を売りに来るのだが,最近村に来ていないため心配されていた。うこん岳を訪ねてみると,新しい薬の調合に夢中で村に行くのをすっかり忘れていただけであり,仲間にする事ができる。ただし,戦闘員ではないため,戦闘には参加してくれないが,苦い薬を調合して回復してくれる事がある。しかし,その後のイベントで戦闘に参加するようになり,かまいたちの術回復薬を使う。

実は彼女の家系ではまれに「鬼の血」と呼ばれる不思議な力を持った子供が生まれる事があり,その力を使って薬師でもあるにもかかわらず戦闘に参加している。その力は木をなぎ倒すほど。ただし,彼女の場合はその力が強すぎるせいで自分では制御できず,彼女が調合した秘薬で無理矢理その力を抑えている状態だった。しかし,それも限界に来ており,「鬼の力」に呑まれるまでそう長くないのを彼女自身も感じ取っていた。一度でも完全に力に呑まれれば,二度ともう正気には戻れないため,もし力を抑えられなくなった時,完全に鬼に呑まれてしまう前に自分を殺す事を主人公に依頼する。

彼女が暴走する前に野球人形を献上できれば、エンディングでは自らの鬼を封じるための強力な秘薬を研究する彼女の姿が描かれる。

 美咲は、自らのを封じるため より強力な秘薬を研究中である。

美咲:あ、すみません。それ取ってもらえますか?

主人公:ん?これかな?

美咲:はい、それです

主人公:どう?体の調子

美咲:今は、大丈夫みたいです

主人公:そっか

美咲:・・・わたしに、作れるんでしょうか・・・

主人公:できるさ、美咲ちゃんなら

一方、間に合わずに暴走してしまい主人公美咲を殺すことを承諾していた場合は、彼女を倒すことになる。「主人公さん…ありがとうございました…。」そう言って息絶える彼女。「くそっ!結局どうする事もできなかった…。これは…美咲ちゃんが,作ってくれていたいつもの薬…。はは…やっぱりまずいや…。」

 パワポケ5で登場

彼女候補の一人。大学生。18歳。実家は旅館を経営。彼女の母は女将で、彼女もゆくゆくは女将になる(予定)。着物の良く似合う、カワイイ女の子。家庭的で、料理とボーリングが得意。有益なイベントが多く彼女効果も高い。そんなカワイイ見た目とは裏腹に、主人公彼女になっても、チームメイトである斎藤勇彼女(何事も無かった様に)になったり、勇と主人公に二股をかけたり(本人はそれ程、悪びれてない)するなど、パワポケ5(ポケシリーズ(多分))でナンバーワンの魔性の女だと思う(爆)。ついでにナンバーワンの魔性の男はパワポケ2主人公(5股)だと思う(爆爆)。


posted by ネズミーズ

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他