記録(Lore) - ブリオニアンの記録(Bryyo Data) - メトロイドプライム3 コラプション ログブック集

ネオ維新志士の集い

記録(Lore) - ブリオニアンの記録(Bryyo Data) - メトロイドプライム3 コラプション ログブック集

検索 RSS ログイン

最終更新時間:2011年10月22日 15時28分34秒

このページをはてなブックマークに追加

記録(Lore)

 ブリオニアンの記録(Bryyo Data)

日本語版English Version
黄金時代さあ,思い出すが良いブリオの
過去を。そして平和な時代を。
他に並ぶべき物の無い楽園だっ
た,黄金時代の我々の世界を。

ロイヤルシティの通りを満たす
解放者Bryyus一世の到来を祝う
人々が歌う,喜びの歌を聞くが
良い。

この日,我々の最初の船団が,
宇宙の大海へと出発するのを,
科学の隆盛する新しいブリオを
見るが良い。
そして,これが我々の没落の始
まりなのだ。
Golden AgeLook now to the past, and to the
time of peace on Bryyo. See the
age of gold, when our world
was a paradise unrivaled. Hear
the songs of joy fill the streets
of the Royal City, as the people
honor the coming of Bryyus the
First, the Liberator. Behold the
launch of our first ship to the
stars on that day, and witness
the rise of Science, of a New
Bryyo. See this, and see the
beginning of our downfall.
科学の時代平和の名の下にブリオの船は,
あらゆる星へ向かって,全速力
で航行した。
ほどなくして,我々はチョウゾ
ルミナス,そしてイーラと同胞
となる。

彼らの星で生まれた知識がブリ
オにもたらされ,そのお返しに
我々は,喜んでブリオの英知を
新しい友人たちに送ったのだ。

ブリオの人心はプライドに満ち
あふれ,驚異をもたらした我ら
科学の指導者を崇拝した。

ブリオの新しい時代の到来と共
に,古いやり方は衰えた。
原始的な営みや古来の慣わしを
尊ぶ者たちの怒りの叫び声は,
科学を崇拝する者たちの喜びの
声にかき消されてしまった。
Age of ScienceThe ships of Bryyo sped to the
stars, in all directions, bearing
the banner of peace. Soon we
found stellar brethren in the
Chozo, the Luminoth, and the
Ylla. Starborne knowledge came
to Bryyo, and we gladly sent
our wisdom to our new friends
in return. The hearts of Bryyo
were filled with pride, and they
honored the Lords of Science
for all the wonders we
provided. As the time of New
Bryyo came to be, the old ways
faded. The cries of joy from
those who honored Science
covered the angry shouts of
those who mourned the old
ways, the Primal Traditions.
分裂の時代時が流れても,心に古来の風習
を抱いている者たちは,科学の
驚異では満たされることは,無
かった。

チョウゾの警告「古いやり方と
新しいやり方のバランスを取ら
なくてはいけない」を私を含む
科学の指導者たちは,聞き入れ
なかったのだ。
原始民族の心の内の怒りを知ら
ず,我々は,ただひたすら前進
を続けていた。

そして,時が来た。科学の最初
の指導者であるスフィマスは,
原始民族とその風習をロイヤル
シティの中心で糾弾してしまっ
たのだ。
それは,乾いた森に炎がついた
ようだった。

こうして,科学の時代は終わり
を告げ,分裂の時代を迎えるこ
とになる。
Age of SchismIn time, the wonders of Science
were not enough for those who
held the Primal Traditions in
their hearts. The warnings of
the Chozo--to seek balance
between old and new
ways--were not heeded by the
Lords of Science, myself
included. We forged on,
ignorant of the rage in the
hearts of the Primals. The time
came when Sfimas, First Lord of
Science, denounced the Primals
and their Traditions in the
center of the Royal City. It was
as flame to a dry forest. The
Age of Science ended, and the
Age of Schism was born.
戦争の時代当初,対立はそれほど顕著では
なく,ブリオの大部分の住民は
それに気付かずにいたが,太陽
の到来と共に,徐々に,確実に
大きくなって行った。

外交努力は,残虐行為に取って
代わり,戦いが私たちの世界に
入り込む。
科学の指導者たちの関心は,真
理の探究から破壊行動へと移り
変わり,原始民族に未知の恐怖
を撒き散らす。

その仕返しに原始民族は,古代
の悪の力を求め,我々科学の指
導者たち,そして我々に仕える
者たちを呪った。

星々の友人たちは,この対立を
必死に食い止めようとしたが,
それは,無駄に終わった。
戦争を避けることは,最早かな
わぬ願いであったのだ。
Age of WarIn the beginning, the conflicts
were small, out of sight for
most on Bryyo. But they grew,
slowly but as steady as the
coming of the sun. Diplomacy
gave way to brutality, and war
came to our world. The Lords of
Science turned their minds from
exploration to destruction, and
unleashed horrors unknown
upon their Primal enemies. In
retaliation, the Primals turned
to the darkest of ancient
powers, cursing us, the Science
Lords, and all who served our
cause. Friends from the stars
tried desperately to end the
conflict, all in vain. The people
of war would not be denied.
滅亡ついに,戦いの時が訪れた。
ブリオニアン同士が,お互いに
傷つけ合う争いである。
神秘的な悪夢や地獄のような科
学の攻撃により,肥沃な土地と
全ての生物が一掃されるのを。
巨像モゲナーが,その驚異的な
一撃で大地を破壊するのを見る
が良い。
暗黒の戦争で,破壊され行く星
の消えることの無い叫びを聞く
が良い。

こうして,科学兵器類の乱用に
より,半永久的に消えることの
無い汚染物質が蔓延し,大気も
水も土も全て,毒に満ちたもの
と変わり果ててしまった。

一時は驚異で知られた世界が,
傷ついた抜け殻になってしまう
まで,ブリオニアンたちを災難
に次ぐ災難が,襲い続ける。
居住できる地域はわずかになり
生き残った者たちは,その地域
へと移り住むしかなかった。
戦争も引き連れて。
DownfallLook now to the time of battle,
tribe against tribe. See fertile
land swept clean of all living
things by arcane nightmares or
the hellish blasts of Science.
See the giant stone Mogenars
do battle, destroying the land
with their titanic blows. And
hear the undying scream of a
planet wracked by darkest war.
The battles waged endlessly.
and the resources needed to
sustain our war machines were
great. Bryyo too had become a
casualty of the war: the air was
filled with the smoke of battle
and the soil soaked with the
toxins of pollution. Calamity
after calamity visited the folk of
Bryyo, until a world once known
for wonders became a scarred
husk under the stars. Only a
small region remained
habitable, and to it the
survivors went, bringing the
war with them.
勝利我々科学の指導者たちは,科学
の正しい使い道を誤った。
戦争によるブリオの荒廃は著し
く,我々はもはや戦争を続ける
資源すら失ってしまった。
原始民族の軍勢は,戦うすべを
失った科学の指導者たちの多く
が住まう土地を制圧した。

数少ない生き残った者たちは,
暗黒の地へと逃げ延びる。
そこは,最も勇気ある原始民族
の戦士でさえ,尻込みするほど
汚染で荒れ果てた土地だった。

だが,勝者がどんな喜びを得た
にしても,やがては自分たちを
取り巻くゾッとするような現実
に,打ちのめされたであろう。

ブリオ・・・
我らの発祥の地であり,神聖な
故郷は,死を目前にしていた。
VictoryWe, the Lords of Science,
mishandled the use of our
knowledge. The devastation of
the war robbed us of the rare
resources necessary to fuel
our war engines. Without our
machines we were unable to
stand up the Primal armies,
and they overran the enclaves
of many Science Lords. What
few remained fled into dark
places, polluted wastelands
even the bravest of Primal
warriors would not dare enter.
Whatever joy there may have
been amongst the victorious
was quickly stamped out by the
grim reality surrounding them.
Bryyo, their cradle, their
sacred home... was on the verge
of death.
追放されし者古来の伝統を信ずる者たちが,
勝利を祝っているその間,生き
残った科学の指導者たちは秘密
の避難場所に集う。

我々は,チョウゾの警告を無視
し,新しいやり方である科学を
盲信した愚かさに,やっと気が
ついたのだ。
そして,ブリオの全てが危険に
さらされていることも・・・。

このまま,深刻な大気や土壌の
汚染を放置すれば,今わずかに
残っている安全な土地や水も,
やがて飲み込まれ,そして残る
のは,灰のみになってしまうだ
ろう。

再び,偉大な我々の頭脳は遠大
な仕事,すなわち惑星の救済に
向けられたのだ。
敵が,我々の姿を探し求めてい
る間に,科学の指導者は最後の
機械を作り,空に向かって打ち
上げたのだった。
Struggle of ExilesAs the followers of the Primal
Traditions celebrated their
victory, a number of surviving
Science Lords gathered in a
hidden sanctuary. It was there
that our foolishness became
obvious, and we regretted
ignoring the Chozo's warning.
We realized the folly of
following the ways of Science
with blind faith--and the peril of
all Bryyo. The contamination left
from the battles was spreading,
and would soon scour the
remaining fertile lands, leaving
naught but ash. If left unaided,
Bryyo would lose what few safe
lands and water remained. Once
more, our great minds turned
to a grand task... planetary
salvation. As our enemies
searched the lands for us, the
last Lords of Science, we
created our final machines and
launched them into the heavens.
救済科学の指導者たちの創造による
偉大な機械は完璧に機能する。
汚染物質を吸引し浄化すること
で,ブリオに残った肥沃な土地
を守ることに成功した。

しかし,あまりにも大幅に大気
の流れを変化させてしまったこ
とで,この惑星の気候は完全に
狂ってしまう。
惑星の半分は,厚い氷で覆われ
我々の住む半分は,灼熱の荒野
と化した。

また,最後の機械の打ち上げに
よって,我々の秘密の場所は,
敵に知られることとなる。

汚染除去装置による空の明るい
光は,原始民族の心に憎しみを
目覚めさせてしまった。
新しい攻撃を恐れた原始民族は
憎む敵をみつけるため,戦士を
送り出す。

我々は,今や死の標的になって
しまったのだ。
SalvationThe great machines of the
Science Lords performed
flawlessly. They absorbed the
toxins and pollution in the air
and soil, preserving the
remaining fertile land of Bryyo.
Yet the planet's climate was
forever changed, leaving one
side eternally scorched by the
sun, the other forever in the icy
grasp of darkness.

The launch of the machines
revealed the hidden enclave of
the Science Lords to their
former enemies. The bright
lights in the skies caused by the
decontamination equipment
stirred old hatred in the hearts
of the Primals. Fearing a new
attack, the Primals sent their
warriors forth to hunt their
hated foes. We were now
marked for death.
追われる者原始民族は,彼らの戦士を守護
する不思議な呪術をあみ出し,
隠れている生き残りの科学の指
導者たちを探すため,燃えさか
る荒地に送り込んだ。
我々は,争いを避けようと努力
したが,生き残っていた者は,
原始民族の戦士たちに見つかり
次々に殺されてしまった。

そして,幸か不幸か私一人だけ
が,生き残った。
私は,身を守るためにチョウゾ
から伝えられた知恵を生かし,
新しい方法「科学」と古い方法
「魔術」を融合する。
岩石から壮大なモゲナーを建造
し,魔術によって,これに生命
を吹き込み,科学の力で,これ
をコントロールすることに成功
したのだ。

そうして,作り出したモゲナー
を隠れ家の周囲やいくつかの
拠点に配置していった。
The HuntedThe Primals crafted new magics
to protect their warriors, and
sent them into the burning
wastelands to hunt the Lords of
Science hiding there. Though we
tried to avoid conflict, many
Science Lords were found and
ended by Primal war bands.

I was but the sole survivor, the
last remaining Lord of Science.
In order to protect myself, I
adopted the wisdom once
shared by the Chozo. I merged
the ways of the
new--Science--with the ways of
old--Magic. I built mighty
Mogenars out of stone, and
placed them outside the walls of
my home, there to silently
protect me from all enemies.
衰退流浪の果てに忘れ去られた神話
の創造物,最後の科学の指導者
である私は,自身とこの世界を
守るため,休むことなく働き続
けていた。
魔力と機械を駆使し,この廃れ
た地に再び生命をもたらした。

この荒野で私は,新たな自然エ
ネルギー資源を発見する。
それをブリオジェルと名付け,
ブリオに与えた科学と戦争によ
る荒廃に対して,これを用いて
償うことを誓ったのだ。
私は,あらゆる機械の動力源を
ブリオジェルに置き換えた。

そうして,私が苦労して働いて
いる一方で,原始民族は徐々に
未開の状態に陥って行く。
憎むべき科学の指導者らの姿は
すでになく,お互いを攻撃し合
うようになった。
彼らは魔力を失い,まるで野生
の肉食動物のように野蛮になり
果てた。
DeclineForgotten in exile, a creature of
myth, I, the last Lord of Science,
worked tirelessly to protect
myself and this world. I crafted
magics and machines to bring
life back to the wastelands. I
found a new source of natural
energy in the land and called it
Fuel Gel. I vowed to atone for
the devastation inflicted upon
Bryyo, caused by both science
and war.

Yet, while I toiled, the Primals
slipped slowly into barbarism.
With no Science Lords to hunt,
they turned on each other, tribe
against tribe. Magic was lost to
them, and they became as
savage as the predator beasts
of the wild.
予言さらに長い年月が経過し,私も
老いさらばえた。科学と魔力を
融合させた力をもってしても,
死を遠ざけることは,不可能で
あった。

ブリオの環境維持には,私を引
き継ぐ者が必要だ。
しかし,原始民族の中から誰か
ふさわしい者を見つけ出すのは
気の遠くなる作業だった。

ところがある日,私は偶然にも
荒地をさまよう一人の若い原始
民族の女性と出会い,彼女を助
けた。彼女は,預言者だった。
ある夜見た予知夢に従い,私を
探し出し,その元に身を置く事
を決心したと言う。

彼女から得られた情報を元に,
来るべき災難から逃れるために
私は,汚染除去装置に改良を加
えることを計画したのだ。
ProphecyAs time slowly passed, I grew
old: even the combined power of
magic and science couldn't cheat
death forever. In order to
preserve Bryyo's environment,
I would need a successor.
Finding one was a daunting
task, for most of the folk saw
me as a monster. Time passed
quickly as I searched, and my
efforts appeared to be in vain.
Seemingly by chance, I found a
young Primal wandering the
wastelands and rescued her.
But this was not a chance
encounter. She was a
prophetess, tirelessly
searching for the last Lord of
Science to speak to about her
visions. In her dreams she saw
a starborne death coming to
Bryyo, and with her vision came
a plea to save her world. Based
on her information, I began
work on improving the existing
decontamination equipment to
help prepare a defense for
Bryyo against the eventual
catastrophe.
我々の切望不幸にも,計画を完了する前に
我々を惨事が見舞った。

事故が発生しブリオジェル供給
ラインの爆発が起こり,その炎
は,空高く舞い上がった。
それは,我々の隠れ家を露わに
してしまうことになった。

まもなく原始民族の戦士たちが
ここへやってくるだろう。
モゲナーにパワーを送るジェル
の供給ラインを失った私には,
もう,彼らから身を守るすべは
残されていない。

しかし,預言者の女性だけは,
どこか安全な場所に逃がさなけ
ればならない。
これまでの私の記述のすべてを
彼女に託し,私はここに残るこ
とにした。

私から最後の言葉を記そう。

墓の上から貴方に嘆願の言葉を
伝えよう・・・

この大いなる災いから,我々の
世界を救いたまえ!

同胞の目から憎しみのベールを
取り払いたまえ!

我々が残した遺物が,この紛争
の終結の力となるように・・・
Our PleaSadly, disaster came to us
before we could finish our
work. An accident caused our
supply of Fuel Gel to explode,
sending fire to the sky and
exposing our position. It was
not long before a Primal war
band saw the great fire, and
rushed to attack. Without a way
to power my great Mogenars, I
had no way to defend myself
from their assault.

Fleeing would only drive them to
pursue us to no end, and they
would show no mercy to either
one of us once caught. I had no
other choice except to stand my
ground while the prophetess
fled to safety. With her I sent
my records of the past, in
hopes they would both find
sanctuary.

You now read my last words,
etched in stone and placed by
the prophetess. We speak to
you from beyond the grave, to
plead with you... Save our world
from the starborne plague. Lift
the veil of hate from the eyes of
our people. May our remaining
relics serve you well in this
struggle.

メトロイドプライム3 コラプション ログブック集 トップへ

Amazonで探す

Amazon

メトロイドプライム3 ログブック集の他のページを見る