記録(Lore) - エリシアンの記録(SkyTown Data) - メトロイドプライム3 コラプション ログブック集

ネオ維新志士の集い

記録(Lore) - エリシアンの記録(SkyTown Data) - メトロイドプライム3 コラプション ログブック集

検索 RSS ログイン

最終更新時間:2011年10月22日 15時32分13秒

このページをはてなブックマークに追加

記録(Lore)

 エリシアンの記録(SkyTown Data)

日本語版English Version
創造者私は,エリシアン。
チョウゾとThe Firstの末裔。
今,最期の時を迎えて,データ
ボットに記憶を転送します。

ある意味で,我々の歴史の開始
は,約1500年前にさかのぼる
ことになります。

その頃,我々の高潔な創造者で
あるチョウゾたちは,後に我々
の本拠地となる環境を構築し始
めました。
そこは,惑星エリシアの雲上に
浮かぶ探索と知識の源泉であり
また,偉大なチョウゾの建設者
にふさわしい場所でした。

彼らは,多くの浮遊するポッド
をリンクさせ,そのうち宇宙の
研究のためあらゆる方向を観察
する装置,宇宙世界を覆う天空
のネットを形成しました。

我々は,その時は,まだ存在し
ておらず,出来上がった神聖な
ホールを歩くのはチョウゾのみ
でした。

彼らは,遠く離れた無数の星を
観察し非常に多くのものを発見
しました。その中にはその後,
宇宙の全ての者にとって重大な
災難を及ぼす類もありました。
CreatorsI am Elysian, descendant of both
the Chozo and the First. I am
facing the last moments of my
life and transferring my memory
to the data pod.

In a way, our chronicle begins
nearly 1500 years ago. That
was when our noble creators,
the Chozo, began to build that
which would become our home.
A place of exploration and
knowledge, floating in the
clouds of planet Elysia, a fitting
home for its great Chozo
builders. They built many linked,
hovering pods: in time they
formed a net in the skies
across the globe, instruments
peering out in all directions,
studying the cosmos.

We did not exist then: only the
Chozo walked these hallowed
halls. To the distant stars they
looked, and a great many things
they discovered--including that
which would later spell grim
disaster for all.
贈り物エリシアにチョウゾが降り立っ
て,何十年かが経過しました。
エリシアの激しい風と嵐が基地
に打撃を与え続け,そのために
環境の維持管理に貴重な時間が
より多く,奪われるようになり
ました。

状況の改善を急がなければなら
ないと考えたチョウゾは,彼ら
の助けとなるように,新しい命
「エリシアン」を創造します。
こうして,チョウゾの手によっ
て創造された最初のエリシアン
は,1,450.82年前のある日,
「機械的な子宮」から誕生した
のです。

このThe First(最初の創造体)
は,我々の現在の標準体と比べ
ると,まだまだ未熟でしたが,
チョウゾによって授けられた全
ての贈り物のうちで,もっとも
偉大なものでした。
創造者を更に手助けするため,
このThe Firstには,自己認識の
能力が与えられました。
The Firstは,チョウゾから他の
エリシアンへの全ての贈り物を
共有しました。

このイベントが,エリシア暦の
元年となりました。
GiftSeveral decades passed for the
Chozo here at Elysia. The harsh
winds and storms began to take
their toll on the station, and
upkeep began to take up more
and more of their precious time.
Seeing a need for assistance,
they created us. The first
Elysian, built by Chozo hands,
stepped out of the
mechanicreche 1,450.82 years
ago. Crude by our current
standards, the First was soon
given the greatest gift of all by
the Chozo. To better assist the
creators, the First was given
self-awareness. To all other
Elysians, the First shared the
Chozo gift. This event marks
year One of the Elysian
reckoning.
発見チョウゾは,見守る人たちでし
た。彼らの宇宙の研究システム
は,観測用の小型ポッドを打ち
上げるものでした。
それが,遠く離れた星の様子を
手に取るように見ることを可能
にしていました。
こうしてチョウゾは,宇宙で起
こる様々な現象を一つ一つ解き
明かし,彼らの知的欲求を満足
させていたのだと思います。

ある日,一人の研究者が,偶然
とても珍しいものを見つけまし
た。本来ならポッドが届くはず
のない,チョウゾ暦でも信じら
れないほど遠く離れたところに
ある星の情報が,何らかの原因
で送られてきたのです。

その星は,確かに生きていたと
言います。

しかし,偶然訪れた機会も長く
は続かず,彼がその星の正体を
見極める前にポッドからの情報
は,突然途絶えてしまったそう
です。
DiscoveryThe Chozo were watchers,
studying the depths of space
tirelessly to quench their thirst
for knowledge. From this facility
they launched observation
satellites, firing them into the
heavens toward distant worlds.
These satellites returned
information that allowed them
to analyze the various
phenomenon occurring across
the cosmos. Through this
process they were able to
satisfy their intellectual
appetite, one planet at a time.

One day, a Chozo Searcher
happened upon a very rare
discovery. A once-thought-lost
satellite delivered information
on a distant world. It was
incredibly far away, even by
Chozo reckoning. Study of the
stellar object revealed that it
was, in many ways, a
planet--and yet also sentient.
Alive. This chance event was
brief, and the information being
collected was lost before the
true identity of the planet was
revealed.
別離エリシア暦400年。我々の創造
者であるチョウゾ族に,この地
を去る時が訪れました。
創造者は,またいつかこの基地
を平和的に利用する者が現れる
まで,ここを守るようにと我々
に言い残し,我々の幸福を祈り
つつ旅立ちました。
あの惑星を発見した研究者から
は,どうか惑星の謎を解き明か
して欲しいとも頼まれました。

我々は,次なる主を待ちながら
来る日も来る日も,あの惑星を
探し続けました。
しかし,どうしても見つけるこ
とが,できませんでした。
AloneIn the year 400 of Elysian
reckoning, the time for our
Chozo creators to leave had
arrived. To us they entrusted
the station and its purpose. We
were to stand vigil and watch
over the station until the time
when others seeking knowledge
and enlightenment arrived. With
their departure came one last
request from the Chozo
Searcher--to continue exploring
the skies for the answer to
the mysterious planet. We gave
her our word and resumed her
tireless search. Day after day
we hunted for the answers she
desperately sought, but our
efforts yielded nothing. We
failed.
休眠エリシア暦600年ごろには,備
蓄の必需品や燃料の供給量が,
少なくなりました。
小さなメカノイドと,エリシア
の大気から燃料を精製するシス
テムを建造しましたが,十分な
量は確保できませんでした。

そこで,我々は残っているエネ
ルギーと部品をできるだけ維持
するために休眠状態に入ること
にしました。
休眠状態の間もステーションの
装置によって回収されたデータ
が,我々に供給されるよう設定
しました。
我々は,休眠中にそのデータを
「夢」と呼ばれるような形で認
識していました。

長い休眠の間に我々はたくさん
の「夢」を見ました。そして,
その「夢」の中で我々の創造者
に会うことができました。

ところが,彼らが住む星に隕石
のような物が落下し,その隕石
から流出した破滅的な汚染の影
響で,彼らの多くが命を失い,
残った者も行方知れずとなって
しまったのです。

しかし,その間も無力な我々は
ただ眠り続けるしかありません
でした。
その後,我々は二度と創造者の
「夢」を見ることは,ありませ
んでした。
SlumberBy the year 600, we of Elysia
were low on critical supplies
and fuel. We created smaller
mechanoids to process fuel
from the atmosphere of Elysia,
but they proved unable to
produce a sufficient supply.
Unable to secure the necessary
resources to sustain ourselves,
we entered a state of
hibernation to preserve our
remaining stores of energy and
parts. While we slumbered, the
data collected by the station's
equipment was fed to us in
dreams.

During this long period of sleep,
we had many dreams. Countless
great events came to us,
including a reunion with our
creators, who had come to call
a new planet their home. It was
not long before disaster struck.
A stellar object hit planet Tallon
IV, bringing with it a
catastrophic corruption that
sent the Chozo world into
chaos. We watched helplessly
as our creators perished, the
few survivors fleeing to an
unknown location. Powerless,
we slept, and in our dreams we
lamented the deaths of our
creators. This was our final
vision, after which we were
never able to see our creators
again.
銀河連邦我々が,悪夢にうなされてから
しばらく経過した,エリシア暦
1435年の出来事です。

突然,自動防衛システムが起動
しました。
武器と防具で身を固めた多くの
異星人が,防御用のエネルギー
シールドを突き進みエリシアの
基地に侵入して来たのです。

予め設定された「本拠地を守る
指令」に従い,我々は休眠状態
からよみがえりました。

戦闘のため集合すると,異星人
から通信があり,彼らは平和の
名の下にある宣言をしました。
停戦協定が呼びかけられ,まも
なく我々は,銀河連邦と交渉を
始めました。

こうして,エリシア条約が締結
され,我々の新しい繁栄の時代
が始まりました。
FederationTime passed slowly as we
suffered through our bad
dreams. We endured their
visions until finally, in year
1435, our automated defense
systems were triggered. A
number of aliens, well armed
and armored, had penetrated
our battle screens and entered
Elysia Station. Per protocol, we
were revived from stasis to
defend our home. As we
mustered for battle, the aliens
communicated with us and
declared themselves to be
under the banner of peace. A
truce was called, and soon we
began negotiations with the
Galactic Federation. The Treaty
of Elysia began a new era of
prosperity for us.
協定条約に従い,連邦は我々に新し
い物資,燃料および部品をもた
らしました。
代わりに,我々はエリシア基地
を自由に使用する許可を与えま
した。連邦は喜んで基地の強力
な科学的システムを使用して,
我々のデータバンクから多くの
知識を収集しました。

不運にも,エリシアの過酷な大
気圏は連邦研究者にとって危険
なため,彼らはオーロラユニッ
トと呼ばれる一台のロボットと
入れ替わる提案をしました。
AgreementThe treaty brought us new
supplies, fuel, and parts from
the Federation. In return, we
allowed them to use Elysia
Station as they saw fit. They
were glad to use the station's
powerful scientific systems, and
gleaned a great deal of
knowledge from our data banks.
Unfortunately, the harsh
atmosphere of our world was
dangerous for the Federation
researchers. They proposed to
replace the humanoids with a
single artificial intelligence unit,
which they called Aurora.
オーロラユニットオーロラユニットは,巨大な頭
部だけで存在する有機的な人工
知能でした。
オーロラユニットは基地のネッ
トワークとリンクしこれを管理
し,我々もその管理に基づいて
行動するようになりました。

また,オーロラユニット同士は
精神感応のような独自のシステ
ムでリンクしており,どれだけ
離れていても,距離に関係なく
連絡を取り合うことができるよ
うでした。

何年かが経過しました。
オーロラユニットや連邦の仲間
と協力して,仮想的を想定して
活動データを集めると言う研究
に没頭しました。
これは我々にとって,うれしい
ことでした。
なぜならば,我々は,創造者を
助けられなかった無力さを後悔
していたからです。

連邦との友好関係で我々は多く
の災害を未然に防ぎ,この宇宙
における多くの脅威に終止符を
打ちました。
それが,創造者の望むことであ
ったかどうかは我々にはわかり
ません。
しかし,平和な生活であったこ
とは確かです。
AuroraAurora was placed within one of
our floating pods and connected
into the station's network. This
connection allowed Aurora to
control not only the facility, but
us as well. Our link allowed us
to reap the benefits of the
Aurora's own connection to the
Federation's Aurora network.
The units were capable of
communicating with one another
regardless of the distance, and
vast amounts of information
were passed down to us.

As the years went by we aided
the Aurora and our Federation
allies in their research. We
studied potential enemy threats
and collected data on their
activities. It was, in some small
way, a means to atone for our
inability to help our creators
years ago. Through our alliance
with the Federation we were
able to prevent many disasters,
and bring an end to numerous
threats in the cosmos. We are
not certain if that was what our
creators would have wished to
happen, but it was certainly a
peaceful life.
消失5ヶ月ほど前,観測システムが
我々の銀河系とは別の銀河系に
隕石のようなものが落下するの
を感知しました。

オーロラユニットと我々は,そ
の時のデータを数ヶ月にわたり
分析,研究した結果,それは信
じられないほど遠くの惑星から
ワームホールを通り抜けてやっ
て来たことが分かりました。

そして,さらに驚いたことに,
そのワームホールがつながって
いた場所には,あの研究者が,
謎を解き明かして欲しいと託し
ていった「生きている惑星」が
存在することも分かりました。

しかし,その大切なデータを連
邦に送信することはできません
でした。

1ヶ月ほど前,突然オーロラユ
ニットと連邦のコネクションが
切断され,オーロラユニットは
活動を停止しました。
どうやら,オーロラユニットは
ウィルスのようなものに,汚染
されていたようです。
そして,それは我々と連邦との
コネクションも同時に消失した
ことを意味していました。
LossIt was approximately five
months ago that our systems
detected a meteor-like object
collide with a planet in a nearby
galaxy. The impact was followed
by a spreading corruption,
identical to the one we saw
devour our creators' planet.
More so than ever, we were
determined to aid the Aurora
and discover the source of
these objects. Months passed
before we could uncover its
origin--it had come through a
wormhole from an incredibly
distant planet. We studied this
link between the tear in space
and the location it was
connected to. As we delved
deeper it became clear to us
that this was the mysterious
planet the Chozo Searcher had
been seeking. The living planet
was aggressively attacking
other worlds, hurtling parts of
itself across the cosmos like
missiles. We had finally
discovered the source of these
corrupted meteors.

It was about one month ago that
we made our revelation, but all
attempts at transmitting the
critical data to the Federation
were unsuccessful. It appeared
that the Aurora Unit had become
disabled. We tried desperately
to restore the Aurora, but it
had been corrupted by an
unknown virus. Our only means
of communication with the
Federation were severed.
フェイゾンオーロラユニットが活動を停止
して一週間ほどが経過したころ
生きている惑星はワームホール
を通じて,またいくつかの隕石
のようなものを我々の銀河系に
送り出しました。

そのうちの一つがエリシアの雲
を猛スピードで通り抜け,この
基地を掠めてエリシアの中核に
激突しました。

それからまもなくして,我々の
センサーが奇妙なエネルギーの
存在を感知しました。
オーロラユニットを通じて我々
が蓄積した連邦のデータの中に
一致するものがありました。
「フェイゾン」と呼ばれる非常
に有害な物質で,銀河系の災い
の源となっているものです。

そう,それは5ヶ月前に別の銀
河系に落下したものと同じもの
であり,そして創造者の惑星に
落下したものとも同じだったの
です。
PhazonOne week after we had lost
communication with the Aurora
Unit, we witnessed the living
planet strike again. It sent forth
several stellar objects, one
aimed directly for us. It
streaked through the clouds of
Elysia, destroying a large
portion of our home, ultimately
striking the distant core below.
Soon our sensors detected the
presence of strange energy.
Our readings matched with the
Federation's data--this was the
same toxin that corrupted
countless other planets and our
creators' world--the galactic
scourge called Phazon.
侵略者隕石は,生きていました。
ウィルスが細胞を侵食するよう
に,自らを構成する毒素「フェ
イゾン」によって,エリシアを
汚染し始めたのです。

時を同じくして,銀河連邦と敵
対する異星人の一群「スペース
パイレーツ」がこの地に襲来し
ました。彼らは,隕石を「シー
ド」と呼び,これを守るために
その周りに巨大なシールドを設
置しました。
もちろん,我々は彼らに抵抗し
ましたが,戦闘能力は彼らの方
が遥かに高く,このシールドの
設置を防ぐことはできませんで
した。
また,我々は,パイレーツたち
全員が,フェイゾンで汚染され
ていることを知りました。
不思議なことに,彼らを汚染し
たフェイゾンは,連邦のデータ
にあったフェイゾンとは異なり
彼らを生かし続け,さらにフェ
イゾン自体が,何らかの意思を
持って,彼らの精神を支配して
いるようでした。
InvaderWe watched as Elysia fell victim
to the meteor's corruption, its
Phazon beginning to consume
her. High above the noxious
surface, we continued to collect
data on the object. It was not
long before we met a new
enemy. Space Pirates, hostile
alien life-forms and sworn
enemies of the Federation,
entered the station and
attacked.

The pirate forces struck
swiftly, their numbers and
weapons dwarfing our own.
After their initial assault, they
began construction of a massive
energy shield around the
meteor. They referred to the
fallen object as a "Seed" and
quickly built the protective
barrier. Any resistance they
met from us was crushed, and
the massive shield was built
without interruption.

Our attention then turned to the
pirates themselves. If we could
not stop them through combat,
perhaps there was another
way. Our studies quickly yielded
unexpected results. All of the
Space Pirates were corrupted
with Phazon, but unlike other
life-forms, they were actually
being sustained by it. This
Phazon kept them alive, and it
appeared to control their minds
with a will of its own.
敗北「シード」の落下から2週間後
我々の仲間の多くがフェイゾン
に汚染され,スペースパイレー
ツの支配下となりました。
我々のコンピューターも恐らく
オーロラユニットを汚染したの
と同様のフェイゾンを元とする
ウィルスによって,知らぬ間に
冒されてしまったようです。
ひょっとすると,もっと以前に
オーロラユニットから感染して
いたのかも知れません。

その我々に救いの手が差し伸べ
られたのではと一瞬期待した事
もありました。
連邦から派遣されたゴアという
ハンターが,オーロラユニット
を回復させるため,このスカイ
タウンにやって来たのです。
しかし,彼もすでにフェイゾン
によって汚染されており,まも
なくその意思を奪われてしまい
ました。

もう望みはありません。
今残っている者も,やがて全て
敵一味のひとりとなってしまう
でしょう。
とても残念なことですが,エリ
シアンの歴史は幕を閉じる事に
なりそうです。

私は,エリシアン。
チョウゾとThe Firstの末裔。
今,最期の時を迎えて,データ
ボットに記憶を転送します。
DefeatThe two weeks following the
Seed's impact were disastrous.
Like the Aurora Unit, we too
were infected with a
Phazon-based virus. The
spreading corruption consumed
many of us, putting us under
Space Pirate control. It was not
long before only a handful of us
remained.

During this time there was but a
moment that we received aid.
Ghor, the Hunter dispatched by
the Federation, arrived here to
restore the Aurora Unit. Our
hope quickly vanished as he too
was corrupted by Phazon and
lost his own will. He now leads
the assault on the remaining
survivors, taking more and
more of the station over with
each passing day.

There is no hope left for us.
Soon, we too will be among the
enemy forces. The last of us
now stand before the brink of
our history's end, silently
waiting out our final hours.

I am Elysian, descendant of both
the Chozo and the First. I am
facing the last moments of my
life and transferring my memory
to the data pod.

メトロイドプライム3 コラプション ログブック集 トップへ

Amazonで探す

Amazon

メトロイドプライム3 ログブック集の他のページを見る