【天本玲泉 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

天本玲泉

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年07月11日 00時19分03秒

このページをはてなブックマークに追加

天本玲泉(あまもと れいせん)

[キャラクター]

[パワポケ4][パワポケ5][パワポケ6][パワポケ12]

 天本玲泉とは

表サクセス

パワポケ4に登場する日の出高校の同級生で,彼女候補の1人。10月25日生まれのさそり座。日の出島神社で,祖母の天本セツと2人で暮らしている。島岡希美とは親友。「変な名前だから天本と呼んでくださいね」と言っており,みんなからは天本さんと呼ばれている。いつも笑っているが,表情が不器用で,笑っていれば幸せが来るかもしれないからだと言う。話し方は丁寧で優等生風だが,性格はどこか飄々としており,付き合ってみないとつかみどころがないミステリアスな人物のように感じる。

実はメガネ一族の1人であり,父親については矢部という苗字である事だけを知っている。母親は本土から身ごもって日の出島に戻ってきて,彼女を出産した。しかし,9歳の頃,母親は裏山で焼身自殺。そういった壮絶な事件があったため,日の出島では彼女の両親の事はタブーとなっている。年老いた祖父母と暮らしてきたため,誕生日にプレゼントをもらった事がなかったために誕生日にプレゼントをするという発想がなかったり,バレンタインには本命も義理もなく全員に駄菓子屋のチョコを配っていたり,世間の常識からは少しズレている。

本当は神隠し呪いの真相を知っているが,その事を隠して表面上は主人公に協力している。しかし,神隠し呪いを維持するために命をすり減らし,弱っていく天本セツを止めるために,裏では野球部の邪魔をしていた。部室ブービートラップを仕掛けていったり,ストーブに細工して爆発させたり,弁当が痛んでいたり,ワライダケが置いてあったり…それらはすべて彼女の仕業だったのだ。しかし,そんな彼女の工作にも主人公は負けず,弱小の日の出高校野球部を立て直し,困難をはねのけていく。

そして,主人公たちは甲子園で優勝。天本セツは喜び,緊張の糸が切れたのかついに力尽き倒れる。すぐに医者を呼べば助かったかもしれないが,天本玲泉はこれ以上祖母が苦しまぬよう,幸せな夢を見ながら祖母が逝くのを黙って見守っていた。

そして,主人公がドラフトで指名される直前,呪いの真相を告白する。「私,祖母は嫌いです。祖父は平凡で真面目なだけの人でしたが祖母を大事にしていました。なのに,祖母は若い頃の失われたロマンスの事ばかり…。だから野球部に勝って欲しくなかった。」と。「…私…最低,でしょう?」と泣く彼女に,「……。天本さんは…結局おばあちゃんの事が好きだったんだよ。本当は,全部おばあちゃんのためにやったんだろう?全部,おかしな呪いのせいだよ。さっきの話,他の人にしちゃだめだよ。本気にする人がいるかもしれないから。」と,彼女の心の闇を受け止める。主人公を応援したい,だがこれ以上祖母には呪いに寿命を使って欲しくない,野球部に甲子園を諦めて欲しい…。そんな複雑な感情を抱えて苦しみながら,彼女はずっと主人公の隣にいてくれた。今なら分かる,そう,いつも彼女が見せていた笑顔は,他人から自分を守るための盾だったのだ…。今隣にいる彼女が見せる笑顔は心からのものだが,それをこれからも見続けられるよう,これからもずっと互いに支え合って生きていく事を誓う主人公だった。(グッドエンド)

彼女にしなかった場合は,必ずバッドエンドになる。天本セツが亡くなり,日の出島に全く未練が亡くなった彼女は,自分の父に復讐するため,本土へ旅立つ。そう,彼女は母を捨てた父を恨んでおり,決して許してなどいなかったのだ。島岡希美にだけはその事を打ち明けてから姿を消すが,日の出島にはもう戻ってくるつもりはないようで,「何でもいいから全部終わったら日の出島に帰って来いよ。」と言う希美に,「その約束は…できません。」と断る。そうして天本セツ天本玲泉がいた神社は,すっかり寂れて誰もいなくなっていたのだった。

何とかプレイヤーの力で彼女を幸せにしてあげましょう!

裏サクセス

パワポケ4 RPG風ファンタジー編では,魔道士イルとして登場。兄のプレイグとコンビで悪の魔道士として悪事を重ねる。本編とは性格が全く異なり,関西弁でしゃべり,間の抜けている事が多いプレイグによくツッコミをする。彼女のマントはヤマダがすごくよく食いつくほどいい材料らしい。ディジーズに雇われ,主人公の旅の邪魔をする。「散々悪い事しておいてコロッと恥ずかしげもなく善の側に寝返るヤツが一番許せない」と言い,命乞いと転向だけはしないと宣言している。「他人より楽をしたい,他人よりいいものを食べたい,他人より幸せになりたい…世の中の決まり事に逆らってでもそれを追い求めるのが悪党であり,一度そういう生き方を選んだ以上,苦しくなったら普通の生き方に戻ろうと言うのはみっともない。法を犯しているから罰せられるのは覚悟しているが,反省するつもりはない。悪の道に踏み込んだ時から悲惨な最期は覚悟している。」と,自分なりの悪にこだわる理由を語る。主人公と共闘して悪魔支店長と戦った後は,主人公を仲間に引き入れようとするが,断られ,ディジーズの仕事から手を引く。悪魔支店長イベントがなかった場合で,140〜179日目に野球人形を献上した場合はラスボスとして,もしくは183日目にプレイグとコンビで主人公たちを襲う。

パワポケ5忍者戦国編では,はぐれ忍者天本威流として登場。ようろう村のはずれの森をナワバリとし,そこに入る者から通行料を取ったりひどい目に遭わせる凄腕の忍者であり,別世界から来たというウワサがある。実はパワポケ4 RPG風ファンタジー編イルと同一人物であり,別世界から来たというウワサは本当だった。主人公の事もRPG風ファンタジー編主人公(勇者)と間違えて声をかけてくるが,他人の空似であると気付き,落胆する。主人公のやり方が気に入らなければすぐに抜けるという条件で,金で雇う事ができる。条件によっては,お金を払わずに仲間にする事もできるが,その場合は仲間から外れやすくなってしまう。ゴロの妖術やビュ〜の妖術に加え,ナオルの妖術も使う事ができる。曽根村と裏で通じており,妖怪軍団に情報を流したり,逆に曽根村の暗殺を止めたりする事もある。

実は彼女は人間ではなく,闇の血族と呼ばれる吸血の一族で,首をはねられようが埋葬されようが死なない。しばらくすると復活できる。ただし,銀の武器で攻撃された場合は復活に時間がかかるようだ。同じ闇の血族である黒羽根綾華よりもさらに上位の存在であり,イベントの進め方次第では黒羽根綾華を殺したり,グールになりかけているところを契約して従えたりする事もある。その場合,エンディングでは黒羽根綾華と異世界へ旅立つ。

また,彼女の過去が明らかになるイベントも用意されている。彼女父親キングダム王国の魔法使い教会のそれなりの立場の人間であり,とある戦争で難攻不落の城塞都市ドリッジオの攻撃を命じられていた。彼は命令に従い,魔法1つでドリッジオを滅ぼした。味方の損害ゼロで戦を終わらせた父親は魔法教会が始まって以来の快挙であり,魔法が世界の平和を保障する事を確信していた。しかし,世間はそうは思わず,その魔法の恐ろしさに「悪魔の技」と非難を集中させた。命令を完璧に実行した父親は,獄死。母親も正義の名の元に殺された。それ以来,彼女は組織に属する事や「正義」を振りかざす事を極端に嫌い,「悪」の道に進んだのだった。

 パワポケ4と6で登場(ネタバレ注意)

主人公の同級生であり、あの不吉ババアの孫であり、いつも笑顔を絶やさない、笑顔が可愛い彼女候補の1人。しかしその笑顔の裏には心の闇があった。天本は不吉ババア(本名 天本セツ)と2人暮らしている。父親は天本(母親のお腹の中にいた時)と母親父親とは本土で知り合った)を捨て本土のどこかにいる。母親は天本が小学生(大体3年生の頃)の時に山で焼身自殺をした。原因は、天本に父親いない事が小さな島だけに悪い噂になったりするなどの色々とひどい目に合ったことだと思う。天本の両親の話は、日の出島ではタブーになっている。天本はそんな父親を探して敵を討とうとしている。笑顔の理由は周囲からの自己防衛のため。彼女の心の闇を癒せるのは主人公の愛の力だけだ!!!(ホントにそうです。)


posted by ネズミーズ

 日の出島出身の4の主人公の同級生(ネタバレ注意)

呪いの秘密を知っている。彼女候補だがパワプロパワポケ初心者はちょっときついかも。なぜなら条件が甲子園優勝。公式設定では4の主人公天本セツ(玲泉の祖母)だということを知った。・・となっているので真相を聞けるのは天本と付き合ったのみで知ることになるので4の主人公は天本と付き合っていることになる。さて自己防衛のためにいつも笑っている。絶対泣かないと言っているが泣くこともある(付き合えばわかります)。天本がまだ母親のお腹の中にいた時父が母を捨てたので父親を憎んでいる。頼りの母も焼身自殺。そのことからセツと暮らしている。島岡希美と親友。日の出高校卒業後は何をしているかは不明。パワポケ6でもチョイ役で登場。飲み屋に11回通えば登場してきた。相変わらず笑っている。

裏サクセスRPG編では魔道士兄弟のイルを演じる。それがまたすごい。関西弁でしゃべってかなーり本編と性格が違うような気がする・・。このような設定になったのは製作スタッフがあまりにも天本が優等生過ぎたのでその反動で生まれたらしい・・。・・ま、本編と同じ性格だったら確かに役がなさそう・・。5では忍者戦国編でまたもやイルを演じている。今度ははぐれ忍者として登場。通行料などを請求してきた。また今回では仲間になる。プロフィールでは「日の出島出身の女性。今作でパワポケシリーズから引退。関西弁でしゃべる魔道士とは別人。」となっている。別人か同一人物かは皆さんの想像に任せておいて・・。実はとんでもない人物と異母兄妹。なんと山田平吉と兄妹なのだ!実は父親が矢部。・・いやパワプロシリーズの矢部明雄の父。・・で山田凡田大介亀田光夫父親も矢部の父なので・・。異母兄妹となる。すごい家庭事情を持っている彼女である。

 公式設定

誕生日は10月25日でさそり座である。山田と異母兄弟。

 パワポケ4で最初の方に出てきて超特殊能力をもらうのが一苦労なやつ

甲子園優勝で優勝・・といっているが、実際、甲子園までに助けられたことが多い。デートでかなりのマイナス能力を消すことができるのだ。たとえば、猫が車にはねられるイベントでは、ムード×センス×を治すことができる。そして、初詣で60%の確率でゆがんだバットなどを全て直せる(野球凡人伝も含む!)。さらに大会の弁当の全員が絶不調のときも、主人公だけやる気+2してくれる。できれば6にもレギュラー登場してほしかった。


posted by 希休

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/10/10

2021/9/10

2021/4/5

2021/3/7

2021/3/4

メインコンテンツ

Blog

RSS

その他