【亀田光夫 - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

亀田光夫

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2017年09月17日 11時11分56秒

このページをはてなブックマークに追加

亀田光夫(かめだ みつお)

[キャラクター]

[パワポケ1][パワポケ2][パワポケ3][パワポケ4][パワポケ5][パワポケ7][パワポケ8][パワポケ9][パワポケ10][パワポケ11][パワポケ12][パワポケ13][パワポケ14]

 亀田光夫とは

表サクセス

パワポケ1主人公の相棒役として登場。パワプロ矢部明雄と同じく,ガンダーロボなどのオモチャが大好きなマニアでオタクな高校生。自分に正直に生きていく事を信条としているらしい。やたら惚れっぽく,ほとんどの彼女候補に「タイプでやんす…」と惚れては玉砕している。野球部の再建を目指す主人公に,ヒマだからと1番最初に野球部に入ってくれる。主人公から結構よく殴られる(理不尽に殴られる時もよくある)が,主人公の野球部再建や甲子園の夢に献身的に協力してくれる。見た目はパワフル高校矢部明雄とそっくりで,それを利用して妨害作戦を行う事もある。矢部という苗字の父親がいるらしいが,毎月生活費を持ってくるだけだからよく分からないらしい。平山紀之とは昔からの知り合いだが,ケンカは亀田の方が強い。主人公鈴木靖彦と一緒にテストなのに勉強していない,ヤバいと言うイベントで,主人公が15点,鈴木靖彦が5点のところを自分だけ95点を取るところから,日頃から勉強をしていてできる人なのかもしれない。守備位置キャッチャーで,外野とファーストも守れる。平山に偽のラブレターで騙されるイベントで怒ってパワーアップする。主人公荒井紀香と付き合うと,四路智美が亀田と付き合う事になる。彼女は本当は主人公の事が好きでその当てつけで亀田と付き合ったのだが本人はその事に気付いていない。四路智美プロペラ団に拉致されると,甲子園決勝目前に1人で彼女を助けに行ってしまうが,そこで爆発事故に巻き込まれて死んでしまう。しかし,四路智美によってサイボーグとして改造され,ハイパー亀田として復活する。

パワポケ2では,終盤でチョイ役で登場。日本シリーズH亀田として相手チームにいる事がある。プロペラ団モグラーズを買収した後は,プロペラモグラーズ主人公とトレードで入団する。

パワポケ3では,ネオプロペラ団のリーダーとして登場。唐沢博士と共に,主人公サイボーグとしてよみがえらせた。ちなみに彼自身はこの時にはサイボーグから人間に戻っている。主人公記憶喪失である事をいい事に,「主人公プロペラ団に殺された。スポーツ界の平和のためにネオプロペラ団プロペラ団と戦っている」と騙し,主人公ネオプロペラ団に引き込む。惚れっぽいのは変わらず,叶野ミキに一目惚れして玉砕したり,アンヌ・安生・アズナブルにちょっかいを出してボコボコにされては「ああいう気の強い女をモノにするのが男のロマンでやんす!」と言っている。しかしパワポケ1とは違ってかなり性格が歪んでおり,悪い事も平然とやる極悪非道の人間に変わってしまっている。主人公が稼いできたお金をどんどん巻き上げて持って行ってしまう。ネオプロペラ団の運営資金はもちろん,携帯電話の新型,健康器具,盆栽,壷,トレーディングカードのシングル,空気清浄機,胡麻すり器,くらげの飼育セット,英会話セット,布団圧縮機…とにかくいろいろなものを買うからと言ってどんどん徴収していく。ほとんど主人公を奴隷のように扱い,記憶が戻りそうになった主人公をあの手この手で記憶を失わせたり,原子力発電機の水漏れを繰り返す主人公を鉛箱に入れて海に沈めたり,借金がかさむと主人公を売りとばしたり,悪の限りを尽くす。そして,火星カンパニー火星オクトパス主人公を参加させ,プロペラ島大会へ参加。プロペラ島の司令室からしか開けられない隠し金庫にあるプロペラ団の宝…すなわち,政治家や大金持ちの弱みや秘密を狙っていた。しかし,それを手に入れる寸前で主人公プロペラ島の自爆スイッチを押してしまい,亀田光夫の野望は失敗に終わった。その後,主人公記憶を取り戻し,亀田光夫がすべて裏で糸を引いており,主人公を利用していた事を知る。プロペラ団の宝は失ったものの,邪魔なプロペラ団もなくなった今,元プロペラ団の連中を集めればネオプロペラ団こそが世界のスポーツを支配できる,と息巻く亀田。

主人公人の良さが極端に悪の方に倒れている場合は,主人公亀田光夫が2人で手を組み,ネオプロペラ団として悪の道を突き進む。

主人公人の良さが極端に善の方に倒れている場合は,あまりにお人好しな主人公に毒気を抜かれ,主人公を人間に戻し,ネオプロペラ団も解散する。

主人公人の良さが普通くらいの場合は,亀田光夫主人公と殴り合いで対決になる。さらに,亀田にトータルで150万円以上徴収されていた場合は今後の世界征服のために主人公のお金でひそかに建造していた1/1ガンダーロボとも対決する事になる。主人公が負けると,服従回路と自爆装置を付けられ,一生亀田の奴隷としてネオプロペラ団の手先にされてしまう。主人公が勝つと,亀田は反省し,ネオプロペラ団は解散。主人公も人間に戻る事ができる。

元々亀田光夫プロペラ団を抜けたのは,おこづかいが少なかったからで,極亜久高校で甲子園に行くという無謀な夢を叶えた主人公と同じように,ネオプロペラ団で世界征服という夢を成し遂げたかったからだと言う。しかし,本当はパワポケ1四路智美が彼と付き合っていたのは主人公に対する当てつけに過ぎず,自分が主人公の当て馬に過ぎなかったという事実に気付いた事によって,主人公への激しい嫉妬と絶望によって性格が歪んだと思われる。そして四路智美が本当に好きだった主人公サイボーグとしてよみがえらせて利用してプロペラ団の悲願である世界征服を成し遂げる事により,主人公四路智美に復讐しようとしていたと考えられる。

パワポケ5にはチョイ役で登場。帽子に黒スーツにサングラスというカタギじゃなさそうな格好になった。浅上綾華と街で偶然出会う。いまだにプロペラ団にこだわり続ける彼女に「もう組織はなくなった」と諭すが,「恥知らずの裏切者」と罵られる。主人公凡田大介と間違えられるが,「オイラ,凡田じゃないでやんす」と,普通に対応。裏で何をやっているのかは不明。

裏サクセス

パワポケ4 RPG風ファンタジー編では,影の黒幕カメーダとして登場。自分以外の人間はすべてクズだと考えており,ヤマダの事も「メガネ一族のクズ」と呼ぶ。ディジーズロットを陰で操っていた,野球人形盗難事件の真の黒幕であり,キングダム王国にクーデターを起こそうと画策する。人間でありながら魔王と取り引きして破獄の珠を手に入れたり,ザ・システムガンダーゴーレムなどの戦争用の兵器をたくさん準備しているすごく悪いヤツ。主人公に負けても逃走し,全く懲りていない。

パワポケ5忍者戦国編では,風賀の国の戦争の黒幕亀田幻妖斎として登場。妖怪軍団の中では,おたふくの仮面をかぶり,妖怪軍団の頭目であり四天王として,あの御方と名乗っていた。アンヌ野球仮面を術で洗脳し,妖怪軍団を統率。妖怪軍団野球人形を奪うよう指示していた。元々の風賀の国戦争が始まった大名の使いの仲違いも,すべては亀田の指示で妖怪軍団が仕組んだ事であり,火竜水虎月光の3つの里を争わせて弱らせたところで野球人形を奪おうと考えていた。実は彼の正体はパワポケ4 RPG風ファンタジー編の黒幕カメーダであり,野球人形を奪おうとしたのも野球人形自体が狙いではなく,心・技・体の珠が狙いだった。詳細は不明だが,亀田曰く,心・技・体の珠野球人形にしか使いないというものではないらしい。心・技・体の珠すべてを元の世界に持ち帰るのが風賀の国に来た目的であり,そのためには妖怪軍団すらも使い捨てにするつもりだった。悪役の基本となる3つの資質「執念」「根性」「努力」を元に,人型巨大決戦超合金ロボZガンダーゴーレム主人公たちを襲う。

 パワポケ1だといい奴

パワポケ1だといい奴。パワポケ2だと改造されている。パワポケ3では実物大のガンダーロボ主人公に内緒で作っている。


posted by daiki

 パワポケシリーズにフル出場している人

パワポケ1主人公の友人として極亜久高校の捕手をやっている。パワポケ2では智美が現れた後日本シリーズ小角と共に出場しているH亀田となっている。(ちなみに能力はBAAAD)パワポケ3ではまた主人公の友人ながらもネオプロペラ団を結成し、最後にガンダーロボを作成し、主人公と戦う。パワポケ4はひそかにRPG編の真の黒幕として最後にガンダーゴーレムを魔王と取引して主人公と戦う。パワポケ5は忍者編で妖怪四天王軍団のボスをやっている。最後にはZガンダーゴーレムで暴れ回る。


posted by アベレージヒッター

 トータルでみると良い人<悪い人

パワポケ1では完璧なマニア&ロリコン&エロであるが、かなりいいやつである(まあパワポケ1の段階では)チームメイトの評価の上下はパワポケ1では75%以上は彼が握っている。極亜久高校野球部が再建され、甲子園優勝まで行ったのも、彼の存在があったからといえる。いつも一言多くてバカをみる(主人公のゲンコツ)パワフル高校矢部君とは血がつながっている(矢部のほうが1つ年上だとおもう。矢部は3年の夏に出ていないことからそうだとおもう)妨害作戦では兄(矢部)の顔に泥を塗るようなことを乗り気でやるということが恐ろしい。成績は良く(通信簿のほうは不明)、主人公に勉強を教えられるほどらしい。ずるがしこさも凄い。ルックスは相当悪い亀田君だが、彼女もちゃんとできるのである(パワポケ界のアイドル四路智美)甲子園決勝戦の前に事故ってしまう。パワポケ2では改造されて出てくる。主人公には一言も話しかけてくれないのであまり印象は濃くない(日本シリーズまで行っても出てこないこともあるから)しかし能力はすさまじい。日本シリーズのライバルチームに出現するが、入団手続きなどをしていないように見えるのは俺だけだろうか。まあ犯罪者に違いない。パワポケ3ではもう最悪のキャラになってしまった。一週間働いても最低1万円(靴磨きでエネルギー不足時の半分しか貰えないとき)最高12万円(ボディーガード)のうち数十%をヤツがこっそり盗んでいるに違いない。主人公の金を奪う最悪の金食い虫になっている。ネオプロペラ団の運営費用で秘密でガンダーロボを作っている。自力で巨大ロボットを作れるというのはひょっとして相当の天才なのかもしれない。しかし主人公一人に簡単に壊されてしまうので相当オンボロロボットと言う感じもする。対人ミサイルはヤンキーより亀田に発射したい。ネロの鉄球事件で大抵のパワプラーは亀田に「ざまぁみろ!」と思ったに違いない。パワポケ4パワポケ5ではある意味歴史破壊者である。


posted by T3

 パワポケ1パワポケ5の全パワポケシリーズに出演している

パワポケ3パワポケ4パワポケ5は亀田の悪党ぶりがわかる。パワポケ3では『現実にいたらブッ殺す!』と思った人も少なくないだろう(ぇ パワポケ4RPG編、パワポケ5忍者編では、ラスボスとして登場。パワポケ5モグラーズ編でも少しだけ出ている。

 実は

パワポケ5サクセス本編にもでる。


posted by ゆうき

 パワポケで最初に出てきたメガネ君

極亜久高校主人公の同級生であり親友(?)。最初に野球部に入ってくれたよい人物であった。(少なくともパワポケ1では。)なお、マニアである。もちろん口癖が「やんす」。このパワポケ1の中で四路智美と付き合うことになるが実は智美が主人公が自分を好きになってくれないのであてつけで亀田と付き合うことになった。もちろん当時、当て馬だということに本人は気づいていなかった。そして智美を想う気持ちからプロペラ団に入団し、改造されるが当て馬だということに気づきわがままで唐沢博士とともに脱走。ネオプロペラ団を結成することになる。これがパワポケ3の世界。パワポケ2ではハイパー亀田として最後に主人公とのトレード相手としてモグラーズに入団する。パワポケ3ではもう極悪そのもの。一緒に戦ってるはずがしょうもない無駄遣いに主人公のお金を使ったり運営資金として金を徴収するからもう最悪。1・2年目ではクリアのためにお金を使うため「金目のもの」を買った人があとを絶たなかったという。しかも3年目では記憶がMAXになると様々な方法で記憶をなくしてきた。そこにはお小遣いを稼がせるために必死な姿があった。(ようは主人公を利用している。)正直言ってプロペラ団より最悪だと思う人はいるはず。さらにその資金でガンダーロボを作っていた、というオチもついているものだからたまったもんじゃない。しかも世界征服を企んでいたと言う。こういう行動に走ったのは自分が当て馬だということに気づき、主人公に嫉妬したという設定らしい。だが、結局は敗北する。パワポケ4以降では裏サクセスで毎回悪役役。「RPGファンタジー編」ではカメーダとして黒幕として登場。パワポケ5の「忍者戦国編」でも亀田幻妖斉として3つの玉を狙う「妖怪四天王」の一番上の位に立っていた。目的は3つの珠を元の世界に戻すこと。元の世界とはたぶん「RPGファンタジー編」の世界だろう。パワポケ6裏サクセスでは本人こそ登場しないが「メカ亀田」が亀田に代わって(?)出演。この「メカ亀田」はプロペラ団で亀田が脱走後、嫌がらせに作られたロボットらしい。行動もそっくり。


posted by 総理大臣

 ポケの主人公の友人

矢部明雄の異母弟(かな?)。パワポケ1の時はいやな事もあるがやさしい奴。パワポケ2の時は智美にひかれプロペラ団に入団し、改造されている。しかもサングラス。パワポケ3ネオプロペラ団をつくりプロペラ団に復讐。その時は主人公記憶を消す薬を飲ませたり、徴収金をガンダーロボに使ったりとはちゃめちゃな行動をとる。パワポケ4パワポケ5はダサいコスプレにみをまとい、またまたガンダーロボ主人公を困らせるラリった野郎に。しかもパワポケ5の本編にも出ている。本当に悪い奴だ。ス○デラにもし出たら、一発でやるだろう。パワポケ6は基本的にはいないが、メカ亀田として登場。メタルクローとかまためちゃくちゃな攻撃をしてくる。しかも倒された時、「ば・・、馬鹿な・・・・、オイラは完璧・・な、マニアのは・・・ず・・・・。」と言っている。これを作った亀田に会ってみたい。

 大正編以降

大正冒険奇譚編では、「帝亀田」として智林兄、綾華、チキン、秋穂、寺岡、鷹森らと共に悪の組織「我威亜党」を結成。寺岡の作った地震発生装置「頑陀亜浪菩ZZ(ガンダーロボダブルゼット)」を操り帝都の壊滅を狙う。パワポケ9では宇宙連邦の治安大臣として宇宙ワクチンの禁輸を実行する。また、ワクチンを横流しするなどして儲けていたものの、フジタ大臣によって見抜かれる。更にオーブールの国家元首を攫おうとしたり、慈悲の欠片も見せず惑星ドラッカを破壊、死亡した4000万の民を「宇宙のゴミ」と称すなど、かつてない極悪非道な行いをした。

 病原菌

パワポケ3では顔も見たくない。シールドドリルを病気と共に押し付けてきたり、花火大会に一人で行ったかと思ったら呪いの人形を持って帰ってくるし純粋にウザい。このように厄災者になったこいつに一泡吹かせるためには太陽の輝きを持つ拳が必要である。こういう亀田は一度殴られないとわからない。3主「いいか! 拳で語るってのはな! 相手に痛みを与えるだけじゃねえ!! 相手以上に自分の心も痛てえんだよっ!!一方的にぶん殴るっていうてめえのやり方は...痛みを怖がる臆病者のやり方だって言ってんだよ!!!」プレイヤー「亀田光夫、君は臆病者だ。」こんな悲劇はレトロフリークで早めに終わらせてしまいましょう。3主「行くぞ!このゲームをプレイしてくれた君!亀田の奴をぶちのめすんだ!」亀田「ムダムダぁ!厄災までパワーアップしたオイラは誰にも止められないでやんす!」3主「俺たちの力をなめてんじゃねえぜ亀田!バーストモード発動!」亀田「何なのでやんす!?この輝きは!?」


posted by ニュダっちの義理の息子

 裏サクセス」ではもはやパワポケ史上最悪の悪役の一人

表サクセスにおいては散々悪事を働くも心はまだ悪に染まりきってなどおらず、まだ良心を見せたりする亀田とは異なり、裏サクセスのカメダは完全な悪人である。原則的に裏サクセスパワポケ6の「しあわせ島編」とパワポケダッシュの「地獄ダンジョン編」以外は表サクセス本編とは関係なく、パラレルワールドであるが、カメダは前述の「しあわせ島編」とパワポケ2の「戦争編」以外の全ての裏サクセスに登場、全ての世界のカメダは正真正銘の同一人物であり、常に物語の元凶・黒幕として暗躍する。次元転移装置を利用し数多の世界を跳躍し、それぞれの世界で己の野望を成就させるために暗躍し、世界に次々と破壊と混乱をもたらす悪意に満ちた存在である。物語のラストで人型機動兵器「ガンダーロボ」を駆り、主人公と戦い、敗れ去って別の並行世界へと落ち延びていくのが物語のお約束となっている。性格は極度のオタク気質である点は表サクセス本編の亀田と共通しているものの、それ以外は非常に異なっている。「亀田光夫」と異なり「カメダ」は人間の良心など一欠けらも持ち合わせていない。その本質は極めて傲慢で卑劣で狡猾、尚且つ冷酷で残忍なものであり、自分以外の全ての生命をゴミクズ同然であると思っており、大量虐殺も嬉々として行い、一切の良心の呵責を見せることもない。しかも自分のことを「偉大なオイラ」「ヒーロー」と称して憚らない極度のナルシストでもある。

パワポケ4裏の「RPGファンタジー編」では「カメーダ」と名乗りキングダム王国の不穏勢力を束ね、野球人形を盗み出し、クーデターを計画、王国に戦乱を巻き起こそうとした。パワポケ5裏の「忍者戦国編」では戦国時代(おそらく16世紀中期〜後期・室町時代末期〜安土桃山時代初期)の日本において「亀田幻妖斉」と名乗り妖怪軍団を結成し、風賀の国の戦乱を深刻化させ、心技体の珠を元の世界(おそらくパワポケ4裏)に持ち帰ろうとした。パワポケ7裏・パワポケ8裏の「大正冒険奇譚編」「昭和冒険編」では大正時代〜昭和時代初期の日本において「帝亀田」を名乗り秘密結社「我威亜党」を結成、様々な怪事件を引き起こし、1923年(大正12年)9月1日正午未明に地震発生装置「頑陀亜浪菩ZZ」によって日本史上最大級の自然災害である関東大震災(作中では帝都大地震と呼称)を引き起こし、10万人以上の首都圏の人々を虐殺し、帝都・東京を壊滅させ、帝都の地下深くに眠る穢れ神を覚醒させようとした。パワポケ9裏の「スペースキャプテン編」では宇宙連邦政府の治安大臣として登場。自ら連邦の権力を掌握し、この宇宙を己が思うままにしようとした。パワポケ9裏ではシリーズ随一の悪行の数々を犯している。宇宙ワクチンの禁輸を断行、尚且つ己はワクチンの横流しによって私腹を肥やし、反連邦国家である惑星オーブールの国家元首であるスズネ姫の誘拐を計画し、同様に反連邦国家である惑星ドラッカの代表のプアゾ元帥を暗殺、惑星ドラッカを惑星兵器「デスパレス」の超兵器「絶対無敵弾」で破壊し、住民4000万人を一人残らず虐殺、理不尽に命を奪われたドラッカの4000万人の住人を「宇宙のゴミ」と称して嘲笑い、連邦に根強く抵抗する宇宙ステーション・ルナリングをもデスパレスで破壊せんとした。パワポケ10裏の「バトルディッガー編」では自らを「時空の覇者」と名乗りチャンパの街に侵攻した。パワポケ11裏ではギャスビゴー星人にハタ人間にされ、ラスボスの前座に落ちてしまった。ガンダーロボで襲ってくるが、やられた後ある条件を満たすとなぜかハタが取れている。そして、巨大UFO戦時、主人公ガンダーロボを奪われてしまうのだ。このバトルはプレイヤーはガンダーロボで戦うがガンダーロボは強力な攻撃・回復があるので容易に勝てる。まさか、彼の作ったガンダーロボがこうも平和のために使われるなんて、ある意味カメダは善人なのかもしれない...他の裏サクセスで極悪非道とかやってる割には主人公ガンダーロボで叩きつぶす以外何もしてこない。裏サクセスのカメダはもう極悪じゃなくて善人に近い。

尚、裏サクセスにおけるカメダの衣装はロボット・SF作品のパロディであることが多く、パワポケ4裏は「マジンガーZ」の兜甲児の、パワポケ5裏は「ゲッターロボ」の流竜馬の、パワポケ7裏は「グレートマジンガー」の剣鉄也の、パワポケ9裏は「スターウォーズ」のダースベーダーと「機動戦士ガンダム」のシャア・アズナブルを足して割ったような衣装に扮している。

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2017/10/19

2017/10/16

2017/10/11

2017/10/3

2017/9/17