ソロキャンプで使用するチェア選び

テントに引き続きソロキャンプ道具を揃えるべく,まずは重要なアイテムであるチェアとシュラフを選んでみました。今回はチェアの話です。

まずチェアですが,結構いろんな店で試したりしてきた結果,こういうのがイイかなというのはまとまっています。

火に強い
これはMUSTの要件ですね。焚火台やBBQコンロの側で火の番をしてても穴が開かない事。以前の記事にも書きましたが長い事使っているコールマンのチェアが火の粉で穴だらけなので,今度使うヤツはそんな風にならずに長く使えるように,コットンとか難燃素材のものが欲しいです。
ロースタイルで多少リクライニングしているヤツ
ツーリングドームLXの前室のキャノピーの下で座ってくつろぎたいと思うと,ロースタイルのチェアじゃないと頭ぶつけちゃうので。だからと言ってあぐらチェアみたいなのは低すぎて疲れそうなので嫌ですが。後は,座ってぐうたら寝たりもしたいので,背もたれは角度を変えられる必要はありませんが,多少寝てるヤツがイイですね。人をダメにするくらいのチェアがイイです。
軽さより強度や耐久性
ヘリノックスみたいにひたすら軽量化に振った製品もありますが,車で移動・運搬するので重さはあまり気にしていません。それよりはああいう軽さに特化した製品って強度や耐久性が心配なんですよね。私自身は割と大柄で軽くもないし,それでいてドカッとラフに座りたいし,座ってると子供が上に乗ってきたりもするしで,すぐ壊れそうな気がしてて。多少重くなってもいいのですぐ壊れなさそうなのがイイです。

という条件を満たす中で,何より座り心地で満足できるモノ(これは言語化できないのですが)を選ぶべく,いろいろ店を回って候補に上がったのが以下3つでした。

スノーピーク ローチェア30
アウトドアショップで試した中では私としてはトップクラスの座り心地だなと感じたチェアです。ロースタイルだし,寝過ぎずちょうどイイ角度に倒れててリラックスできる。座面や背面の生地の張り具合も,私にとってはそうそうコレコレ!このくらいがちょうどイイ!と言える強さで,心地よいホールド感です。このチェアを見つけてからはこのローチェア30みたいな感じのヤツ!というベンチマークになりました。何だろう,柔らかければイイって訳じゃあないんですよね。デメリットとしては,キャンバスっぽい感じで質感的には火に強そうに見えるんだけど,ポリエステル製で火に強くない事。以前のモデルではコットン生地だったらしいのですが,現行はポリエステルになってしまっています。後は,スノーピークらしく,とんでもなく高い事。今家にある折りたたみチェアなんて1000円2000円のしか持ってないのに,チェアに17000~18000円は相当の覚悟が必要です。

スノーピーク(snow peak) ローチェア30 カーキ LV-091KH

ビジョンピークス キャンバスリラックスチェア
ビジョンピークスというのはヒマラヤのPBで,結構流行のラインナップをイイ感じのデザインと激安価格で揃えていて,個人的にはすごくイイ感じだなと思っているブランドです。この前こき下ろしたアルパインデザインとかいう安さしか取り柄のないブランドとは大違いです。で,そのビジョンピークスから出ているこのキャンバスリラックスチェアが結構私の要件を満たしているんですよね。まずコットンキャンバス製なので火にはバッチリ強そうだし,ロースタイルだし,ヒマラヤで試してみた感じでは座り心地もバッチリで気に入りました。何か結構なハイバックチェアで,私くらいの身長でもちゃんとヘッドまでサポートできるくらいハイバックなんですよ。生地もほどよく硬めで,張りもホールド性もほど良いです。ローチェア30と同じくらい。それでいて,ローチェア30の半額以下で買えてしまいます。カラーもコヨーテやオリーブといった流行をちゃんと押さえてるし,ロゴも控えめなのが完璧です。こういうPBってこれでもかっていうくらいクソダサいカラーだったり,ブランド力ゼロでむしろ隠したいくらいなのにデカデカとブランドロゴを表示してたりする事も多いのですが,ビジョンピークスはカンペキですね。ブランドの名前は何も知らない人がスノーピークを買おうとして間違えて買っちゃいそうな名前をしちゃってますが,ビジョンピークスは正直私はかなり気に入りました。デメリットとしては,ハイバックがアダになっており,畳んだ時のサイズがとんでもなくデカい(長い)です。112cmもあります。私の巨大なF-PACEのトランクルームを持ってしてもまっすぐには入りません。斜めじゃないと入りません。よく車のトランクルームを語る時にゴルフバッグが斜めじゃないと入らないとか入るとかいう話しますけど,折りたたみのチェアでは聞いた事ないですね。軽とかジムニーとかじゃあ全然入らないんじゃないだろうか。いくらサイズを重要視していない私でもこれは結構なデメリットですね。これ,もう少し折りたためるようにできないんだろうか?今後のヒマラヤの中の人の改善を望みたいですね。後は,背もたれが寝過ぎていてもたれている状態から起きるのがツライ,食事とかには使いづらいという口コミも多かったです。これは,ヒマラヤで私が試した感じでは確かに多少はそうだなとは思いましたが,気になるほどではありませんでした。これはその人の体幹による気もするので,最寄りのヒマラヤで試した方がイイかも。

[ビジョンピークス] アウトドアチェア キャンバスリラックスチェア VP1645002

キャンピングムーン リラックスローチェア
キャンピングムーンというのは,Amazonにいっぱいある中国のパクリブランドの1つで,その中では品質面は多少マトモそうな印象(レビューとかを見る限り)のブランドです。ロゴスやユニフレームの丸パクリ製品みたいなのばかりを本家の半額以下で売っています。できればそんなところからは買いたくないのですが,ビジョンピークスのキャンバスリラックスチェアに似た感じのイイ感じのチェアを見つけてしまいました。コットン生地だし,ロースタイルだし,ビジョンピークスほどハイバックじゃない分,常識的な折りたたみサイズになっており,それでいてビジョンピークスより10%以上安いです。デメリットはアームレストが金属むき出しで,竹製のスノーピークやコットンでカバーされているビジョンピークスと比べると寒い時期は冷たそうという事と,やはり実物がないので座り心地は届くまで分からないし,品質面はやはり不安で当たり外れがありそうで結構ギャンブル要素が高そうという事です。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) 焚き火 チェア ローチェア ロースタイルチェア 帆布生地

で,悩んでどれにしたかですが,正直な流れとしては,まずローチェア30しかあり得ないとずっと思っていて,その時ビジョンピークスのキャンバスリラックスチェアを見つけてどっちにしようか悩んで,キャンピングムーンのを見つけてからはスノーピークは価格面でドロップして,ビジョンピークスかキャンピングムーンかどっちにしようか悩んでいました。

で,結果としてはビジョンピークスのキャンバスリラックスチェアを選びました!やっぱり実物を確かめて間違いない事を確認していますからね。収納サイズがデカい事に関しては,ソロなら何とでもなると思って座り心地で選びました。

カラーはテントに合わせて,オリーブにしました!早くソロキャンプで試したい!

という事で長くなったのでまだ続きます


[ビジョンピークス] アウトドアチェア キャンバスリラックスチェア VP1645002

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大