【レジェンド・ウィリー - パワプロ用語Wiki】

ネオ維新志士の集い

パワプロ用語Wiki

レジェンド・ウィリー

新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

最終更新時間:2016年11月05日 17時18分22秒

このページをはてなブックマークに追加

レジェンド・ウィリー

[キャラクター]

[パワメジャ2]

 レジェンド・ウィリーとは

パワメジャ2に登場する,パックリと割れたアゴが特徴の,伝説のメジャーリーガー。高いスタミナコントロールを持ち,155km/hのストレートツーシームスライダースラーブチェンジアップを投げるピッチャーだが,野手能力,打撃能力もすべて高いパーフェクトな能力を誇る。豪快な打撃,痛快な投球,人には優しく,自分には厳しい人間性で数多くのファンを魅了した。大昔に事故で亡くなったが,田舎の独立リーグでウィリーそっくりの選手を見たなど,事故の後もウィリーは生きているというウワサがある。

ジャック・ブアイソンからある中古の木製バットを買うと,それに宿っていたウィリーが亡霊として主人公の前に現れる。その姿と声は主人公にしか見えないし聞こえない。ウィリーが乗り移った人間はウィリーと同じ能力(伝説のメジャーリーガーレベル)となり,素晴らしいパフォーマンスを得られるが,乗り移られている間の意識や記憶がなくなる。ウィリー自身は陽気な性格で,主人公に何回も乗り移りいろいろトラブルを起こすが全く意に介していない。主人公以外の人間(ヤーベン・ディヤンス対戦校の選手)にも乗り移る事ができるが,1回だけしかできない。主人公だけなぜかなじむ(?)らしく,何回でも乗り移る事ができる。

ウィリー自身はメジャーの頂点に立てなかった事が心残りで亡霊になってまでこの世に残ってしまったと考え,主人公に出会う前も,芽の出ないマイナーリーガーに乗り移ってガンガン活躍させて何度もメジャーリーグの頂点に立ち,チャンピオンリングも両手に余るほど手に入れ,何人もの選手が富と名誉を手にするのを見届けたが,ウィリー自身が満たされる事は一度もなかった。しかし,主人公の心底野球を愛する心に触れた事でウィリーが心から満足し,最後は成仏して消える。

ちなみにイベントの進め方次第では,ゼロ・ギブソンの身体を乗っ取り,メジャーリーグをもう一度目指す場合もある。

仲間(?)にしているとアルヴィン・ロックハートが100%退団し,キャプテントビー・ベイカーヤーベン・ディヤンスで固定となる。また試合の度に乗り移るか聞かれるが運命のカードになっている。「はい」では主人公がウィリーの能力になるが試合が自動操作に、「いいえ」では何も起こらず(試合中にヤジなどを飛ばしてくる)、「ヤーベン」ではヤーベンか他のチームメイトがウィリーになり、「挑戦」では対戦チームのメイン選手がウィリーになる。例外として2年目のチャンピオンリングス戦は顔キャラがいないため選択肢自体なし,ワールドギャザリングスに対して「挑戦」を2回使った場合,及び3年目のチャンピオンリングス戦で「ヤーベン」を使った場合は無効で,「いいえ」と同じになる。

Amazon

パワプロ用語Wikiの中からカテゴリで探す

パワプロ用語Wikiの最近更新されたページ

2021/4/5

2021/3/27

2021/3/7

2021/3/4

2021/1/23